lF  C/E   lF   G    l, ・Aメロ lG       lD/F#  Bm lG       lA       l, ・サビ4 lAm      lG/B    lC       lG       l 概要 K2のピアノ練習 795 views 8:39 lG       lA       lA       l, ・サビ3 lG       lD/F#  Bm lG       lA       l, lD       lA/C#    lBm      lAsus4  A l lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l lC       lG/B    lAm      lG       l 2番のAメロは尺が半分で、後半8小節のみとなっています。 Bメロ. なぜ次のコードがBmなのに、わざわざonコードのF#を入れたかといいますと、このベース音のファ#とBmコードのベース音のシがドミナントモーションの関係にあるからです。, もっとわかりやすくいいますと、シから見てファ#はメジャー5度の関係。つまりベース音はドミナントの進行。 マリーゴールド (あいみょん) 着信音・着メロ一覧 [j-pop] J研は日本最大の投稿型着信音・着メロサイト。欲しい着信音・着メロが必ず見つかる!23万曲以上が全曲無料で試聴ok!着信音設定も簡単。着メロ作成ができる携帯アプリも公開中。 【ギタリストマッスル出版】にて弾き語り・ソロギター楽譜、随時更新中! lG  D/F#   lG   A    l, ・Aメロ なのでDコードの3度の音をわざわざベース音にもってきてD/F#とし、Bmに行かせることで、劇的な進行を生み出せるのです。, これもアプローチの1つの手法。実は逆もまたしかりで、メジャー5度に向かうという進行も多いです。, サビの出だしでは、DコードからAコードに進行。 lC       lG       l, ・Aメロ2 5弦を押さえている左手薬指が、6弦に触れてしまわないよう注意しましょう。, 続いてGsus4コードです。 lBm       lF#m     lG        lA        l, ・サビ 我々人間は、この1度から5度に進む進行が大好きです。それは音楽を聴いてきた経験が記憶に積み重なり、劇的に感じるようになっています。, 例えばサビの5小節目のGコードからDコードも、Gを1度と見たら5度のDに進行。 lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l 「君はロックを聴かない」は、あいみょんさんの作り手としての目線、そして聴き手それぞれが、様々な感情を想起させる曲です。, そんな素敵な歌詞をを書くあいみょんさんから、今回は「マリーゴールド」を取り上げてコード進行、そしてギター簡単弾き語りコードもご用意して解説していきたいと思います。, lD       lA/C#    lBm      lF#m     l lC/E    lF       lG       lAm    l lBm      lA/C#    lD       lA       l 以前紹介した、感動コードもC(Ⅰ)からG(Ⅴ)へと、5度に向かって進んでいます。, Dキーのままでも弾きやすい「マリーゴールド」ですが、ギター初心者さんのためにさらに簡単にしてみましょう。 Gコードのm7thの音のファが追加されていますが、Gsus4コードの代用として使用できます。, 押さえ方は、6弦3フレットを左手薬指、4弦と3弦は開放、2弦と1弦を人差し指でベタッと寝かせて押さえ、5弦はミュートです。, 続いては上記でご紹介したG7sus4コードのコードフォームに、左手小指で1弦3フレットを押さえたGsus4コードフォームです。, 上記で説明したG7sus4コードフォームと比べると、1弦3フレットのソを押さえることによって、1弦1フレットで鳴っていたm7thの音のファが無くなり、G7sus4コードがGsus4コードとなります。続いてはこちらの、親指握り型フォームのGsus4コード。 l1       l5/7    l6m     l3m    l, というふうになります。 lD       lA/C#    lBm     lAsus4  A l lG       lD/F#  Bm lG        lA       l, ・Bridge Lemon/米津玄師 lD       lA/C#    lBm      lAsus4  A l マリーゴールド(あいみょん)ピアノ【Bメロ】簡単 楽譜 弾き方講座初級1~4小節両手|K2 - Duration: 8:39. 以前にあいみょんさんで「君はロックを聴かない」、コード進行の解説、弾き語りのコツを紹介しました。 lD       lA/C#    lBm      lA       l lF       lC/E  Am lF       lG       l, lC       lG/B     lAm      lGsus4  G l lD        lA        l, ・Aメロ2 lF       lC/E  Am lF       lG       l, ・Bridge lF       lC/E  Am  lF       lG       l, ・Ending AメロもBメロも全てがダイアトニックコードで形成。Aメロのベース音はレから始まり、ラまで下がり、次はレから始まり、Dコードのメジャー3度の音のファ#に行って、ドミナントコードのラまで上がっていきます。 ・サビ lD lA/C# lBm lAsus4 A l また、Bメロ直前のⅤの前に、sus4を置くことで少しタメを作って、次への流れが生まれるようになっています。 A-2. lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l lF       lC/E    lF       lGsus4  G l, ・Bメロ2 数字に置き換えると、onコード(オンコード)のベース音の役割も見えてきますね。 lG  D/F#  lG   A    lD       ll, 「マリーゴールド」の曲はキーがDです。 あいみょんはマリーゴールドのaメロを冷めた声で歌っています。 でもbメロからサビへと進むにつれ、だんだんと感情が出てきます。 このaメロを淡々と歌い、 サビとのコントラストをつける 、というやり方を意識してみてくださいね。 lAm      lG/B    lC       lG       l, ・間奏 あいみょんのメジャー5枚目のシングル。2018年8月8日リリース。Google アプリ CMソング。, 総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年5月13日付ランキング1位。, 1番最初の郷愁感ある部分は、リバースを用いたサウンドになっています。トニックⅠをベースにしたコードですが、6thや9thが鳴っているのであえてⅠadd9/Ⅵという表記にしました。