青白い馬(蒼ざめた馬)に乗った「死」で、 「ヨハネの黙示録」第6章第4節に記される、第二の封印が解かれた時に現れる存在。 赤い馬に乗っており、手には大きな剣を握っている。 地上の人間達を扇動することで殺し合わせ、戦争を起こさせる役目を担っているとされる。 変更 ), Twitter アカウントを使ってコメントしています。 地上の人間を死に至らしめる役目を担っているとされる。, 〔ケニアでバッタが異常発生 空と木々を埋め尽くす〕 ヨハネの「黙示録」を読む(3) 黙示録の獣をみたあと、初めから逐語で読むことにして、まず七眼七角の仔羊をみて、 ついで、七つ頭の竜、人面イナゴ、・・・そして、 このページでは、4つの生き物とバビロンの大淫婦を・・ 1回目は答えられず問題を飛ばされてしまったりして散々でした。 ~参考~ 『ヨハネの黙示録』(ヨハネのもくしろく 古代ギリシア語: Ἀποκάλυψις Ἰωάννου、ラテン語: Apocalypsis Iōannis、英語: Revelation)は、『新約聖書(クリスチャン・ギリシャ語聖書)』の最後に配された聖典であり、『新約聖書』の中で唯一預言書的性格を持つ書である。, 『ヨハネの黙示録』は、単に『黙示録』あるいは『ヨハネによる黙示録』、『神学者聖イオアンの黙示録』(日本ハリストス正教会)、『使徒聖ヨハネ黙示録』(天主公教会)、『ヨハネへの啓示』(新世界訳聖書)ともいわれる。, タイトルの「黙示」とはギリシャ語の「アポカリュプシス(古代ギリシア語: Ἀποκάλυψις)」の訳であり、καλύπτω(覆う)に接頭辞のἀπό(離れて)が組み合わさったἀποκαλύπτω(明かす、明らかにする)という動詞に、-σιςという抽象名詞を作る接尾辞が付いた複合語である。英語では「Revelation」と言い、上記と同義のラテン語revēlātiō(暴露、すっぱ抜き)に由来する。『黙示録』はキリスト教徒の間でも、その解釈と正典への受け入れをめぐって多くの論議を呼びおこしてきた書物である。ヨハネの黙示録は2世紀に書かれたと言われているムラトリ正典目録に含まれており、A.D.397年に開催されたカルタゴ会議では、ヨハネの黙示録を含む27文書が正典として認められた。, 聖書自身の自己証言による伝統的な理解では『ヨハネによる福音書』、『ヨハネの手紙一・二・三』、『ヨハネの黙示録』の著者をすべて使徒ヨハネであると考えてきた。西暦2世紀のパピアスは、この書を使徒の作とみなしていた。2世紀の殉教者ユスティヌスは自著、『ユダヤ人トリュフォンとの対話』の中で「キリストの使徒の一人で、名をヨハネという、ある人がわたしたちと共にいた。彼は自分の受けた啓示によって預言をした」と述べている。エイレナイオスは、2世紀末および3世紀初頭のアレクサンドリアのクレメンスやテルトゥリアヌスと同様、使徒ヨハネがその筆者であることを述べている。3世紀の聖書学者であるオリゲネスはこう述べている。「わたしはイエスの胸に寄り掛かったヨハネについて語っているが……彼は一つの福音書を残した……彼はまた、黙示録をも記した」。さらに、『黙示録』の著者は、自らを「しもべヨハネ」と称し、「神のことばとイエスのあかしとのゆえに、パトモスという島にいた」と記しているが、これは伝承による使徒ヨハネの晩年の境遇と一致する。また、新約聖書において「小羊」という言葉をキリストの象徴として用いているのは、『ヨハネの黙示録』と『ヨハネによる福音書』だけである。, 一方で、著者「ヨハネ」に関してもほとんど知られていないとし、3世紀には、文体上の違いに着目し、『ヨハネの黙示録』は、使徒以外の「違うヨハネ」の筆であることを指摘する議論があったことを、教会史家エウセビオスは伝えている。また『黙示録』(特に21章と22章)における終末理解と『ヨハネによる福音書』の著者の終末理解には大きな隔たりがあることを指摘する学者もおり、現代の聖書学者でこの説を支持しない者もいる。だが、『福音書』の記事はイエス在世中の出来事であり、『黙示録』はイエス復活後数十年を経ての終末に関する新たな啓示を記した記録であるので、そこに何らかの差異があっても不自然ではない。, 4世紀には、東方で、金口イオアンと他の主教たちの間で『黙示録』の聖書正典収録に関しての議論が巻き起こった。理由は『黙示録』が難解であるため、その表現を都合よく解釈して悪用されることを恐れたためである。シリアのキリスト教徒の間においても、『黙示録』は、モンタノス派が自らの正当化に利用したため排斥された。9世紀にはコンスタンティノープル総主教ニケフォロス1世がその著書の中で、『ヨハネの黙示録』を『ペトロの黙示録』と共に「真性に疑問のある書物」であるとしている。最終的には中世末期、正教会でも正典に加えられはしたものの、聖書の中で唯一奉神礼で朗読されることのない書となっている。, 伝統的に、『黙示録』の成立はドミティアヌス帝時代の紀元96年周辺であると考えられてきたが、聖書学者の中にはネロ帝時代の69年頃と考える者も居る。前者の説の有力な傍証とされるのは202年に死去したエイレナイオスの著書『異端反駁』5巻30における証言である。