上げたらキリがないですが、ただ単に目の前のレースや馬券よりもその裏にあるSTORYを考え、 妄想、ロマンの世界にふけるのが何よりの楽しみです。 - 1980年度中央競馬8大レースのすべて」という企画レコードもある。 また 1997年 には「杉本清のGI〜完全実況'97前期・後期」のタイトルでCD・ビデオを出している。 すばらしい競馬です! 武豊、河内洋、師弟コンビの一騎打ち!!」 (三宅正治アナウンサー) 2001年日本ダービー(1着ジャングルポケット) 「クロフネは、クロフネは伸びない!クロフネ伸びない! ジャングルポケット!ダンツフレーム! 強者たちによる春の最強馬決定戦!! 5月3日(日)  京都 11R 芝3200m 発走時刻 15:40 今年のドラマは多いですね(^^) 1.母メイショウベルーガから子メイショウテンゲンへ受け継がれた ... 牡馬クラシック三冠の開幕戦!今年は3強対決? 4月19日(日)  中山 11R  芝2000m 発走時刻 15:40 ココがポイント 3強対決の歴史と結果! 巷では今年は3強対決!なんて呼ばれてますね ... キャロットクラブ一口馬主 出資馬の紹介④⑤! キャロットクラブOur Blood 母馬優先も見据えて! 史上唯一の日米オークス制覇!シーザリオ ドバイワールドC 2着、エリザベス女王での豊Magic! ... 一騎当千で豪州の地でG1・2勝目を目指す! クイーンエリザベスS 2020年4月11日 (土)  ランドウィック競馬場 芝2000m 今年は、日本からは…ダノンプレミアムが一騎当千で世界へ挑みます! ... キャロットクラブ一口馬主 出資馬の紹介③! 競馬は「Blood Sports」名牝・名馬の系譜に夢を見る! ゴールデンサッシュ一族と聞いて皆さんは、どんな馬を思い浮かべますか? 筆頭格は、やはり… ス ... Copyright© STORYを愉しむ競馬の世界 , 2020 All Rights Reserved. 獣医師免許を所持しており 、大阪市役所職員として食品衛生などに関する業務を担当。 2006年より寺西裕一の主宰するスポーツアナウンサー養成講座を受講。 2008年4月に退職し、ユウセイプランニング所属のフリーアナウンサーとしてデビューした。。デビュー当初は荒尾競馬場で実況 今回は… 競馬を彩る、名騎手と名馬の絆を感じる名言をお届けします! <エントリーNo1> 23歳の若手と世紀末覇者のコンビと17年の歳月… オペラオーにはたくさんの物を貰ったが、あの馬には何も返せなか ... 競馬を彩る多彩な「名言」「格言」がありますが、今回は管理人の好きなTOP3をご紹介します!! いきなり第1位! ノーザンダンサーの血の一滴は1カラットのダイヤよりも価値がある ノーザンダンサーの血の価 ... ダービースタリオンやマキバオーに影響を受け、中学2年生で競馬に魅了され… 99年の有馬記念(スペシャルウィーク VS グラスワンダー)からどっぷり競馬の世界にはまってます。 ・ダービー馬:ディープブリランテ、キズナ、マカヒキ、ワグネリアン、ロジャーバローズ, 個人的には、その後の古馬との初対戦でハーツクライに敗れた(国内唯一の敗戦)も衝撃でした。, 個人的には、個の翌年にアグネスフライトの弟アグネスタキオンの兄弟+河内の2連覇を夢見ましたが…, -STORYを彩る名言・名実況 なんでやねん、4年連続で名フレーズの神実況の亡き三宅さんを語りましょう。 13: ... 三宅アナの実況好きだが、正直近い世代に塩原という比較対象があったからこそ余計に素晴らしく感じたのではないかと少し思うw 競馬にしてもF1にしても . 略歴. ‚P‚X‚W‚R”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒ~ƒXƒ^[ƒV[ƒr[j, ‚P‚X‚W‚S”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒVƒ“ƒ{ƒŠƒ‹ƒhƒ‹ƒtj, ‚P‚X‚W‚X”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒEƒBƒi[ƒYƒT[ƒNƒ‹j, ‚P‚X‚X‚O”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒAƒCƒlƒXƒtƒEƒWƒ“j, ‚P‚X‚X‚P”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒgƒEƒJƒCƒeƒCƒI[j, ‚P‚X‚X‚Q”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒ~ƒzƒmƒuƒ‹ƒ{ƒ“j, ‚P‚X‚X‚R”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒEƒCƒjƒ“ƒOƒ`ƒPƒbƒgj, ‚P‚X‚X‚S”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒiƒŠƒ^ƒuƒ‰ƒCƒAƒ“j, ‚P‚X‚X‚T”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒ^ƒ„ƒXƒcƒˆƒVj, ‚P‚X‚X‚U”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒtƒTƒCƒ`ƒRƒ“ƒRƒ‹ƒhj, ‚P‚X‚X‚V”