ではアウグストゥスが行った首都ローマの再開発とは、どのようなものだったのだろうか。 この記事では、カエサル暗殺で中断したものや、部下などよって建てられたものも含め、アウグストゥスの治世に建築された主なものを見ていこう。 ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスは、ローマ帝国の礎を築いたカエサルとともに古代ローマ史における重要な人物です。この記事では、アウグストゥスの生涯と名言などを解説します。あわせてカエサルとの関係や、名前が8月の語源となったエピソードなども紹介します。, アウグストクス(Augustus)(紀元前63年~紀元14年)は、ローマ帝国の初代皇帝です。在位は紀元前27年~紀元14年です。ローマ帝国の基礎を築いたカエサルのあとを継ぎ、実質的に帝政ローマ帝国を創建し、「パクス・ロマーナ」と呼ばれるローマの平和な時代を創始しました。, アウグストゥスは、ローマ帝国の基礎を築いたガイウス・ユリウス・カエサル(紀元前100年~紀元前44年)の姪の息子です。アウグストゥスの母はカエサルの妹ユリアの娘です。, カエサルが暗殺された当時アウグストゥスは18歳でしたが、叔父であるカエサルのもとで働き、頭角を表していました。アウグストゥスの才能を見抜いたカエサルは、アウグストゥスを後継者に指定する遺言を残しました。, なお、アウグストゥスの本名はガイウス・オクタウィウスですが、カエサルの後継者となった時からガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィウスと名乗るようになりました。さらにその4年後に、優れた功績から「尊厳ある人」という意味のアウグストゥスという尊称を元老院より贈られ、それ以後アウグストゥスと名乗るようになりました。, カエサルはカリスマ性を持った政治的天才で、強引に改革を進めたのに対し、アウグストゥスは慎重に時間をかけて権力を手にしてゆきました。また好戦的だったカエサルに対して、アウグストゥスは病弱で軍事も苦手としていました。そのため友人アグリッパに軍事を任せていました。, また、アウグストゥスはまれに見る美男で、その立ち居振る舞いも優雅で魅力的であったと多くの歴史家が伝えています。それに対して、カエサルの容貌を称賛する記述はなく、髪が薄かったことに言及する記述が目立ちます。性格も容姿も共通するところはなかったようです。, 若くしてカエサルの後継者となったアウグストゥスは、武力によって征服するのではなく、立憲的な統治者として理性的にローマ帝国を統治しました。アウグストゥスは絶対的な権力者と見られることを避け、「市民の第一人者(プリンケプス)」と呼ばれることを、生涯を通じて好みました。, アウグストゥスは、カエサルが暗殺されたのは、共和制を否定し、独裁官としての強引な政治が原因であることを理解していました。アウグストゥスは、それまで通りの共和制を表面上は保ちながら、自らを「第一人者」と呼ぶなど王を望んでいないことも示し、専制を覆い隠しながら権力地盤を築いてゆきました。, アウグストゥスの用心深い戦略により、元老院議員たちが気付かないうちに共和制は終焉し、ローマは帝政へと移行し、アウグストゥスは初代ローマ皇帝となりました。, アウグストゥスはカエサルの残した内乱の時代を終わらせ、40年以上も安定した統治を行いました。その時代は「パクス・ロマーナ(ローマによる平和)」と呼ばれます。, アウグストゥスはローマ市民からも大きな信頼を寄せられ、「市民の第一人者」と呼ばれました。, アウグストゥスは、自身がカエサルの正当な後継者であることを標ぼうし、カエサルの属するユリウス氏族による世襲を望んでいました。アウグストゥスはユリウス氏族の権威を高めるため、直径90メートルで三段にそびえる巨大なアウグストゥス霊廟を建立し、その最上部に自身の銅像を立てました。