投稿日:2016年8月26日 更新日:2016年8月30日, この18mの長さをセンターラインで2分割したコートに、両チームが分かれてバレーの試合を行うわけです。, ですので、バレーのコートは同じサイズの正方形が2つくっついている形になっているのですね。, バスケのコートの大きさはちょっと曖昧ですが、やっぱりバスケの方が大きなコートなんですね。, その棒はアンテナと呼ばれ、サイズはネットから上に出た部分の長さが80cmなんですよ。, アンテナは、コートを半分に分割するセンターラインとサイドラインの交わるポイントの真上に伸びています。, 後衛の選手は、このラインよりも後ろからジャンプしてスパイクを打たないと反則になります。, バレーのコートで、自陣から相手陣内へ縦18mの長さに引かれているのがサイドラインです。. 1チーム6人でプレーします。1試合5セットマッチで行われます(※)。1つのセットは、(最終第5セットを除いて)最小限2点差をつけて25点を先取したチームが勝利チームとなります。24対24の同点(デュース)になった場合、相手チームより2点リードするまで試合は続けられます(例:26-24、27-25)。セットカウントが2対2となった場合、最終第5セットは最小限2点差をつけて15点を先取したチームが勝利チームとなります。 6人制競技の特徴として、守備を専門とするプレーヤー「リベロ … バレーボール基礎知識2016.08.04 バレーボール. バレーのオーバーハンドサーブの打ち方とコツを紹介します。 このオーバーハンドサーブは、上級編としての技があります。 それは、 無回転サーブにする ドライブサーブにする ということなのです。 ではまず、 ... バレーのスパイクについて、フォームのコツを解説します。 バレーのスパイクのコツは 「いかに力強いスパイクをたたき込めるか」 ということがポイントとなります。 それでは早速 バレーのスパイクのコツ!助走 ... バレーのルールの反則を、まずはサーブ・レシーブ・アタック・ブロックについて解説します。 さらにバレーのローテーションやリベロ、点数やセットのルールなどなど! ではバレーのルールについて 反則をいろいろ ... バレーのポジションであるセッターの役割と求められる性格についてお話しします。 バレーの試合の流れを決めるセッター。 セッターがどんなトスを上げるかが、そのままチームとしての戦術となります。 セッターに ... バレーボールのサーブのコツとして、サーブトスを安定させるということがあります。 サーブがしっかりするために、まずサーブトスという基盤を固めてしまいましょう。 ここでいうサーブトスとは、サーブするために ... Copyright© サヌックとれいん , 2020 AllRights Reserved. バレーボールのコートは18×9mの長方形で、最小限3mのフリーゾーンで囲まれています。 (最低で24m×15mのスペースが必要になります。 自分達のチームのコートの広さは9m×9mの正方形の中でプレーをしています。 これからバレーボールを始めようと思っている方、バレーボールの観戦に行きたいと思っている方、ぜひぜひバレーボールも魅力を肌で感じてください!, チームスポーツなので、得点を決めた時にチームメイトの皆と喜びを分かち合うことができる。, 一人が活躍しても勝てない。チームメイトの皆の気持ちがこもったボールを繋ぐことが勝利に繋がる。, 相手のコートに強烈なスパイクを打ち込めた時や、相手のエーススパイカーをブロックで止めた時、練習の成果が実を結んだ、達成感を感じることができる。, ネットにより2つのコートに分けられているバレーボールは身体接触がないため、比較的怪我が少なく、年齢を問わずに楽しむことができる。. ・ヘルスバレーボール ・ビーチバレーボール() ・ソフトバレーボール ・軽量バレーボール ・公式4号球 3 コートの広さ ・簡易コート (6m×12m) ・バドミントンコート(6.1 m×13.4 m) ・バレーボールコート(9m×18m) 4 ネットの高さ volleyball-school. バレーのコートの広さは?サイズやラインはこうなっている! 投稿日:2016年8月26日 更新日: 2016年8月30日. 2016.08.08 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); バレーボールの競技場はコートとフリー・ゾーンからなり長方形で左右対称です。