ことわざ・慣用句一覧 2018.8.18 世界中の犬のことわざ100選 ことわざ・慣用句一覧 2020.4.29 本当は怖いことわざ一覧 ことわざ・慣用句一覧 2019.6.7 【慣用句100選】有名な慣用句意味付き ことわざ・慣用句一覧 2019.11.17 2019.11.25 ことわざ・慣用句一覧 すばらしいものを見せても、効果や反応がない事を意味することもあります。, あまりにもひどすぎて、どうにもこうにも手がつけられないこと。また、何のとりえもないたとえ。, つまらない男がよく見せるような、血気にはやるだけで思慮の足りない勇気、振る舞いのこと。「匹夫」は身分の卑しい男。また、教養がなくて道理にくらい、つまらない男のこと。, そのものの価値や値打ちがわからない者には、どんなに価値のあるものを与えても意味がなく、無駄だという事。, 表向きはやさしい態度で人に接しているけれど、ほんとうは意地の悪さを隠し持っている人のこと。, 僧侶の修行をしても三日も続かないということから、飽きやすく長続きしないことやその人のこと。「三日」は非常に短い期間のこと。, 目くそが鼻くそを汚いといってばかにして笑うように、自分の欠点には気づかないで、似たような人の欠点を笑うたとえ。, 「沐猴」とは、猿のこと。沐猴、つまり猿が冠をかぶっているようなもので、野卑な人間は高い地位について立派に着飾っても本質的に変わりがないというあざけりのことば。, 痩せて弱々しい馬が、体に似合わず大きい声で人を脅すことから、口先だけは威勢がよいが、実力がないことの例え。, 自分の力量も知らずに、偉そうに振舞うこと。「夜郎」は中国、漢代にあった国の名前。夜郎国の王が漢の大きさを知らずに、漢国の使者に自分の国の大きさを自慢して、夜郎国と漢国のどちらが大きいか尋ねた故事から。, 見かけと実質がともなっていないことのたとえ。立派なものをおとりに使い、実際には粗悪なものを売ることのたとえ。, 狭い見聞(けんぶん)やあさはかな知識で、大きな問題を論じたり、判断したりすることのたとえ。. 2019.11.17 日常生活でもビジネスシーンでも使われる「ことわざ」や「慣用句」ですが、これらの違いはお分かりですか?中には区別が難しいものもありますが、一般的な分類の仕方はあります。ここでは、「ことわざ」と「慣用句」の違い、それぞれの代表的な例を紹介します。 「ありえない事」「めったにない事」を意味する諺は、よい文脈でもよくない文脈でも出てくるようです。 ~ありえない事~ 海の底の白鳥 …ありえないことのたとえ。 西から日が出る …絶対にありえないことのたとえ。 山の芋鰻になる (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 ことわざ・慣用句の百科事典.All Rights Reserved. 日常生活でもビジネスシーンでも使われる「ことわざ」や「慣用句」ですが、これらの違いはお分かりですか?中には区別が難しいものもありますが、一般的な分類の仕方はあります。ここでは、「ことわざ」と「慣用句」の違い、それぞれの代表的な例を紹介します。, 「ことわざ」は、「古くから人々に言いならわされた言葉で、教訓・風刺などの含みがある短句や秀句」という意味です。生活の知恵として役立てたり、教えや戒めとしたり、社会や人物を遠回しに批判する際に用いられます。 「ことわざ」は漢字で書くと、「諺」です。この漢字は、「言」と「彦」が組み合わさって成り立っていますが、「彦」には古くに男性の美称として用いられていました。「言葉の美称」つまり、美しい言葉の言い回しという意味が含まれています。, 「慣用」は「使い慣れること。広く一般に用いられること」、「句」は「語のまとまり」を表します。 「心持ち」は、名詞として使う場合と、副詞として使う場合で意味が異なります。どちらも、それほど使われる頻度は高くないのですが... 「努力の賜物」というフレーズを聞いたことはありますか。試験に合格した時や、仕事で成果をあげた時などに、誰かからこの言葉を掛... あの人に話したい話というものは多かれ少なかれ持っているものでしょう。今はSNSなどで気軽にコミュニケーションできますが、や... 「おいたわしや」という言葉を日常会話で使う機会はほとんどないでしょう。しかし、小説や漫画などのセリフとして見聞きしたことが... 店舗やサービスの利用の際「時間を要する」と言われると、待たなくてはいけないと覚悟することがありますね。仕事などで使われるイ... 