日テレにとって、結果的に大きな痛手となったに違いない。 1981年にスタートした「火サス」は大人向けの作品を1話完結で流す2時間ドラマだった。 【テレビ】「加藤浩次の乱」が奏功! 池上彰&加藤綾子で新番組準備に関して盛り上がっています。 池上彰&加藤綾子で新番組準備は爆サイ.com東海版の芸能ニュース掲示板で今人気の話題です。「ネットの人ってこの手の番組見る…」などなど、日テレ「スッキリ」が打ち切り!? !」は9.6%にとどまっている。, これはなにも現在に限った話ではない。日テレは2018年のプライム帯の連ドラにおいて、1作品たりとも平均視聴率10%を達成できていないのである。だから、「深刻」と言うほかないのだ。, 2018年1月期(1月~3月)の水曜午後10時台に放送された「anone」に至っては、平均視聴率6.1%に終わった。内容の良し悪しは別とし、視聴率的には大失敗と言わざるを得ない。, ドラマも映画も演劇も制作において大切な順に「1に脚本、2に役者、演出は3番目」とよく言われるが、「anone」の脚本は当代屈指の実力者に違いない坂元裕二氏(51)が書いた。主演は人気の広瀬すず(20)。演技力についても主演映画「ちはやふる」(2016年)などで各演技賞を得ており、若手とはいえ、未熟とは言えないだろう。, となると、3番目の「演出を含めた制作側」に問題があるように思えてならない。脚本家に適切にリードできるかどうかも含めてである。, 「anone」以降、どの作品も平均視聴率が10%に届かないのだから、やはり制作陣に問題があると思われても仕方がない。前述したワイドショー・情報部門、バラエティー部門と違い、制作体制が整っていないのではないか。, 連続ドラマ部門において、安定した視聴率を得ているテレ朝と、不振が続く日テレの違いは何か? それを考えていくと、2005年の「火曜サスペンス劇場(火サス)」の打ち切りに行き着く。日テレにとって、結果的に大きな痛手となったに違いない。, 1981年にスタートした「火サス」は大人向けの作品を1話完結で流す2時間ドラマだった。安定した視聴率を記録し、質についても評判高かった。演出陣として、中島貞夫氏や村川透氏、中村幻児氏、森崎東氏ら映画界の名匠まで参加していたのだから、当然のことだろう。, 実際にドラマをつくっていた制作会社も巨匠・故進藤兼人らが興した近代映画協会や東映、松竹京都映画、大映テレビ、テレパックなどで、充実していた。, ところが現在、列記した制作会社はいずれも日テレのドラマに関わっていない。「火サス」の打ち切りにより、日テレは俳優や脚本家、ドラマ制作会社などとのパイプを細くしてしまったように映る。特に、大人向けのドラマをつくるための外部協力者が縁遠くなってしまった。「火サス」終了以降、日テレと付き合いがなくなった俳優、制作会社は数え切れないという。, 近年、日テレではまったく見ない「相棒」の水谷豊(66)も、「火サス」があったころには「浅見光彦ミステリーシリーズ」や「地方記者・立花陽介シリーズ」などに登場していたのである。日テレが「相棒」のような連ドラをつくれる可能性も十分あったのだ。, 「遺言偽造」騒動も…逮捕された元JALCAの「セレブ病院妻」が送った「虚飾の人生」, 韓国・文在寅が「バイデン勝利」で窮地へ…米国から脱「中国・北朝鮮」を迫られて大ピンチ!. !』(日本テレビ系)の3月打ち切りが濃厚になったようだ。, 2016/01/13(水) 10:54:35.34 ID:8QP7Qbzr0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典, 2chまとめに関する主要ブログのまとめサイト。気になるニュースだけをサクッと読めます(・∀・), 「コロナを移す気か!」釣り銭を手渡ししようとした相手の顔面をグーで殴った69歳児を逮捕, 【画像】外国人「衣服からマスクを作ってみたよ、日本のみんなも是非真似してみてくれ!」