, 加えてアウグストゥスのフォルム(公共広場)を造営し、広場には、4頭立ての戦車を操るアウグストゥスのブロンズ像が置かれました。さらにカエサル暗殺者への復讐を誓うマルス神殿を建立し、神殿内には神格化されたカエサルの像が置かれました。その他にもローマ全域を大規模に整備し、都市の再建と帝国の強化を行いました。, 『ローマ皇帝伝』が伝えたアウグストゥスの最期の言葉である次の名言は、このような状況において述べられたものです。, 古代ローマの執政官ユリウス・カエサルが紀元前45年に制定した太陽暦「ユリウス暦」では、ローマ暦を踏襲して月の呼称にローマ神話の神々の名を用い、7月は自身の誕生月にちなんで「Julius」としました。カエサルを継いだアウグストゥスは、自分の名にちなんで8月を「Augustus」としました。現在の8月の英語「August」の語源です。, 1582年にローマ教皇グレゴリウス13世が、ユリウス暦を改良したグレゴリオ暦を制定・実施しました。現在この暦が世界各国共通の暦として用いられていますが、ユリウス暦の月の名称は欧米諸国に引きつがれています。, アウグストゥスが帝国の体制を整えた頃の紀元前6世紀~紀元前4世紀頃、ローマ帝国の領土であったナザレ(イスラエルの都市)に暮らすユダヤ人のヨセフとマリアのもとにイエスが誕生しました。ローマ帝国やその領土には、ユダヤ人も多く暮らしていました。, アウグストゥスとイエスが出会ったことがあったかどうかの記録はありませんが、イエスの誕生地について、アウグストゥスの人口調査の勅令が関係しています。全ローマ帝国の人口調査の勅令により、すべての人が登録を受けるために自分の生まれた地に帰ることになりました。, 「ルカ福音書」によれば、登録のためにヨセフは妊娠中のマリアとともに故郷ベツレヘムへ向かい、旅の途中でイエスを出産します。宿は混んでいて場所がなかったので、イエスは飼葉桶に寝かせられました。, 粗末な馬小屋の中に産着にくるまれたイエスがに寝かせられている「キリストの降誕」を描くシーンには、アウグストゥスの人口調査がかかわっていたわけです。, なお、イエスは自らが救世主だと名乗ったことで、ユダヤ法廷から有罪を宣告されます。属州総督としてイエスの磔刑を承認したのはピラトです。イエスが処刑されたのは29年~33年頃とされ、そのときのローマ皇帝は第2皇帝ティベリウスでした。, 「アウグストゥス」とは、ラテン語で「尊厳ある者」という意味を持ち、のちのローマ帝国皇帝を示す最高の称号として用いられました。その名が示すとおり、アウグストゥスは武力に頼らずローマに平和をもたらし、人々に尊敬される尊厳ある生涯を生きました。, 養父であるカエサルが暗殺されたとき、アウグストゥスは18歳でした。彼が慎重で巧妙なやり方で権力を行使することを選んだのは、カエサルの暗殺の教訓を胸に刻んでいたからだとも指摘されています。, アウグストゥスの最期の言葉として伝わるもう一つの名言「人生という喜劇で、私は自分の役をうまく演じきれただろうか?」との言葉は、彼の人生の処し方を表しているといえます。. カエサルは属州総督としてローマ軍を率いてルシタニ族(英語版)やガッラエキ族(英語版)を討伐し、ローマへ服属していなかった部族も従えた。カエサルはこの属州総督時代に大金を得た[25]。, 紀元前60年、コンスルをめざすカエサルは、オリエントを平定して凱旋した自分に対する元老院の対応に不満を持ったポンペイウスと結び執政官に当選する。ただこの時点で、すでに功なり名を成したポンペイウスに対し、カエサルはたいした実績もなく、ポンペイウスと並立しうるほどの実力はなかった。そこでポンペイウスより年長で、騎士階級を代表し、スッラ派の重鎮でもあるクラッススを引きいれてバランスを取った。ここに第一回三頭政治が結成された。