エイレナイオスは著者ヨハネと会ったという人物から『黙示録』の執筆は「というのは、それが登場したのは余り前のことではなく、殆ど我々の時代、ドミティアヌスの治世の終わり頃のことである」という証言を直接聞いたと記す。さらに96年成立説を有力なものとするのは、『黙示録』に小アジアにおける迫害というテーマが含まれていることである。ネロ帝のキリスト教徒迫害はローマ周辺に留まっていた為、小アジアでも迫害が行われたドミティアヌス帝時代の成立の方が、遙かに辻褄が合うということになる。, 『ヨハネの黙示録』は、古代キリスト教の小アジアにおける七つの主要な教会にあてられる書簡という形をとっている。七つの教会とは、エフェソス、スミルナ、ペルガモン、ティアティラ、サルディス、フィラデルフィア、ラオディキアである。, 文中では著者自ら「ヨハネ」と名乗り、終末に於いて起こるであろう出来事の幻を見たと語る。『黙示録』は以下の様な構成となっている。, ヨハネの黙示録には【ヨハネは、神の言葉とイエス・キリストの証し、すなわち、自分の見たすべてのことを証しした(1-2)】【イエスの証しは預言の霊なのだ(19-10)】と記されている。, この言葉は福音書の【人の子に言い逆らう者は赦される。しかし、聖霊に言い逆らう者は、この世でも後の世でも赦されることがない(マタイ12-32)】【父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊(ヨハネ14-26)】と呼応しており、ヨハネの黙示録自体が福音書に記されている聖霊であることを示している。, また、解釈をしようとすると【これに付け加える者があれば、神はこの書に書いてある災いをその者に付け加える(22-18)】と記されており、簡単に解釈するわけにもいかない。しかし、この言葉は、逆に、この書に書かれている災いを自ら受ける覚悟を持てば、解釈も許されると言う意味ともなる。では、この災いとは何か・・・・・個人として受ける災いは、火と硫黄の燃える池(21-8)であり、ここに入るのを覚悟しさえすれば、解釈することも可能である。, 『黙示録』は歴史の中で様々に論じられてきた。特に『聖書』の中でもここにしか現れない「千年王国」論の特殊性への賛否やキリストの再臨の解釈をめぐって多くの議論を巻き起こした。しかし、歴史の中で現れた多くの解釈をまとめると預言書、文学、普遍的イメージの三つの見方に集約することが出来るとする立場もある。, この見方は『黙示録』を『ダニエル書』などの流れにある終末預言の一つであるとして、未来の事柄についても語られた終末預言書とみる見方である。, マルティン・ルターら歴史的なプロテスタントの黙示録理解は、歴史主義解釈というもので、起こっていない未来の出来事を預言として与えられたという見方である。この立場では、未来にキリスト教の教理であるイエス・キリストの再臨、人間の体の復活、最後の審判、天国あるいは地獄への裁き、新天新地の到来があると信じられている。[2][3][4], この見方では、『黙示録』は、紀元前2世紀以降のユダヤ教で起こった終末思想とそれにしたがって書かれた『ダニエル書』などの一連の黙示文学の影響を受けたキリスト教的黙示文学であると解釈する。この見方が18世紀以降、自由主義神学の高等批評を受け入れる研究者の中では主流となっている。この解釈に沿ってみていくと、『黙示録』が『ダニエル書』などの一連の黙示文学と同じ「幻のうちに受ける啓示」、「歴史区分の提示」、「神の完全な支配の実現」などのパターンに沿って書かれているということがよくわかるとされる(「黙示」の項も参照のこと)。この立場の学者は、レンスキ、ナイルズである。ルドルフ・ブルトマンの非神話化では、イエス・キリストの来臨はすでに起こったこととされている[5]。, 20世紀以降、『黙示録』を「善と悪の対立」および「善の最終的な勝利」という普遍的テーマを著者のイマジネーションによって自由にイメージ化した作品という解釈が現れた。, 他にも著者ヨハネが死に瀕した苦痛を和らげるため天然麻薬であるニガヨモギを吸い、それによって見た幻覚であるという説(麻薬幻覚説)もあるが、この説は正式な学問的確証に基づいたものでないため、聖書学者たちに受け入れられたことはない。, 幻覚説を除けば、三つの説はいずれも排他的なものでなく、どれか一つをとれば他の二つは間違いであるといった性質のものではないとする立場もあるが、一般に現代のリベラルな教派の間では、第二の「文学類型」的解釈が主流で未来に起こることが預言として与えられていると考える者は少ない。, 過去主義者の解釈では『黙示録』が1世紀の終わりに起きた大迫害を預言していたという見方があるが、ヨハネがこの書を書いたのが1世紀の後半だと考える立場からは当然に支持されない。, 過去主義者の体系的記述はイエズス会修道士アルカザールのもので、宗教改革者がローマ・カトリックを大淫婦バビロンとみなしたため、それを否定するためにあみだされたものであるが、その後に預言を否定するリベラルなウィリアム・ラムゼー、シェイラー・マシューズによって主張されている。