「俗に言う」という言葉は、現代でも時々使われることもありますね。ただ、「俗」という言葉にネガティブな意味が含まれるのが引っ... 皆さんは「気負わず」という言葉を使ったことはありますか。これは「きおわず」と読みます。受験や面接などここ一番という時に「気... 「教育についての急を要する課題の最たるものは待機児童問題です」のように、「最たるもの」はやや文語的な言い回しながら、日常生... 「あの人は交友関係が広い」などの言葉に見られる「交友関係」。人間は社会性の生き物と言われていますから、「交友関係の広さ・狭... 突然ですが、みなさんが「心が洗われる」時とはどんな時ですか?美しい風景を目にした時、素晴らしい音楽を聴いた時、あるいは、神... 皆さんは、人目を気にせず激しく泣くような経験をしたことはありませんか?また、このような人を見たことはありませんか?「しゃく... 現代はストレス社会と言われていますが、たまにはモヤモヤが晴れることもあるかもしれません。そうした様子に関わる言い回しが「溜... 「先鞭をつける」という言葉は、何となく意味はわかるけれど、間違えないようにしっかり確認しておきたいという方も多いのではない... わたしたちが日常会話で使う言葉には、「肩」を含む慣用表現がたくさんあります。「肩を並べる」もそのひとつです。「~と肩を並べ... 「遅々として進まない」という表現は話し言葉ではあまり使わないかもしれませんね。しかし、小説や新聞記事などの書き言葉では見た... そわそわして、落ち着かないさまを表すのに「気もそぞろ」という言葉があります。イベントや旅行など楽しみごとの前に、起きやすい... 「癪に障る」と「癇に障る」。似たような言葉ですが、二つの間にはどんな違いがあるのでしょうか。語源を調べると、違いを見つける... 「慌てる乞食は貰いが少ない」ということわざを耳にしたことはありますか?自分のしたことを注意された時、教訓めいたことを言われ... 「阿吽の呼吸」という言葉は日常でも使う言葉ですが、この「阿吽」とは何のことだかご存じですか。「阿」はともかく、「吽」という... 「管理不行き届き」というフレーズは、事故原因の釈明などの際によく聞きますね。簡単に聞き流してしまいますが、どのような意味を... 猫や犬などの慣用句が多いことからも、古来、猫や犬が人の生活に身近にいたことが分かる。. つまり、「慣用句」とは、「二語以上の単語が結合し、ひとまとまりの言葉として機能するもの」のこと。主に、日常の行動や様子を比喩的に表現する際に用いられます。, しかし、上でご紹介した違いによって、「ことわざ」と「慣用句」を明確に分類するのが難しいこともあります。そのため、両方を同じものとして解釈する向きもあります。例として、次の言葉について考えてみましょう。 ・見かけだけで、中身が伴わないことのたとえ。, 高い地位についているにも関わらず、職責を果たさないで、無駄に禄(ろく)をもらっていること。また、その人のこと。, 役に立つものや、すぐれた才能を持っていながら、それを活用しなかったり、発揮せずにいることのたとえ。, 本当にその分野の優れた人がいないところでは、少し詳しいだけであたかもその分野の専門家のように威張り、偉そうにする人を意味する。, 物事が思うようにいかず、もどかしいさま。また、回りくどくて効果が得られないことのたとえ。, 「猛々しい」は、「ずうずうしい」の意味。盗みや悪事を働いておきながら、ずぶとく平然としているさま。また、盗みや悪事を見咎められて居直ったり、逆に食ってかかることをいう。, どれほど貴重なもの・高価なもの・価値のあるものでも、持ち主がそれを知らなければ何の値打ちもないことを意味します。 【壁に耳あり障子に目あり】 ことわざ・慣用句の百科事典, 当サイトのことわざの中から、『ダメ人間・愚か者』といった意味合いのことわざを選定し、五十音順に並べました。, ことわざというのは、生活をしていく上に役立つ色々な知恵を教えてくれることばになります。上手な例えを使った短い言葉で人生の教えや心理をあらわすものになります。, ダメ人間や愚か者のことわざを知ることにより、それがプラスの方向に働くヒントになると筆者は信じています。, 『悪い意味・不幸・物事がうまくいかないことわざ』は、悪い意味・不幸・物事がうまくいかないことわざ一覧をご覧ください。, 相手の言うことに素直に従わず、いちいち理屈を言い逆らうこと。言葉による言い争いのこと。, いくらどんなに見かけが良くても、内容が伴わず着実に行われない計画は、よい成果が得られないという事。