民衆派として民衆から絶大な支持を誇るカエサル、元軍団総司令官として軍事力を背景に持つポンペイウス、経済力を有するクラッススの三者が手を組むことで、当時強大な政治力を持っていた元老院に対抗できる勢力を形成した。, 執政官在任中にまず、元老院での議事録を即日市民に公開する事を定めた。それまでは議員から話を聞く以外には内容が知られることはなかっただけに、議員たちはうかつな言動は出来なくなった。また、グラックス兄弟以来元老院体制におけるタブーであった農地法を成立させる。当初、元老院はこの法案に激しく反対したが、カエサルは職権で平民集会を招集、巧妙な議事運営で法案を成立させるとともに、全元老院議員に農地法の尊重を誓約させることに成功した。, 紀元前58年、コンスルの任期を終えたカエサルは前執政官(プロコンスル)の資格で以てガリア・キサルピナ及びガリア・トランサルピナ等の属州総督に就任した。ヘルウェティイ族がローマ属州を通過したい旨の要求を拒否したことを皮切りに、ガリア人とのガリア戦争へ踏み出すこととなった。ヘルウェティイ族を抑えた後、ガリア人の依頼を受けてゲルマニア人のアリオウィストゥスとの戦いに勝ち、翌年にはガリアの北東部に住むベルガエ人諸部族を制圧した。, その間の紀元前56年にはルッカでポンペイウス、クラッススと会談を行い、紀元前55年にポンペイウスとクラッススが執政官に選出され、カエサルのガリア総督としての任期が5年延長されることが決定した。また、同年にゲルマニアに侵攻してゲルマニア人のガリア進出を退け、ライン川防衛線の端緒を築いた。紀元前55年及び54年の2度にわたってブリタンニア遠征も実施した。, 最大の戦いは紀元前52年、アルウェルニ族の族長ウェルキンゲトリクスとの戦いであり、この時はほとんどのガリアの部族が敵対したが、カエサルはアレシアの戦いでこれを下した。これらの遠征により、カエサルはガリア全土をローマ属州とした。カエサルはガリア戦争の一連の経緯を『ガリア戦記』として著した。, カエサルはこの戦争でガリア人から多数の勝利を得、ローマでの名声を大いに高めた。彼は「新兵は新軍団を構成し、既設の軍団には新兵を補充しない」という方針を採ったため、長期間の遠征に従事した軍団は兵数が定員を割っていたが、代わりに統率の取れた精強な部隊になった。軍団兵には、ローマにではなくカエサル個人に対し、忠誠心を抱く者も多かったといわれる。これらのガリア征服を通して蓄えられた実力は、カエサルが内戦を引き起こす際の後ろ盾となったのみならず、ローマの元老院派のカエサルに対する警戒心をより強くさせ、元老院派の側からも内乱を誘発させかねない強硬策を取らせることとなった。, 紀元前53年、パルティアへ遠征していた三頭政治の一角であるクラッススの軍が壊滅(カルラエの戦い)し、クラッススが戦死したことにより三頭政治は崩壊した。また、紀元前54年にポンペイウスに嫁いでいた娘ユリアが死去したことも受けて、ポンペイウスはカエサルと距離を置き、三頭にとって共通の政敵であったカトやルキウス・ドミティウス・アヘノバルブスら元老院派(閥族派)に接近したため、両者の対立が顕在化した。, 紀元前49年、カエサルのガリア属州総督解任および本国召還を命じる『セナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムム』が発布された。カエサルは自派の護民官がローマを追われたことを名目に、軍を率いてルビコン川を越えたことで、ポンペイウス及び元老院派との内戦に突入した[26]。1月10日にルビコン川を渡る際、彼は「ここを渡れば人間世界の破滅、渡らなければ私の破滅。神々の待つところ、我々を侮辱した敵の待つところへ進もう、賽は投げられた」と檄を飛ばしたという[27]。, ルビコン川を越えたカエサルはアドリア海沿いにイタリア半島の制圧を目指した。