競技場の表面は凹凸がなく水平で均一でなければいけません。, バレーボールのコートは18×9mの長方形で、最小限3mのフリーゾーンで囲まれています。(最低で24m×15mのスペースが必要になります。), 自分達のチームのコートの広さは9m×9mの正方形の中でプレーをしています。プレーしてると、自分達のコートのスペースが正方形とはあまり意識しないでプレーしていますよね。, そしてバレーボールの競技場の表面から最小限7mの高さがなければいけません。また、室内コートの表面は明るい色で、コート上の全てのラインの幅もコート表面やその他の床のラインと異なる明るい色でなければいけません。ラインの幅は5cmです。, フリーゾーンは最小限3mで囲まれており、競技場の空間は表面から最小限7mの高さが必要となります。(FIVB、JVA主催の大会では最小限サイドラインからは5m、エンドラインからは8mで、高さは12.5mなけれなりません), フリーゾーンの中にはネット、支柱、審判台を除き、一切の障害物があってはいけません。, フリーゾーンのさらに外では、ボールが空中にある限り触ることが認められています。バレーボールみていたら、選手がベンチに向かってボールを追いかけている姿が見られることもありますよね。, フリーゾーンの外でもボールが壁などにあたっていなければ、続けられることができますね。, 実際にはラインは引かれていませんが、コート上の各ラインの両端を延ばした部分もラインが続いていて、「想像延長線」といいます。それぞれのラインに先には想像の延長線が延びています。, コートの外に線が引かれていないからといって、後衛の選手がバックアタックを打つときに、想像の延長線のアタックラインより前で踏み切ってしまいますと反則を取られてしまいますので気をつけましょう。, サービスゾーンはエンドライン後方で9mの幅を持つ空間のことです。このゾーンの中でサーブを行います。奥行きはフリーゾーンの端まであります。, サービスラインはエンドラインの延長として引かれています。必ずエンドライン手前でサーブを打つようにします。エンドラインを踏んでサーブを打ってしまうと反則をとられます。, ジャンプサーブでは、サーブを打つ踏切がエンドラインの手前であり、打つ瞬間は飛び越えても問題はありません。踏み込んだ時の足がエンドライン手前であることが大切ですね。, フロントゾーンはセンターラインの中心とアタックラインも含んで、両サイドラインの外側まで続いています。, 後衛ポジションのセッターがよくやる行為ですが、トスを上げるときに、ボールをネットより高くフロントゾーンでジャンプし触れたボールが相手コートに入ってしまった場合は反則なります。, また自チームのリベロがアタックライン内にてオーバーハンドで一本目をパスした際にセッターがツーアタック、またはそのパスをスパイカーがそのままスパイクすることも反則となります。, リベロは、サーブを打ったり、スパイクなどの攻撃に参加したり、アタックラインより前のフロントゾーンでオーバーハンドパスによるトスを上げることも反則となります。, 想像の延長線でも書きましたが、後衛の選手がフロントゾーン内でスパイクを打つことは反則になります。アタックライン手前でジャンプをしてバックアタックを打ち、着地はフロントゾーンというのは反則になりませんね。, バレーボールのコートの大きさや、ラインの決まり、フリーゾーンについてはほとんど教わることがないと思います。こんなルールがあるんだなと一度覚えておけば、試合の時でルールで混乱することがありませんね。. バレーボールは1895年、William G. Morgan(ウィリアム・モルガン)氏の考案により、アメリカで誕生しました。テニスからヒントをもらい、バスケットのようにぶつかり合いのない、また大勢の人で老若男女問わずのスポーツとしてバレーボールが生まれました。, バレーボールの最大の特徴は、球技の中で唯一、ボールを落としてはいけないスポーツであるということです。バレーボールは、ネットにより分けられたコートの上で、2つのチームにより行われます。2つのチームは、コートにボールを落とすことなく、3回以内(ブロックによる接触は除く※)で相手コートに返球し合います。返球する時には、主に手や腕を使用します。