エクセルでスケジュール表やカレンダーを使っている方も多いかと思います。以前紹介した記事の、「シート名をセルに表示させる」を利用すれば、自動的に日付の入ったスケジュール表を作ることが可能です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});まず... あなたは自信がありますか。 「ある」と即答できる人はそんなに多くはないかもしれませんね。 でも安心してください。 あなたが今どのような状況にいてもこれから自信をつけることができます。 自信をつける方法を5つご紹介します。 自信をつける方法 (adsbyg... 「どうして自分のことを理解してくれないんだろう」 そのように思ったことはないですか。人間であれば人から認められたい、理解されたいと思うのは当然のことでしょう。 でも現実はなかなか上手くいかない。人から理解される方法をご紹介します。 人... たとえば、1日の試合が何試合かあり、その結果が表示されたデータがあるとします。このデータをもとに. たとえば、1日の試合が何試合かあり、その結果が表示されたデータがあるとします。このデータをもとに日付ごとに「何勝何敗」かを瞬時に表示できたら便利です。. countif関数は指定した範囲の中で1つの検索条件に一致するセルがいくつあるかを求める関数です。countif関数の基本的な使い方をパターンごとにご紹介していきます。他の関数との組合わせ方も説明し … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まず最初に、日付と勝敗を関連付けるために左側のデータを加工します。C列に計算用の数式を追加します。C2セルに、, これで数値で表された日付と勝敗が関連付けられた文字列がC列に表示され、日付ごとの勝敗をカウントする準備が整いました。, 次に、勝ち数をカウントするために、条件に一致した個数を表示させる関数であるCOUNTIF関数を使って、G2セルに次の数式を入力します。, これで、C列のデータの中から、F2(5月7日の数値表示)と ”勝ち” が結びついたデータ(43227勝ち)の個数である2を表示できました。, 応用として、上で表示された結果を一つのセルで「何勝何敗」と表示させたい場合は、次の記事を参考にすれば可能です。. 【Excel】エクセルで色をカウントする関数【CountColor】 2019.07.28 2020.05.15 【Hackintosh】Windows上のVMwareにMacOSを入れる手順まとめ Office 365 & Excel 2019にも対応した全484関数を収録。いつも手元に置いておけるExcel関数解説書の決定版。, 定番のCOUNTIF(カウント・イフ)関数は、指定した単語に一致するデータの数を数えるだけでなく、特定の数値や日付を基準とした比較条件や、部分一致を条件として数えられることはご存じですか?, 例えば、以下のような既存の会員リストから、指定した来店回数以上、特定の店舗以外などの条件を指定してデータを数えることが可能です。, COUNTIF関数の構文は以下の通り。引数[範囲]に指定したセル範囲で[検索条件]に一致するデータの数を求めます。, 指定する引数は[範囲]と[検索条件]の2つのみで扱いやすく、条件の指定方法も簡単です。隠れた名関数とも言われるCOUNTIF関数の使い方をおさらいしましょう。, COUNTIF関数の2つ目の引数[検索条件]では、比較演算子とワイルドカードを使うことができます。指定する条件と組み合わせて、「"」(ダブルクォーテーション)で囲みます。, ワイルドカードそのものを検索したいときは、「*」や「?」を「~」で挟んで、「"~?~"」と指定します。, いちばん簡単な例です。指定した範囲から「男」の数を数えます。まずは「=COUNTIF(C8:C27,"男")」と入力してCOUNTIF関数の結果を確認しましょう。, 続けて、入力した関数式を「=COUNTIF(C8:C27,E1)」と変更します。条件の文字列をセルに入力しておけば、2つ目の引数[検索条件]でセル参照できることを確認しましょう。セルE1に「男」と入力してあり、関数式の意味は先ほどと同じ、結果も同じです。