, 自分の目で見たり耳で聞いたりするなどして得た体験や知識が圧倒的に少なく、それでいて自分の乏しい見聞にこだわってしまうという意味です。見聞が乏しいにも関わらず、自分は何でも知っているように勘違いしたり、得意になっている人を指す事もあります。また、世間知らずという意味もあります。, 世間を知らずに育った人や、甘やかされて育った人を、からかったり、あざけたりする言葉です。, うわべはとても礼儀正しくて丁寧ではあるが、実際は極めて尊大で、内心では相手を見下していること、またはそのような態度のこと。言葉遣いや態度などが丁寧すぎるのは相手を小馬鹿にしているようにとられること、かえって無礼であること。, いくら言い聞かせてみても、なんの意味もなく、効果もない事。我の強い人間に、善意から忠告しても聞く耳を持たないという事。, いつまで経っても現状と変わらず、出世しない事。なかなか生活が向上しない事。また、身分がぱっとしない、幸せになれない事。, 体ばかりが大きくて知恵のない人の事。またまたは、体が大きいからと言って、それだけで威圧されるものでもないという事。, 能力の高い人でも、自分に適した環境から離れると、本来の力を発揮する事ができず無能になってしまうという意味です。, 地位や財力を鼻にかける驕り高ぶった者は、長くその身を保つ事はできず、いずれ滅びるであろうという意味です。, いざ使おうとしたら、中途半端で使い物にならなかったり、役に立たなかったりしたという意味です。, 国営企業や地方自治体は、国が後ろ盾になっていて倒産の心配がなく、利益をあげる努力もいらないだろうという意味で、いい加減さや気楽さを皮肉ったたとえ。, 自分の子どもを愛し可愛がるあまり客観的に子どもを見ることができず、子どもの愚かさ加減に気づかない。また、子どもはこどもで親の行き過ぎた愛情に甘え慣れ、悪行を働くということ。, 己の能力や才能に驕(おご)りを持つあまり、得意分野で失敗してしまうことをたとえている。, 古い習慣や過去に偶然成功した経験にこだわり、いつまでも進歩がなかったり融通がきかない事。, 時期が外れてしまったため、無用なもの、役に立たないものを示す。夏の火鉢と冬の扇のことで、時季外れの無用なもの、転じて今となっては役に立たない人物やもの。例えば、君主の信用や寵愛を失った者、恋人に捨てられた女性の意味でも用いる。, 実際に売っているものと、看板や見本が異なっているというたとえ。また、普段発する言葉と実際の行動が一致していないこと。, 頭の中や空想だけで考えられた、実際には役立たない議論や計画の事。 実現性の薄い理論の事。, 口ではうまいことを言うが、内心は険悪であるという事。言葉では相手を喜ばせるように一見優しそうなことを言うが、心の中は険悪で悪意を抱いているという事。, 愚かで教養のない者は、必要なときに知恵が浮かばず、物事が終わってから良い考えが浮かぶというたとえ。, ささいな人の欠点を、しつこく暴こうとするたとえ。また、しつこく暴こうとしているうちに、自分の欠点をさらけ出すことになるということ。, 言葉を巧みにあやつり、人の気をそらさないように顔つきを和らげて、人にへつらうような人物は、仁に欠けている者が多いというたとえ。, 力のない者がいたずらに憤慨し、悔しがることのたとえ。また、その行為が無駄であるということのたとえ。, 白い鷺を黒い烏だと言い張る意味で、無理に事実をねじ曲げて正しいことを間違いだと言ったり、間違っていることを正しいと言ったりすること。, 高層(こうそう)の立派な建物が砂の上に建てられているが、砂の上は柔らかく基礎が不安定で、長い間建物を維持することができない。このことから、長続きしないことや、実現するのが不可能なことのたとえ。, ・柄(がら)にもない、ふさわしくないことをするたとえ。 当サイトのことわざの中から、『悪い意味・不幸・物事がうまくいかない』といった意味合いのことわざを選定し、五十音順に並べました。ことわざというのは、生活をしていく上に役立つ色々な知恵を教えてくれることばになります。上手な例えを使った短い言葉で人生の... ことわざ慣用句の百科事典が大阪市港区、財団法人ことわざ検定協会、Wikipedia、GMO運営ニュースサイト、大阪市立港中学校ホームページに掲載。. 「どこで誰が聞いているか、どこで誰が見ているかわからない」ことの比喩として用いられますが、「密談や秘事はとかく漏れやすい」という教訓でもあります。「ことわざ」と「慣用句」に分類するのが難しい一例です。.