グループディスカッションの発表のコツとまとめ方について知りたい就活生は多いですよね。そこで本記事ではグループディスカッションのコツとまとめ方について例文ありで詳しく解説しました。ぜひ参考にしてみてください。 トヨタ社長 終身雇用終わるってよ サラリーマンがやるべき3つのこと 富士通の45歳リストラ勧告よりも大きな地殻変動であるトヨタの終身雇用終了予告がありました。 令和は雇われている人たちには厳 ... 本当に転職したいか? 本気なら即行動しろ! 手遅れになるぞ! 「あ〜、今の職場の人間関係辛いなぁ」 「また近い業界でリストラしてるなぁ」 「ウチの会社の業績ひどいなぁ」 とそろそろ転職とか考えないとダ ... 45歳早期退職(リストラ)と働き方改革時代の生き方 大企業がこぞって早期退職を加速させています。 これまで以上に年齢や対象の幅を広げて、45歳以上なら誰でもみたいになっています。 かたや働き方改革でプ ... すっかり浸透してきたテレワークですが、自宅のお部屋では職場のような仕事に集中できる環境が揃っていないという話もよく聞きます。 特にお子様がいらっしゃったり、ご自身の部屋がない場合というのはなかなか家で ... モテるオジサンが「外国人は家族を大切にする」と言わない理由 日本の大企業でサラリーマンをやっています。 今の世の中ではどんなお仕事でも外国とのつながりなしでやるのが難しいくらい世界はひとつになってきて ... コロナの影響もあって、テレワーク推進となっています。 これまで仕事といえば職場に出社してやるもんだ! と息巻いていた50歳以上の人たちにとっては、なかなか辛い状況ですね。 20代とちがって、人とワイワ ... Copyright© ヒロキブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 詳しくは・・・ ■ホームページ http://www.salix.tv/ または、 ■ブログ http://www.昇進.jp/をご覧ください。 【Salix「対策とノウハウ」の内容です。】 <グループ討議の内容> ①グループ討議とは ②グループ討議の目的 ③グループ討議での参画姿勢(どのように対応すべきか) ④グループ討議で見られる能力と対応策 ⑤グループ討議での効果的な発言 ⑥グループ討議全体のポイント ⑦グループ討議の模範的な対応例 ⑧グループ討議演習の実際場面について <面接・面談演習の内容> ①面接・面談とは ②面接・面談の目的 ③面接・面談での参画姿勢(どのように対応すべきか) ④面接・面談で見られる能力と対応策 ⑤面接・面談での効果的な発言 ⑥面接・面談全体のポイント ⑦面接・面談の質問への添削例 ⑧実際に面接演習で見られるパターンと対応策 <インバスケット演習の内容> ①インバスケットとは ②インバスケットの目的 ③インバスケットで見られる能力 ④インバスケットの処理の進め方 ⑤インバスケット処理全体のポイント(解答例) ⑥インバスケット問題サンプル3問 ⑦インバスケット解答用紙サンプル ⑧実戦的インバスケット ⑨インバスケット問題の採点方法 ⑩経営分析とインバスケット <経営分析&プレゼンテーションの内容> ①経営分析・戦略立案とは ②経営分析の目的 ③経営分析で見られる能力 ④経営分析発表のポイント ⑤経営分析の整理方法 ⑥経営分析とインバスケットの違い ⑦SWOT分析 ⑧競合他社分析 ⑨内部環境分析 ⑩戦略分析ショートケース(練習問題) ⑪経営分析&発表演習(参考資料), 昇進昇格試験「対策とノウハウ」+「模擬問題」+「特別概要書」+「添削と質問サービス」(Human Assessment昇進昇格試験). スポンサードリンク グループディスカッションの発表のコツとまとめ方について知りたい就活生は多いですよね。そこで本記事ではグループディスカッションのコツとまとめ方について例文ありで詳しく解説しました。ぜひ参考にしてみてください。 グループディスカッションとは. グループディスカッションが上手になるには?就活生の誰もが悩む場所であるグループディスカッション。「就活強者が現れると発言できない...」「ファシリテーションしようと頑張るけど、いつも議論が散らかる...」「そもそも革新的な施策が思いつかない...」こういっ... グループディスカッションの突破にはコツがいる選考ステップで必ずと言っていいほど登場するグループディスカッション。毎年の就活生の悩みで多いのは「グループディスカッションの突破方法が分かりません」というもの。どんな発言をしたらいいのか分からず、風のよ... 調査するのが難しい量を、自分の知識や常識を元に推論して短時間でザックリとした値を算出すること, 就活支援サービスが外資系企業などの難関企業志望者を会員として囲い込んで作ったコミュニティ. グループディスカッションは(「グルディス」、「gd」と訳されることが多い。)グループワークの一種で、何かのテーマに沿って議論を行うものであり、沢山の学生を一気に見ることができるため、企業にとっては非常に効率が良い選考方法といえます。 >>商品のお申込みはこちらから<<. グループディスカッションを攻略するコツはご存じでしょうか?就活では選考の一環としてグループディスカッションが行われることもあり、これを攻略するためにはコツを理解する必要があります。今回はグループディスカッションのコツについてご紹介します。 ※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。, 皆さん、こんにちは!スタバで新発売されたマフィンがうますぎて発狂していますでお馴染み、就活マンです。, しかし、グループディスカッションの対策を疎かにしている人は多いので、対策することで差別化することができます。, そんなグループディスカッションの中でも、今回は「発表」に特化して解説したいと思います。, 「終わりよければすべて良し」ではないですが、話し合いの成果を示すためにぜひ発表についてのコツをマスターして、面接官をうならせましょう!!, また「これだけ読めばグループディスカッション対策が完了する」というまとめ記事も別で用意しています。, グループディスカッションは就活生が数名のグループになって、与えられた課題を元に話し合いをする選考ですね。, よって就活生の素を見て評価することができるので、近年では実施する企業がどんどん増えてきています。, たしかに僕もグループディスカッションは相手が就活生なので、どうしても白熱しちゃったり、言い過ぎることもありました。, 「もっと他にどんなテーマが出題されるのか知りたい!」という方は別記事で50例紹介しているので、合わせてご覧くださいね。, 企業が新卒に求める能力についてのデータ。特にグループディスカッションで発揮されやすい能力を、僕が赤線を引きました。 「どんな人がタイプなのか?」が事前に分かっていると、恋愛でもうまくいきやすいように、就活も人事の好きなタイプを知っておくと良き。(画像引用:マイナビサポネット) pic.twitter.com/dSKZZ5VPBb, 企業が新卒に求める能力についてのデータ。特にグループディスカッションで発揮されやすい能力を、僕が赤線を引きました。 「どんな人がタイプなのか?」が事前に分かっていると、恋愛でもうまくいきやすいように、就活も人事の好きなタイプを知っておくと良き。, つまりグループディスカッションのコツを押さえる前に、人事がどんな評価軸を持っているのか、人事の好みを知っておくことが重要なんですよ。, このツイートでも紹介しているデータですが、「新卒を採用する上で重要視するポイント」がまとめられたデータです。, 特にグループディスカッションにおいては、「積極的な行動力」「気配り」「頭の回転の早さ」「臨機応変な対応」「論理的思考力」が評価されやすいので、ぜひ覚えておいてください。, こうした人事目線を常に持っておくことで、「自分のどんな能力をアピールしようか」と戦略を立てられるんだよね。, その5回の発表は、事前に「こうしたら評価されるだろう」という戦略を立てて実行しました。, なぜなら、結論ファーストを意識しないと、めちゃくちゃ話が長くなってしまったり、話が脱線して「あれ?結局何が言いたかったんだっけ?」と悩んでしまうから。, 話がムダに長くなったり、結論を忘れてしまうことを防止するためにも、結論ファーストを常に意識して発表をしましょう。, 「私たちのグループがコンビニの売上を2倍にするために考えた施策は、『コンビニの空きスペースを活用した荷物の預かりサービスの実施』です。・・・」, このように冒頭に結論を話すことができれば、聞き手は「なるほど」と納得した後に、「その理由は?」と心のなかで理解を深めていくことができますよね。, 逆に冒頭から「私たちのグループは、コンビニの売上をまずは売上 ✕ 客単価に分解しまして・・・」と詳しい説明から入ってしまうと、結論にたどり着くのが遅いので、理解も遅くなってしまいます。, たしかに結論ファーストで話す人と、ぐだぐだ説明が長い人とでは理解しやすさが全然違いますよね。, 集団面接とかでも、結論が全然出てこない人は「この人は評価されないだろうな〜」って分かるもんね...。, これは意外に大事なことで、発表者がまさに「自分が考えたアイデアだぜ!」という感じで話すよりも、「グループで頑張って出したアイデアなんですよ!」という感じで話した方が良いんですよね。, 新卒に求める能力に「気配り力」がありましたが、まさに会社はチームで成り立っているので、チームワークを発揮できる人材が必要とされます。, 「私が考えたのは・・・」と一人称が「私」になるのは、チームワークを感じないのでNGです。, そもそもなぜ会社を立ち上げるのかというと、自分ひとりだけでは成し遂げられないことを、人を集めて達成するためです。, それはお金を稼ぐこと、社会貢献すること、面白い商品を作ること、目的は違えど「一人ではできないから人を雇う」という選択肢を選んだ結果が会社なんですよね。, よって会社は複数人が集まることによって、大きなことを成し遂げる組織だということを常に覚えておいてください!