対するポンペイウスはローマにいたため即時の軍団編成を行えず、イタリア半島から逃れ、勢力地盤であったギリシアで軍備を整えることにした。多くの元老院議員もポンペイウスに従ってギリシアへ向かった。こうして、カエサルはイタリア半島の実質的な支配権を手にした。, ローマ制圧後、マッシリア包囲戦とイレルダの戦いでヒスパニアやマッシリア(現マルセイユ)などの元老院派を平定して後方の安全を確保し、カエサルが独裁官として仕切った選挙で紀元前48年の執政官に選出された[28]。独裁官を10日余りで自ら辞任し、ローマを発って軍を率いてギリシアへ上陸した。元老院派の兵站基地を包囲したデュッラキウムの戦いで敗退を喫したが、紀元前48年8月のファルサルスの戦いで兵力に劣りながらも優れた戦術によって勝利を収めた。ポンペイウスはエジプトに逃亡したが、9月29日、アレクサンドリアに上陸しようとした際、プトレマイオス13世の側近の計略によって迎えの船の上で殺害された。後を追ってきたカエサルがアレクサンドリアに着いたのは、その数日後だった。, ポンペイウスの死を知ったカエサルは、軍勢を伴ってアレクサンドリアに上陸した。エジプトでは、先代のプトレマイオス12世の子であるクレオパトラ7世とプトレマイオス13世の姉弟が争っており、両者の仲介を模索したものの、プトレマイオス13世派から攻撃を受けた為、クレオパトラ7世の側に立って政争に介入し、ナイルの戦いで、カエサル麾下のローマ軍はプトレマイオス13世派を打ち破った。この戦いで敗死したプトレマイオス13世に代わって、プトレマイオス14世がクレオパトラ7世と共同でファラオの地位に就いた。, エジプト平定後、カエサルは親密になったクレオパトラ7世とエジプトで過ごしたが、小アジアに派遣していたグナエウス・ドミティウス・カルウィヌスがポントス王ファルナケス2世に敗北したという報せが届いた。紀元前47年6月、カエサルはエジプトを発ち、途中でポンペイウスの勢力下だったシュリアやキリキアを抑えつつ進軍、8月2日にゼラの戦いでファルナケス2世を破った。この時、ローマにいる腹心のガイウス・マティウスに送った戦勝報告に「来た、見た、勝った (Veni, vidi, vici. )」などの特徴的な引用句でも知られる。また彼が布告し彼の名が冠された(ユリウス暦)は、紀元前45年から1582年まで1600年間以上に渡り欧州のほぼ全域で使用され続けた。, 古代ローマで最大の野心家と言われ[2]、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、永久独裁官(英語版)(ディクタトル・ペルペトゥオ)となった[3]。, ガーイウス・ユーリウス・カエサルが、古典ラテン語の当時の発音(再建音)に最も近い。長母音と短母音の区別をしないガイウス・ユリウス・カエサルは慣用的な表記である。英語読みの「ジュリアス・シーザー」(Julius Caesar) でも知られる。名前の意味は、ユーリウス氏族に属するカエサル家のガーイウスという意味である ちなみに氏族名のユーリウスとはユピテル(ジュピター)の子孫という意味である。[要出典], 「カエサル」の名は、帝政初期にローマ皇帝が帯びる称号の一つ、帝政後期には副帝の称号となった(テトラルキア参照)。ドイツ語のKaiser(カイザー)やロシア語のцарь(ツァーリ)など、皇帝を表す言葉の語源でもある。, 父は同名のガイウス・ユリウス・カエサル(Gaius Julius Caesar) で、ガイウス・マリウスは父ガイウスの義弟に当たる。父ガイウスはプラエトルを務めた後、アシア属州の属州総督を務めた。母はルキウス・アウレリウス・コッタの娘アウレリア・コッタ(英語版)で、祖先に幾人もの執政官を輩出した名家の出身であった。また、カエサルには幼少の頃から家庭教師としてマルクス・アントニウス・グニポが付けられたが、グニポはガリア系の人物であった。