[6], ただし、プロテスタントの信仰告白では、ウェストミンスター信仰告白にも、未来に起こることがらである再臨と最後の審判の根拠の聖句としてあげられている。今日でも歴史的なキリスト教終末論の理解からは、使徒ヨハネが神の啓示を受けたと信じられている。[7], 黙示録の中にはさまざまなイメージが現れ、歴史の中で多くの芸術家にモチーフを提供してきた(『黙示録』をテーマとする芸術としてはアルブレヒト・デューラーの一連の木版画などが有名である)。, 「文学類型」的解釈の立場に立つ学者たちは、『黙示録』のイメージを歴史的事実や、歴史上の人物などにあてはめることで解釈しようとしてきた。たとえば13章にあらわれる竜に権威を与えられた「海からの獣」は、強大な力を持ってキリスト教に対抗するものということで、ローマ帝国もしくはローマ皇帝であると考えられる。その獣が持つ七つの頭は、アウグストゥス以来の七人のローマ皇帝にあてはめて解釈される。, 13章18節にあらわれる第二の獣に従うものに押された「六百六十六」という数字は数秘術ゲマトリアで「獣の数字」と呼ばれ、皇帝ネロ(ネロン・ケサル)を表すとよく言われるが、これに対しては数が合わないという異論もある。写本によっては六百十六と書かれているものがあることは古くから知られている。, また、16章16節にあらわれる「ハルマゲドン」という言葉に関しては、本来の意味が知られずにおどろおどろしいイメージだけが独り歩きしている感があるが、「メギドの丘」という解釈が主流である。黙示録の中では神との戦いに備えて汚れた霊が王たちを集める場所をさす名称である。メギドは北イスラエルの地名で戦略上の要衝であったため、古来より幾度も決戦の地となった。このことから「メギドの丘」という言葉がこの箇所で用いられたと考えられている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヨハネの黙示録&oldid=80002495, フィラデルフィヤ教会: 門を開く。みことばに従い、名を否まず、力があった。(3:7-13), 第一のラッパ:地上の三分の一、木々の三分の一、すべての青草が焼ける (8:6-7), 第六のラッパ:四人の天使が人間の三分の一を殺した。生き残った人間は相変わらず悪霊、金、銀、銅、石の偶像を拝んだ(9:13-21), 獣が神の民と戦うために海の中から上ってくる。いのちの書に名が記されていないものはこれを拝む(13:1-10), 第四の鉢:人間が太陽の火で焼かれる。それでも神を冒涜し、悔い改めない(16:8-9), 白い馬に乗った方の名は「誠実」「真実」、血に染まった服を着る「神のことば」、「王の王」「主の主」(19:11-16), 殉教者と、獣の像を拝まず、獣の刻印を受けなかった者が復活して、千年間統治する。(20:4-6), 最後の裁き:いのちの書に名が無い者がすべて火の池に投げ込まれる。(20:11-15), 神が人と共に住み、涙をぬぐわれる、死もなく、悲しみもない。そこにはいのちの書に名が書かれている者だけが入ることが出来る。(21:2-8), 警告:この書物に(記述を)付け加える者には災害が加えられ、(記述を)取り除く者からはいのちの木と聖なる都から受ける分が取り上げられる。 (22:18-21). 側に黄泉(ハデス)を連れている。 空想生物のイメージ. 二回も連続で落ちるとかなりショックです。 聖樹聖獣文様 . (2020年1月27日 AFP通信), ヨハネの黙示録の四騎士: 二次試験は合格率が高いのに 聖書 ヨハネの黙示録 4章 . 世界の最後は地球が一掃されると書いてあるそうでそれは核戦争だと言われているそうです。 『ヨハネの黙示録』第6章第8節に記される、 創造主は御霊ではないのですか?(他の質問とダブってあしからず) (黙示録9) :5彼らは、人間を殺すことはしないで、五か月の間苦しめることだけが許された。 彼らの与える苦痛は、人がさそりにさされる時のような苦痛であった。 身に覚えが無いのでその時は詐欺メールという考えがなく、そのURLを開いてしまいました。 これでよろしいでしょうか?, カトリックとプロテスタントの違いは何ですか?映画のゴッドファーザーはカトリックで合っていますよね?, 恒心教は創価学会みたく政界、官僚、企業、マスコミ、検察、裁判官などに学会員を送り込み、日本の要所を掌握して総体革命を起こせるくらいの力があると思いますか?. 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?, お客さまのAmazonかんたん決済に異常ログインの可能性がありますウェブページで検証お願いします。とメールがきました。どういうことでしょうか. De facto standard for interpretation of the book of revelation, ホーム » Interpretation » Chapter 7-9 » 黙示録9章のいなごと人間への害のこと, すると、その穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、その穴の煙で、太陽も空気も暗くなった。