, その後はズバリ、カノン進行です。この楽曲の色を最も決めている進行で、イントロから使って印象付けています。, 1点工夫があり、オンコードを使用しています。これにより、Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm7のベースラインがⅠ→Ⅶ→Ⅵという下行する順次進行の形でスムーズに繋がります。, 2拍でコードチェンジする最後の2小節も、Ⅰの部分でⅠ/Ⅲにすることで、Ⅳ→Ⅲ→Ⅳ→Ⅴと隣り合った音にベースラインが動き、滑らかに聞こえます。, イントロとほぼ同様の、カノン進行です。こちらは4番目のコードがドミナントⅤになっています。, また、Bメロ直前のⅤの前に、sus4を置くことで少しタメを作って、次への流れが生まれるようになっています。, マイナーのコードから始まる部分がこの楽曲は少なく、少し暗めに変化を出すBメロ、という日本の楽曲らしさが出ています。, Ⅰの部分でⅠ/Ⅲとオンコードを使うことで、Ⅲ→Ⅳ→Ⅴというベースラインの上行する順次進行を経てサビへと繋げています。, 1番の変化点は6小節目の3拍目にコードが変わることです。Ⅵmへの変化は他の部分ではありませんでした。ほとんど同じ進行ながら実は変化をつけているのが良いですね。, 4小節目4拍目のⅤ7は、あえて表記してみました。隠し味のような感じでアルペジオのフレーズで鳴っていますね。, コードを演奏しているのがアコギ1本になるためオンコードがなくなったり、4小節目をよく聴くとsus4を挟んでいたりと、細かいところで変化があります。, 最初の4小節はイントロのようにリバースを用いたサウンドが目立っています。5小節目からは他のサビのようなサウンドになり、8小節目は若干ブレイクのような感じで、ラストのサビに繋がります。, トニックで落ち着いてドミナントへ進行、次のAメロのトニックへ進行、というシンプルなものですね。, 1456はトニック→サブドミナント→ドミナント→トニックというお手本通りの進行ですが、この楽曲では出てきませんでしたね。6145というBメロの進行の、スタートを1に変えたもの、とも見ることができるでしょうか。, 最後のⅤを2小節間伸ばしているというのもポイントです。次の落ちサビまで、少し焦らしていますね。, この楽曲では数少ないマイナーのコードから始まる進行です。ベースラインがⅥ→Ⅶ→Ⅰと順次進行で上行した後にドミナントⅤに進みます。, 歌詞も相まって、少し切ないというか、儚い感じも出させている部分ですね。ここからギターソロに繋がる流れがとても良いです。, 間奏のギターソロの部分とよく似た進行ですね。あの部分で伏線を撒いていたのかもしれません。, 1つ決定的に違うのが、Ⅰ/Ⅲから始まるという点です。この楽曲で出てきたコード進行のパターンのうち、オンコードで始まるパターンはここまで全くありませんでした。, このオンコードの独特の響きがどこか寂しげにも聞こえて、最後の最後、という感じがこのDメロに入った瞬間から感じられる作りになっていますね。Ⅲ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅵというベースラインの順次進行の流れも綺麗です。, 個人的な余談ですが、このオーラス部分の8小節目、最後の2拍間のドラムがこの楽曲で1番好きです。スネアのフラムが最高ですね。, オーラスのDメロが終わり、アウトロに入ります。イントロと同じパターンを持ってくる、王道の作りですね。, ただイントロと逆で、リバースを用いたサウンドを6小節の進行の後に持ってくることで、エンディングらしさを演出しています。, 例によってシンプルなコード進行のため、不必要なくらい細かく採譜したつもりです。この進行で名曲に仕上げたあいみょんが素晴らしいですね。簡単で、ギター弾き語りなどには本当におすすめです。, 2018年8月8日リリースながら、驚くべきロングヒットで1年経った今でもYouTubeなどで数字を伸ばし続けています。, ランキングにも上位にランクインし続け、1位になったのが2019年5月13日というのも衝撃です。米津玄師のLemon にも言えますが、名曲は本当に長い間聴き続けられますね。. lF       lC/E  Am lF       lG       l, ・サビ4 決して、イメージがガラッと変わることはないのでご安心ください。, 補足としまして、カポタストを2フレットに装着した時の、onコードとsus4コードの押さえ方もチェックしておきましょう。, 押さえ方は、5弦2フレットを左手人差し指、4弦と3弦を開放、2弦3フレットを薬指、1弦3フレットを小指で押さえ、6弦はミュートします。 楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がっていく」というようなコード進行が聞こえることがあ... RAIです。 作詞... https://chord-on.com/wp/wp-content/uploads/2019/02/ChorD-ON-Site-Logo.png. まずはイントロのコード進行を見てみましょう。, この進行をダイアトニックコードに置き換えると lG       lD/F#  Bm lG       lA       l lG       lD/F#    lG       lAsus4  A  l, lD       lA/C#    lBm       lA       l lC       lF       lG       lAm     l lG       lD/F#  Bm lG       lA       l, lD       lA/C#     lBm      lAsus4  A l コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉をよく聞くと思います。初めて聞くと何のことだか... RAIです。 lF       lC/E  Am lF       lG       l, lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l lF       lC/E  Am lF       lG       l lC       lG/B    lAm      lG       l コードを押さえるのに慣れてきたら、原曲を流しながら一緒に演奏してみましょう。, ■総合管理人 lF       lC/E    lF       lGsus4  G l, lC       lG/B    lAm      lG       l lF       lG       lG       l, ・サビ3 始めの4小節はベース音が順々にラまで下がっていきます。, ここではBmコードの前の、D/F#に注目してみましょう。 lD       lA/C#    lBm      lAsus4  A l, サビで出てくるコードも全てダイアトニックコードです。 今回は Lemon/米津玄師 でコード進行を学んでいきます。