パシャッ, セガ元社長「ドリキャス宣伝に100億突っ込んで失敗して逃亡した秋元康に責任を取らせたい」, ウォッカをセルフ浣腸してオ〇ニーした女性さん、大腸が焼け爛れて人工肛門を造設するも自殺, トイレのドアに鍵を掛けて閉じ込め、12歳の中学生にわいせつ行為。20歳の介護職員を逮捕。福岡市博多区, ニトリCEO「年末の日経平均は19500」実況スレ「んなわけないだろwww」「反日乙」→結果wwwww, トランプ大統領、7歳の子供に「まだサンタを信じているのか」と言ってまた支持率を落とす, 【画像あり】超美人声優・雨宮天さんの腋、いくらなんでもつるつる過ぎてエロいんだが!!. 日テレ日曜午後6時台は迷走していた。 『アフタヌーンショー』の二の舞になっていた。 福澤朗は見切りをつけてアナウンサーを引退していた。 打ち切りの理由が理由だから、「何が真相報道じゃ」と叩かれていた。 後番組はスポーツ情報番組に。 !セックスリンチ全告白」というテーマで放送した。, 番組を元に警視庁少年二課と福生署が捜査を行い、同年10月8日までに、暴行した無職の女2人(16、17、当時)を暴力行為容疑で、暴行を指示した石工の男(30、当時)を暴力行為教唆容疑でそれぞれ逮捕した。参加者の証言からテレビ局の関与も疑われたが、テレビ朝日広報部長は、映像はパーティーの情報を得て遠方から隠し撮りしたものとして、「やらせ」を否定していた。しかしテレビ朝日第一制作局に勤務するディレクターの男(33、当時)の指示でリンチが行われていたとして、ディレクターに対し暴力行為教唆容疑で逮捕状が出された。11日には、元暴走族の無職の男(28、当時)が暴力行為教唆容疑での逮捕者に加わった。ディレクターは無職の男に対して「リンチショーを撮影したい」と持ちかけ、無職の男はディレクターに石工を紹介し、石工は、酔った参加者による喧嘩が起きるとして、毎年の恒例行事だったバーベキューパーティーをディレクターに伝えていた。, ディレクターは撮影時にも現場で指示を出しており、無職の女に更なる暴力をけしかけていた。撮影後は石工に対し、ディレクターから14万円の謝礼が渡されていた。なおリンチを受けた5人は事情を知らされていなかった。, 14日の放送では、社長の田代喜久雄が視聴者に向けて謝罪を行い、「テレビ取材の在り方 – 暴力事件放送の反省」と題して田代、藤原弘達、田原総一朗らがコマーシャル抜きで討論を行った。同日午後に取締役の奈良井仁一が記者会見を行い、リンチがやらせであると認めた。同日に福生市議会はテレビ朝日への抗議書を全会一致で可決している。この後多くのスポンサー企業がイメージ悪化を懸念し、番組への提供を見合わせている。, 15日には、リンチを受けた中学生の母親の1人が9月23日に福生署へ告訴状を提出した日の夜、青梅線の踏切から電車に飛び込んで即死していた事が判明した。「死にます」というメモが残されていた事から自殺と断定されたが、家庭内でも悩んでおり、動機は不明とされた。, 16日の放送では、司会の川崎が番組中に降板を表明。レポーターのばばこういちも同調した。同日にディレクターは逮捕され、テレビ朝日から懲戒解雇された。番組制作を巡って担当ディレクターが逮捕されるのは、これが初めての事とされる。併せてテレビ朝日では社長を6ヶ月、奈良井を3ヶ月、他の常勤取締役全員を1ヶ月の減給処分とした。, 引用元: ウィキペディア(Wikipedia)『アフタヌーンショー』の「やらせリンチ事件」について, 2011年1月12日の「お坊ちゃまお嬢様芸能人No.1 決定戦」では、イチハチとして出演した女性実業家(夏波 夕日)を、「アメリカ・ニューヨークに23軒の自宅を所有する資産家」として紹介。女性タレントの自宅として紹介した米ニューヨークのマンションが他人名義だった――という虚偽放送疑惑が発覚。