, :3その煙の中から、いなごが地上に出てきたが、地のさそりが持っているような力が、彼らに与えられた。, :4彼らは、地の草やすべての青草、またすべての木をそこなってはならないが、額に神の印がない人達には害を加えてもよいと、言い渡された。, :5彼らは、人間を殺すことはしないで、五か月の間苦しめることだけが許された。彼らの与える苦痛は、人がさそりにさされる時のような苦痛であった。, :6その時には、人々は死を求めても与えられず、死にたいと願っても、死は逃げて行くのである。, :7これらのいなごは、出陣の用意のととのえられた馬によく似ており、その頭には金の冠のようなものをつけ、その顔は人間の顔のようであり、, :9また、鉄の胸当のような胸当をつけており、その羽の音は、馬に引かれて戦場に急ぐ多くの戦車の響きのようであった。, :11彼らは、底知れぬ所の使を王にいただいており、その名をヘブル語でアバドンと言い、ギリシヤ語ではアポルオンと言う。, 金の冠のようなものをつけは、四つの大きな獣は、地に起らんとする四人の王である。(ダニエル7:17), 顔は人間の顔のようは、人のように二本の足で立たせられ、かつ人の心が与えられた。(ダニエル7:4), 鉄の胸当のような胸当は、胸と腕は銀(ダニエル2:32)の銀が鉄とされた、非常に強いもので、大きな鉄の歯があり(ダニエル7:7), つまり、女の髪と鉄の胸当の意味に自信がないのですが、13章の海から上がってくる獣が四つの大きな獣をひとつとして表現してあることと同じように、これも「いなご」として四つの大きな獣を表現したものと解釈します。, そして「いなご」とは、イザヤ書33章の「いなご」を連想させるための工夫と見られるので、ここから「額に神の印がない人達には害を加えてもよい」の解釈を考えると「人間を殺すことはしないで、五か月の間苦しめることだけが許された」とは、四つの大きな獣のような国の偽善者や背く者のような人間達を「額に神の印がない人達」として、悔い改めをさせることという解釈をします。, また、「彼らの与える苦痛は、人がさそりに刺される時のような苦痛であった。その時には、人々は死を求めても与えられず、死にたいと願っても、死は逃げて行くのである。」とは、悔い改めたくともできずにいる様子を表しているものという解釈になります。, WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 まさに聖書のヨハネの黙示録の予言そのものではないでしょうか。 Hit girlさんのツィート(Qアノンで海外で活動されている方)→サウジアラビアとイエメンのでは、約3600億のイナゴの群れ … 既存の宗教である神(神々を含む)とはちがう概念があればお聞かせ下さい。... さっきアメリカが国家非常事態宣言を出したそうです。ネットで「これはやばい」というコメントを見たのですが、具体的に何がどうやばいんですか?. 旦那が東大卒なのを隠してました。 ( ログアウト /  おふざけの回答は求めていないので、聖書を読んだ事のある方宜しくお願いします。, ベストアンサー:ヨハネ黙示録の記事と、何処かの逝かれた教団が造った 「大患難時代の裁き」物語とは何の関係もありません。 ヨハネ黙示録は1世紀末頃にローマ帝国の過酷な弾圧・迫害の もと, ベストアンサー:ヨハネの黙示録21:6-7 「わたしはアルファであり、オメガである。 最初であり、最後である。 わたしは、渇く者には、いのちの水の泉から、価なしに飲ませる。 勝利を得る, ベストアンサー:ヨハネ黙示録は、ユダヤ戦争後のローマ帝国の弾圧、迫害の 中で書かれたもので、比喩しているものも大部分は、ローマ人 やローマ帝国やローマ皇帝を示していると考えられます。, 法華経の中で方便とされた三乗の側からは法華経への非難があったそうなのですが、法華経の全ての人は仏になりうるという主張にどのような反論があったか、教えて欲しいです!!, 創価学会にはいっている親せきが、気持ち悪いです。 変更 ), このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. それに私は持っている食糧だけで冬を越せる人間だから、地球がどうなっても関係な... 創価学会に騙され、一生搾取され続け、家族や親せきに嫌われて亡くなった人たちは、あの世で騙されていたことを知り、創価学会を恨んでいるのでしょうか? それとも、あの世でも騙され続けているのでしょうか?. «å©¦ã®è£ãã¨ãƒãƒ“ロンの滅亡(17ç« -18章), 天における礼拝 子羊の婚礼(19ç« 1-10節), キリストの千年の統治の開始、サタンと人々の裁き(19ç« 11節-20章). 付き合いをやめたいのですが母と嫁が付き合っているので困っています。私だけ親せきの家に行くのをやめようと思っています。 