, セルE1に入力された「男」が参照され、条件に一致するデータが数えられました。先ほどと結果は同じです。, 数値を比較した条件を指定してみます。ここでは、来店回数が5回以上の条件で数えます。関数式は「=COUNTIF(F8:F27,">=5")」です。比較演算子の「>」「<」と「>=」「<=」は、対で考えると覚えやすいと思います。数値は比較演算子の右側に指定してください。「">2020/4/1"」のように、日付を指定することもできます。, 特定の値以外を数えたいときは、比較演算子の「<>」を使います。ここでは、渋谷以外の店舗を条件として数えます。関数式は「=COUNTIF(E8:E27,"<>渋谷")」です。数値は比較演算子の右側に指定します。, ここでは「新」で始まる2文字の文字列を条件として数えます。任意の1文字を表すワイルドカードの「?」を組み合わせて「=COUNTIF(E8:E27,"新?")」とします。なお「新*」とすれば、「新」で始まり、以降の文字数が不確定なデータを数えることができます。, 特定の文字で終わるデータを数えたいときは、ワイルドカードの「*」を使います。ここでは「-S」で終わるデータを数えます。「=COUNTIF(A8:A27,"*-s")」とします。「新*」とすれば、「新」以降の文字数が不確定でも数えることができます。, 文字列の途中にワイルドカードを挟んで、「"U*-s"」のような指定もできます。この場合「U」から始まり「-s」で終わるデータをすべて数えられます。, 「等しくない」条件や、文字数を指定した条件、任意の文字数での条件指定を知っておくと活用シーンが広がりますよ。比較演算子とワイルドカードは、ほかの関数でも応用できるので、定番のCOUNTIF関数でマスターしてください。, 元パソコン書籍の編集者。現在は、パソコンのほか、デジタルカメラやスマートフォンなどのデジタルデバイス、Webサービスなどに関する企画・編集・執筆を中心に活動しています。お届けした情報が少しでも役立ったと思ってもらえれば幸いです。. 【Excel】エクセルで勝率を計算する方法【勝率の出し方】 エクセルを使用するとさまざまなデータ処理を効率よくできますよね。ただ、エクセルもいまでは多くの機能がついているために、逆に対応方法がわからないことがあるでしょう。 ただ、エクセルもいまでは多くの機能がついているために、逆に対応方法がわからないことがあるでしょう。 例えば、エクセルで特定の数値より大きいものや小さいものの個数をカウントする際には、どのように対処するといいのでしょうか。 All rights reserved. Excelで条件に一致するデータを数える機会は頻繁にありますが、定番かつ名関数の「COUNTIF」(カウント・イフ)関数は使いこなせていますか? COUNTIF関数の基本的な使い方から、比較演算子やワイルドカードを使った条件指定まで解説します。, コンパクトなのに全部入り! Excelで条件に一致するデータを数える機会は頻繁にありますが、定番かつ名関数の「COUNTIF」(カウント・イフ)関数は使いこなせていますか? COUNTIF関数の基本的な使い方から、比較演算子やワイルドカードを使った条件指定まで解説します。 j, COUNTIFŠÖ”‚ÅðŒ‚É‚ ‚¤ƒf[ƒ^‚𐔂¦‚Ă݂悤, ƒNƒ‰ƒX‚âƒOƒ‹[ƒv‚²‚Æ‚ÌŽQ‰ÁŽÒ‚̐l”‚ð‹‚ß‚½‚¢. エクセルでは、countif(カウントイフ)関数を使って、条件にあったセルを数えることができます。countif関数の基本的な書式と機能について紹介します。 ただ、エクセルはたくさんの機能が充実しているために、逆にわからないことも多くあるでしょう。 例えば、エクセルでアンケートをとったときなどに「〇・ ・×などの記号」や「okなどの文字」の数をカウントしたいときがあるでしょう。 たとえば、1日の試合が何試合かあり、その結果が表示されたデータがあるとします。このデータをもとに日付ごとに「何勝何敗」かを瞬時に表示できたら便利です。 計算用の数式を設定する まず最初に、日付と勝敗を関連付けるために左側のデータを加工します。 Copyright ©document.write(new Date().getFullYear()); Impress Corporation.