いずれも、放送倫理・番組向上機構の放送倫理検証委員会で審議入りしている。その後、番組は2011年3月で打ち切りに。毎日放送広報部は「通常の番組改編の一環」としている。, 1993年6月24日未明、フジテレビ第4スタジオで人気コーナー「やるやらクエストII」の収録中、ゲストとして参加していた香港のロックバンドBEYONDのメンバー黄家駒がセットから足を滑らせて転落して頭部を強打し、重体(急性硬膜下出血、頭蓋骨骨折、脳挫傷)となって東京女子医科大学病院に搬送される事故が発生した。この事故では内村光良も転落しており、全治2週間の打撲傷を負った。スタジオには狭いゴンドラのようなセットが約3メートルの高さに釣り上げられ、当時現場にいた関係者によればそのセットは水浸しになっていたといい、セットの下に緩衝材を設置するなどの安全対策は何らとられていなかったという。, 番組は花粉症対策を特集した2005年1月25日放送分で、千葉大学で臨床実験中の最新治療法「舌下減感作療法」を取り上げたが、放送内容に事実の歪曲があったことが千葉大学からの抗議によって発覚。そして、番組の打ち切りと局幹部ら4人の処分を発表した。打ち切りから1か月半後の3月23日、テレビ東京はこの件で総務省から厳重注意を受けた。, 2012年5月4日19:00 – 20:54には特別番組『緊急放送!芸能BANGゴールデン離婚占い借金…ニュースの主役vs最強記者軍団』が放送された。この特番では放送当時芸能ニュースで話題となっていたオセロ・中島の同居占い師による洗脳騒動が取り上げられた。, 新聞のテレビ欄や番組公式サイトでは「オセロ中島騒動のあの占い師が登場」「騒動の占い師が謎の同居生活全貌激白」と予告があり、番組中にも「オセロ中島騒動の 同居占い師 まもなくスタジオに登場」「このあとオセロ中島騒動の占い師がスタジオに!」等のテロップが繰り返し表示されたが結局、番組開始から45分後に実際に出演したのは騒動の占い師との同居経験がある別の占い師であり、問題の占い師本人は登場せずに番組が終了してしまった。日本テレビや放送倫理・番組向上機構(BPO)に視聴者からの多数の抗議が寄せられた。これを受けて番組公式サイトで「一部誤解を招きかねない表現があったことをお詫びいたします」とのお詫びを掲載した。, 同年6月25日には日本テレビの大久保好男社長が定例会見において、この番組の演出が過剰だったと認める発言を行い、制作現場に手法を見直すように求めたと明らかにした。, BPOの放送倫理検証委員会は7月13日、特番の放送内容は「視聴者の信頼という放送倫理の根本を裏切った放送だった」として、審議対象とすることを決定した。この事態を受けて、日本テレビは同年7月14日までに同年7月17日の放送をもって急遽打ち切りとした。なお、最終回の放送においては出演者による番組終了のあいさつは一切無いうえ、エンディングのテロップでの終了の告知もなかった。, 引用元: ウィキペディア(Wikipedia)『芸能★BANG+』の「突然の番組終了」, メンバーにパーティ用ヘリウム(5000cc缶、ヘリウム80%、酸素20%)を吸わせる企画で、一気に大量吸引してしまったメンバー(当時12歳、氏名は報道されず)が昏倒して搬送されるという事故が発生。そのまま打ち切りとなった。このメンバーは脳空気塞栓症と診断され一時入院。退院後は芸能界に復帰した。, 1992年11月8日放送分の「出張アンケート・看護婦さん大会」でやらせ行為が後に発覚し、番組は同年12月をもって打ち切られた。この企画は、女性看護婦たちを呼んで座談会を行うという体で進められていたが、実際には現場で働く看護婦ではなく、看護学生やアルバイトなどの「替え玉」を出演させていた。, 2007年(平成19年)1月7日放送の、納豆によるダイエット効果を取り上げた第140回「食べてヤセる!!