また疫病が蔓延して地震や自然災害や飢饉などが世界の終末起こると書かれていて艱難時代という7年間が始まるらしいです。 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, ヨハネの黙示録について 前回も今... 英検3級の二次試験が不合格でした。僕は中学三年生です(今年で高校1年)英検3級の二次試験である面接が不合格でした。結果をサイトで見た瞬間、とてもショックで悔しかったです。自分の面接カードを破ってしまいたいくらいです。再受験では一次試験は免除されますか?本屋でCD付きのものを買ったりした方がよいのでしょ... https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11222533526. それを信じるわけでは無くて、それが本当か嘘か、調べたり考えたり、追及していく事が好きなんですよね~。, 私の体調がMaxで良かった時に、スラスラと解けてしまいましたが、また考察をしてきます。, 今ではアニメAKIRAが預言した、東京オリンピック、とその中止、経済破綻、○○の暴走, ネットで少々話題になっているのが、黙示録9章を抜き取って、これコロナの事では?という情報がありました。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 1節 第五の御使が、ラッパを吹き鳴らした。するとわたしは、一つの星が天から地に落ちて来るのを見た。この星に、底知れぬ所の穴を開くかぎが与えられた。私は一つの星が、天から地に落ちて来るのを見た、の解釈は星が落ちたような、衝撃的な出来事と解釈しています。, 終わりの見えない、コロナとの闘いと考えることが出来る。底知れぬ所とは、名前がアバドンとか言う名前で、意味は破壊者です。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 2節 そして、この底知れぬ所の穴が開かれた。すると、その穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、その穴の煙で、太陽も空気も暗くなった。コロアウィルスによる恐怖で、世界の雰囲気が悪くなった、空気が暗くなった。世界が不安や恐怖で包まれる。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 3節 その煙の中から、いなごが地上に出てきたが、地のさそりが持っているような力が、彼らに与えられた。, インドの州の食料を食べつくしたイナゴの大群が、中国に向かっていると言う事で、この3節だけが抜き取られ、話題になりました。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 4節 彼らは、地の草やすべての青草、またすべての木をそこなってはならないが、額に神の印がない人たちには害を加えてもよいと、言い渡された, しかし額に神の印、の部分はコロナウィルスでは、説明できませんね。 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 5節 彼らは、人間を殺すことはしないで、五か月のあいだ苦しめることだけが許された。彼らの与える苦痛は、人がさそりにさされる時のような苦痛であった。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 6節 その時には、人々は死を求めても与えられず、死にたいと願っても、死は逃げて行くのである。コロナに感染しても、死を願いません。, 肺炎は辛いから。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 7節 これらのいなごは、出陣の用意のととのえられた馬によく似ており、その頭には金の冠のようなものをつけ、その顔は人間の顔のようであり、新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 8節 また、そのかみの毛は女のかみのようであり、その歯はししの歯のようであった。私が気になったのは、この部分で検証しようと思った, しかし顔は人間じゃないし、髪は女の髪ではないし、獅子の歯でもない新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 9節 また、鉄の胸当のような胸当をつけており、その羽の音は、馬に引かれて戦場に急ぐ多くの戦車の響きのようであった, この編から、コロナウィルス、イナゴ説が、怪しくなります新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 10節 その上、さそりのような尾と針とを持っている。その尾には、五か月のあいだ人間をそこなう力がある。コロナとは全く一致しないし、イナゴとも一致しない, 五か月間人間を損なうは、当てはまる新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 11節 彼らは、底知れぬ所の使を王にいただいており、その名をヘブル語でアバドンと言い、ギリシヤ語ではアポルオンと言う。