, なお、誕生月日も幾つかの説がある。カエサルの神格化を決議した後にカエサルの誕生日を祝う記念日を『ルディ・アポッリナレス(英語版)』(7月6日から13日まで)の最終日に当たる7月13日を避けて7月12日に設置したと伝わっているため、7月13日をカエサルの誕生日とする説が有力であるが、7月12日とする説もある。, カエサルは自身の叔母でマリウスの妻でもあったユリアの追悼演説で「ユリウス氏族はアエネアスの息子アスカニウスに由来し、したがって女神ウェヌスの子孫であり、また、カエサルの母方はアンクス・マルキウス(王政ローマ第4代の王)に連なる家柄である」と述べている[5]。なお、「カエサル」という家族名の起源としては以下の説がある。, ユリウス氏族カエサル家は、このように古い系譜を有する名門の貴族(パトリキ)であったが、共和政が樹立されてからカエサルの誕生までにコンスル経験者が3人と、他のパトリキに比べ少なかった。そのうちの1人がユリウス市民権法を成立させて同盟市戦争終結に貢献した伯父のルキウスである。, 幼少期のカエサルについては、プルタルコス『英雄伝』やスエトニウス『皇帝伝』などの文献に言及が無く、はっきりしない。カエサルの青年期に当たる前90年代から前80年代はローマが戦乱に明け暮れる時代であり、紀元前91年の同盟市戦争、紀元前88年から始まったミトリダテス6世率いるポントス王国とのミトリダテス戦争などがあった。また、ローマ国内も政治的に不安定で、当時ローマでは民衆を基盤とする市民会の選挙政治を中心とする民衆派(ポプラレス)、元老院を中心とした寡頭政治を支持する閥族派(オプティマテス)の2つの政治勢力が対立、各派の中心人物は民衆派がガイウス・マリウス、閥族派がルキウス・コルネリウス・スッラであった。カエサルの叔母ユリアはマリウスに嫁いでいたため、カエサルは幼少の頃より民衆派と目されていた。, ミトリダテス討伐の権限を巡ってこの両者が対立、結局スッラがポントスへ赴くことになった。しかしスッラの遠征中にマリウスにもミトリダテス討伐の任が与えられ、これに激怒したスッラは軍を率いてローマへ帰還。老年のマリウスはローマから逃げのびる。そしてスッラが元老院に念を押して再び遠征に出かけると、今度は流浪の恥辱を晴らさんとするマリウスが再びローマを制圧、ルキウス・コルネリウス・キンナと手を結びスッラを「国家の敵」と弾劾、マリウス派がスッラの支持者を粛清し、犠牲者の中には上述の伯父ルキウスもいた。「スッラがマリウスを放逐する際に反対しなかった」という理由からである(カエサルにとって義理の叔父マリウスによって、実の伯父ルキウスが殺されたことになる)。その直後の紀元前86年にマリウスは没した。紀元前84年にカエサルの父が死去した為、カエサルはカエサル家の家長となった。, 紀元前83年、カエサルは神祇官を務める。しかし、この職務はパトリキのみに開放されており、前提としてパトリキと結婚する必要があったので、カエサルは婚約していた騎士階級(エクィテス)の娘コッスティアと別れ、コルネリウス氏族であるキンナの娘コルネリアと結婚した[10]。, しかし、その直後スッラがローマへ進軍し、民衆派の抵抗を受けたがローマ市を制圧。紀元前83年に終身独裁官(永久独裁官)となり、政治的に対立する民衆派をプロスクリプティオに基づいて徹底して粛清した。血縁としてマリウスに近く、キンナの婿であるカエサルも当然この処刑リストに名が載り、彼はあやうく殺されそうになった。しかしこの時、カエサルはまだ18歳で政治活動をしたことのなかったことから、スッラの支持者、果てはローマで大変敬意を表されているウェスタの巫女からまで助命が嘆願され、スッラもこれにしぶしぶ同意する。その時スッラは「君たちにはわからないのかね。あの若者の中には多くのマリウスがいるということを」と語ったと伝えられる[11]。