, バレーボールは、まず試合前に両チームの代表がトスを行い、トスに勝ったチームは、試合のスタート時にコートの外から相手コートに向かって打つ「サーブ(サービス)」を打つ権利(サーブ権)、またはコートを指定する権利を選択します。, 試合は、最初のサーブ権を得たチームによるサーブではじまります。ボールがコートに落ちるか、ボールがアウトになるか、正しく返球できなくなるか、いずれかのチームが反則を犯すかペナルティーを受けるまで、ラリーは続けられます。, サーブ権を持たないチームがラリーを制した場合は、1得点とサーブ権を得て、そのチームの競技者は時計回りに一つずつポジションを移動する「ローテーション」を行います(※)。サーブ権を持つチームがラリーを制した場合、得点は入りますがローテーションは行わず、同じサーバーがサービスを行います。, ※ローテーションはバレーボール6人制競技とソフトバレーで採用されています。ただし、小学生バレーボール(6人制競技)は、フリーポジション制を採用している場合、ローテーションをしなくても構いません。, 1チーム6人でプレーします。1試合5セットマッチで行われます(※)。1つのセットは、(最終第5セットを除いて)最小限2点差をつけて25点を先取したチームが勝利チームとなります。24対24の同点(デュース)になった場合、相手チームより2点リードするまで試合は続けられます(例:26-24、27-25)。セットカウントが2対2となった場合、最終第5セットは最小限2点差をつけて15点を先取したチームが勝利チームとなります。, 6人制競技の特徴として、守備を専門とするプレーヤー「リベロ」を登録することができます。リベロは後衛のプレーヤーとしてのみ試合に参加し、後衛にいるどのプレーヤーとも交代することができます。サーブやブロックをすることはできません。リベロはその他のプレーヤーと異なった色のユニフォームを着用します。, 1チーム9人でプレーします。1試合3セットマッチで行われます。1つのセットは、(全3セット共通で)最小限2点差をつけて21点を先取したチームが勝利チームとなります。20対20のデュースになった場合、相手チームより2点リードするまで試合は続けられます。, 9人制競技のネットの高さは一般男子2.38メートル、一般女子2.15メートルと、6人制競技(一般男子2.43メートル、一般女子2.24メートル)よりも低く規定されています。9人制は日本独自の競技で、ママさんバレーボール(ネットの高さ:2.05メートル)などで広く親しまれています。, 1チーム4人でプレーします。1試合3セットマッチで行われます。1つのセットは、(全3セット共通で)最小限2点差をつけて15点を先取したチームが勝利チームとなります。14対14のデュースになった場合は、相手チームより2点リードするまで試合は続けられます。ただし、17点で試合は打ち切られ、17点を先取したチームが1点差でも勝利チームとなります。, ソフトバレーには、名前の通り、軟らかいボールが使用されます。そのため、バレーボールの基本プレーであるボールの「パス」が、安全で、しかも容易にできます。年齢を問わず気軽に楽しむことができるのが、ソフトバレーの魅力です。, 1チーム2人でプレーします。1試合3セットマッチで行われます。1つのセットは、(最終第3セットを除いて)最小限2点差をつけて21点を先取したチームが勝利チームとなります。20対20のデュースになった場合、相手チームより2点リードするまで試合は続けられます。セットカウントが1対1となった場合、最終第3セットは最小限2点差をつけて15点を先取したチームが勝利チームとなります。, ビーチバレーボールのコートは、砂の上に設けられます。選手はショートパンツまたは水着を着用し、シャツは、ジャージまたはタンクトップでも構いません(※大会規定で定められている場合はそれに従います。)また、帽子をかぶったり、サングラスをかけたりしても構いません。, ネットの高さはバレーボール6人制競技と同じですが、コートは6人制よりも小さく、6人制の18メートル×9メートルという広さに対して、ビーチバレーボールは16メートル×8メートルの広さとなっています。また、ボールの内気圧が6人制より低く設定されています。ビーチバレーボールは足元が砂ですが、ボールの内気圧が低いとボールのスピードが遅くなり、ラリーが長く続きます。, バレーボールにはたくさんの魅力があります!