, しかし、完全に全てがハマる訳でもなく、イスラム国を代入した方が、全てががっちりハマります。, 9章イスラム国、興味がある人は、過去記事をご覧くださいその後・・・。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 12節 第一のわざわいは、過ぎ去った。見よ、この後、なお二つのわざわいが来る。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 13節 第六の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、一つの声が、神のみまえにある金の祭壇の四つの角から出て、新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 14節 ラッパを持っている第六の御使にこう呼びかけるのを、わたしは聞いた。「大ユウフラテ川のほとりにつながれている四人の御使を、解いてやれ」。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 15節 すると、その時、その日、その月、その年に備えておかれた四人の御使が、人間の三分の一を殺すために、解き放たれた。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 16節 騎兵隊の数は二億であった。わたしはその数を聞いた。, 二億の軍隊は中国以外ありえないです新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 17節 そして、まぼろしの中で、それらの馬とそれに乗っている者たちとを見ると、乗っている者たちは、火の色と青玉色と硫黄の色の胸当をつけていた。そして、それらの馬の頭はししの頭のようであって、その口から火と煙と硫黄とが、出ていた。中国軍の軍服と戦車です。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 18節 この三つの災害、すなわち、彼らの口から出て来る火と煙と硫黄とによって、人間の三分の一は殺されてしまった。2億の軍隊が人間の1/3を殺す、この文は非常に恐ろしいです。絶対戦車を日本に上陸させてはならない。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 19節 馬の力はその口と尾とにある。その尾はへびに似ていて、それに頭があり、その頭で人に害を加えるのである。尾は砲台で戦車生き物として見た場合砲台は尻尾に見える。その尻尾の先端から火と煙と硫黄、つまり火薬で人を殺す口は対人用の機関銃。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 20節 これらの災害で殺されずに残った人々は、自分の手で造ったものについて、悔い改めようとせず、また悪霊のたぐいや、金、銀、銅、石、木で造られ、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を礼拝して、やめようともしなかった。それでも人々は神を求めない、神に祈らない。新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 21節 また、彼らは、その犯した殺人や、まじないや、不品行や、盗みを悔い改めようとしなかった。これから起こる、中国を中心とした国との、大規模戦争、二億の軍隊、人類の1/3は死ぬ・・・。, プロの方、学者、説明するなら、私の解釈のように、全ての時間軸を繋げて、説明してください。, ヨハネ黙示録、再考察。コロナ、イナゴの襲来と黙示録が一致したと話題に。検証してみた, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 1節 第五の御使が、ラッパを吹き鳴らした。するとわたしは、一つの星が天から地に落ちて来るのを見た。この星に、底知れぬ所の穴を開くかぎが与えられた。, 私は一つの星が、天から地に落ちて来るのを見た、の解釈は星が落ちたような、衝撃的な出来事と解釈しています。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 2節 そして、この底知れぬ所の穴が開かれた。すると、その穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、その穴の煙で、太陽も空気も暗くなった。, コロアウィルスによる恐怖で、世界の雰囲気が悪くなった、空気が暗くなった。世界が不安や恐怖で包まれる。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 3節 その煙の中から、いなごが地上に出てきたが、地のさそりが持っているような力が、彼らに与えられた。