会社は組織。チームなんです。, 発表者になって「自分が目立とう!目立とう!」と考えすぎると、自分よがりの発表になってしまうんですね。, これは意外と多いミスだね。発表者の自己主張が強すぎて「グループの意見」じゃなく「自分の意見」を発表してしまっている人をよく見たよ。, これを利用すると、発表内で「これは◯◯さんが最初に挙げてくれた素晴らしいアイデアなのですが・・・」と他のメンバーを褒める、尊重することによってむしろ自分の評価が上がります。, 「・・・そもそもコンビニの売上を2倍にするためには、新商品を1つ出したり、広告を打つだけでは達成できないと私たちは考えました。そんな中、グループメンバーの◯◯さんが『コンビニの空きスペースを活用して、全く新しいお客さんを集客できないだろうか?』という素晴らしい視点を出してくれたんですよね。その視点を元にして・・・」, 就活生って他の人を「敵」だと考えている人が多くいますが、それをむき出しにしているような人は評価されません。, それだけではなく、「この子なら他の社員とチームワークを発揮してくれそうだな」というイメージを与えることもできるんですよね。, 更にはむしろ発言があまりできなかった人の良い意見も褒めることによって、「気配り力」を評価されることにも繋がりますよ。, なるほど。たしかに他のメンバーを尊重できる人って、特に発表者ではなかなかいないですよね。, そうなんだよね。自分が目立とうと必死だから、そんな余裕がない人ばかり。だから余裕を見せることができ、評価される。, ここが欠落していては、どれだけ結論から話そうが、他のメンバーを尊重しようが発表者としてはゼロ点ですね。, 具体的なまとめ方については、次の章で解説しますが、ここでは「論理的思考」について理解しておいてください。, 「夏になる→暑いから冷たい飲み物が飲みたい→フラペチーノは冷たい飲み物だから飲みたい」, これは極端にわかりやすい例ですが、もっと簡単に言うと「なぜ?」と聞かれてうまく説明できることが論理的思考だと言えますね。, そしてこの論理的思考を考えるには「ピラミッド構造」という方法を知っておきましょう。, これはバーバラ・ミントさんが書かれた「考える技術・書く技術」という本で紹介されている方法。, 下の図のように、「結論」の下にそれぞれ「根拠」がある状態のことを論理的思考ができている状態と言います。, 先ほどの「夏になったらスタバのフラペチーノが飲みたくなる」をこのピラミッド構造に当てはめてみると、次のようになりますね。, 「夏は暑いから冷たい飲み物が飲みたい」という根拠と、「フラペチーノは冷たい飲み物」という根拠が合わさることで、結論である「夏になったらスタバのフラペチーノが飲みたくなる」を導いています。, そしてこのピラミッド構造のポイントなのですが、2段目の根拠の下に更に根拠があります。, 「夏は暑いから冷たい飲み物が飲みたい」という根拠の下には、「冷たい飲み物は体を冷やす」と「暑いと喉が乾きやすい」という2つの根拠が入ります。, このピラミッド構造を作ることで、なんで論理的思考ができていることに鳴るのでしょうか?, しかしこのピラミッド構造の便利さは、上から下の関係が「なぜ」の回答になっている点にあるんですよね。, 例えば「なぜ夏は暑いから冷たい飲み物が飲みたくなるの?」と聞かれたら、その下にはある2つを答えれば良い。, 「冷たい飲み物は体を冷やしますし、暑いと喉が乾きやすいからです!」と答えることができます。, 「冷たい飲み物は体を冷やす、だから夏は暑いから冷たい飲み物が飲みたくなるよ」という説明ができるようになるのです。, 要するに、このピラミッド構造が作れていれば、テーマに対してグループで導いた「結論」を論理的に説明できるようになります。, 簡単に言うと、結論に対する「なぜ」がしっかりと説明されているかどうか、が論理的思考の全て。, しかし、適当に話し合いを進めていると論理的に考えられないことが多いので、特に発表者は常に論理的思考で考えるクセを付けておきましょう。, 少しの工夫だけで、発表をポジティブにできるテクニックなので、ぜひ覚えておいてくださいね!, 発表っていうと、ほとんどの人が「話のうまさ」によって決まると思っていますが、実はそうではありません。, 「発表がうまい」というのはコツの部分でも話しましたが、「論理的思考ができている人」のことを言うんですよね。, もちろんそれ以外の要素も発表には関係しますが、論理的思考ができていない時点でNGです。, 要するに聞き手が「なぜ?」と聞いた時に、しっかりと根拠を説明できることが論理的思考なんですよね。, では発表をうまくまとめるために、コツの部分で解説した「ピラミッド構造」でグループの話し合いをまとめてみましょう。, 論理的思考を習得するためには、このピラミッド構造をマスターするのが最速だと僕は考えています。, では与えられたお題が「売上が減少しているスーパーの売上を上げてください」だとしましょう。, これに対してグループで出した結論は「Amazonでの食品販売を開始する」だったとしますね。.