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 5節 彼らは、人間を殺すことはしないで、五か月のあいだ苦しめることだけが許された。彼らの与える苦痛は、人がさそりにさされる時のような苦痛であった。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 6節 その時には、人々は死を求めても与えられず、死にたいと願っても、死は逃げて行くのである。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 7節 これらのいなごは、出陣の用意のととのえられた馬によく似ており、その頭には金の冠のようなものをつけ、その顔は人間の顔のようであり、, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 8節 また、そのかみの毛は女のかみのようであり、その歯はししの歯のようであった。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 9節 また、鉄の胸当のような胸当をつけており、その羽の音は、馬に引かれて戦場に急ぐ多くの戦車の響きのようであった, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 10節 その上、さそりのような尾と針とを持っている。その尾には、五か月のあいだ人間をそこなう力がある。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 11節 彼らは、底知れぬ所の使を王にいただいており、その名をヘブル語でアバドンと言い、ギリシヤ語ではアポルオンと言う。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 12節 第一のわざわいは、過ぎ去った。見よ、この後、なお二つのわざわいが来る。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 13節 第六の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、一つの声が、神のみまえにある金の祭壇の四つの角から出て、, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 14節 ラッパを持っている第六の御使にこう呼びかけるのを、わたしは聞いた。「大ユウフラテ川のほとりにつながれている四人の御使を、解いてやれ」。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 15節 すると、その時、その日、その月、その年に備えておかれた四人の御使が、人間の三分の一を殺すために、解き放たれた。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 16節 騎兵隊の数は二億であった。わたしはその数を聞いた。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 17節 そして、まぼろしの中で、それらの馬とそれに乗っている者たちとを見ると、乗っている者たちは、火の色と青玉色と硫黄の色の胸当をつけていた。そして、それらの馬の頭はししの頭のようであって、その口から火と煙と硫黄とが、出ていた。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 18節 この三つの災害、すなわち、彼らの口から出て来る火と煙と硫黄とによって、人間の三分の一は殺されてしまった。, 2億の軍隊が人間の1/3を殺す、この文は非常に恐ろしいです。絶対戦車を日本に上陸させてはならない。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 19節 馬の力はその口と尾とにある。その尾はへびに似ていて、それに頭があり、その頭で人に害を加えるのである。, 尾は砲台で戦車生き物として見た場合砲台は尻尾に見える。その尻尾の先端から火と煙と硫黄、つまり火薬で人を殺す, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 20節 これらの災害で殺されずに残った人々は、自分の手で造ったものについて、悔い改めようとせず、また悪霊のたぐいや、金、銀、銅、石、木で造られ、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を礼拝して、やめようともしなかった。, 新約聖書:ヨハネの黙示録:9章: 21節 また、彼らは、その犯した殺人や、まじないや、不品行や、盗みを悔い改めようとしなかった。, これから起こる、中国を中心とした国との、大規模戦争、二億の軍隊、人類の1/3は死ぬ・・・。, もしもコロナウィルスに感染したら…。コロナウィルスに効きそうなもの&感染予防できそうなもの.