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒTƒj[ƒuƒ‰ƒCƒAƒ“j, ‚P‚X‚X‚W”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒXƒyƒVƒƒƒ‹ƒEƒB[ƒNj, ‚P‚X‚X‚X”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒAƒhƒ}ƒCƒ„ƒxƒKj, ‚Q‚O‚O‚O”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒAƒOƒlƒXƒtƒ‰ƒCƒgj, ‚Q‚O‚O‚P”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒWƒƒƒ“ƒOƒ‹ƒ|ƒPƒbƒgj, ‚Q‚O‚O‚Q”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒ^ƒjƒmƒMƒ€ƒŒƒbƒgj, ‚Q‚O‚O‚R”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒlƒIƒ†ƒjƒ”ƒ@[ƒXj, ‚Q‚O‚O‚S”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒLƒ“ƒOƒJƒƒnƒƒnj, ‚Q‚O‚O‚T”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒfƒB[ƒvƒCƒ“ƒpƒNƒgj, ‚Q‚O‚O‚U”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒƒCƒVƒ‡ƒEƒTƒ€ƒ\ƒ“j, ‚Q‚O‚O‚W”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒfƒB[ƒvƒXƒJƒCj, ‚Q‚O‚O‚X”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒƒWƒ†ƒjƒ”ƒ@[ƒXj, ‚Q‚O‚P‚O”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒGƒCƒVƒ“ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…j, ‚Q‚O‚P‚P”N“ú–{ƒ_[ƒr[i‚P’…ƒIƒ‹ƒtƒF[ƒ”ƒ‹j. 杉本 清(すぎもと きよし、1937年2月19日[1] - )は、奈良県大和高田市出身のフリーアナウンサー・競馬ジャーナリスト。元関西テレビアナウンサーで、現在はアライバル所属。関西放送記者クラブ会友。血液型はB型。, 少年時代の夢はプロ野球選手であった。奈良県立高田高等学校在学中は野球部に所属していたが、猛特訓を受けた反動でスポーツ性の腎機能障害を患ってしまい、このことがきっかけで運動制限がかかってしまい、野球を断念する。この頃からラジオのナイター中継を聴いているうちに、プレーをしている選手よりも実況しているアナウンサーに興味が移っていった。, 高校卒業後は関西学院大学法学部[1]へ進学し、在学中の1960年に知人のツテを頼って関西テレビにアルバイトとして入社[2]。大道具担当[3]→編成担当を経て[4]、1961年に松本暢章の勧めでアナウンサー試験を受験し[5]、合格して正社員に登用される[6]。, 同年冬に研修で松本に連れられて行った阪神競馬場で馬券を的中させ、競馬の魅力に取り付かれる[7]。, 1962年の桜花賞中継でパドック担当のアナウンサーとなり[8]、同年6月の中央競馬ダイジェストで出張中の松本に代わって毎日杯の実況を担当[9]。まずまずの出来だった事もあり、以降はパドック担当に加え、土曜日のダイジェストの実況を担当する事になり[10]、次いでゲートリポートと勝利ジョッキーインタビュー担当も兼ねる様になった[11]。1969年からは競馬中継がカラー放送化され、番組がレギュラー化、放送時間拡大される事に伴い、正式に松本が司会進行役となりメイン実況担当の座を譲られた[12]。但し、実況自体はこれ以前にも現在のGII・GIII相当の重賞を担当した事があり、1966年4月17日に京都競馬場で行われたスワンステークス(優勝・バリモスニセイ)が、確認できる内では最古の杉本の実況である。, メイン実況の座を正式に譲られて最初の実況は桜花賞で[13]、実況の中で通過時計を入れたのは杉本が最初とされている[14]。実は栗田勝から『1600mのレースで、最初の800mを47秒で通過すれば前の馬は全部つぶれる』と聞いており[15]、この桜花賞がそのペースで展開していたため「ゴールまで800m、47秒かかりました。かなり速いペース、桜花賞ペースになっています。追い込み馬が届く展開です。」[16]と思わず言ったが、レースは待機策を採ったヒデコトブキが1番人気・トウメイを差し切って優勝し[14]、名手・栗田の予言通りとなった。しかし、レース後に関東のアナウンサーから、この実況を『優駿』を通じて指摘されている[15]。, 初期の実況では未熟さが露呈し、特に長距離レースの実況ではペースがうまく掴めず、最後の直線で声が一杯一杯になってしまう場面も多かった。代表例としてエリモジョージが逃げ切り勝ちを収めた1976年天皇賞・春が挙げられる[17]。1973年の天皇賞(春)では、双眼鏡で本命馬タイテエムを探すうちに見失ってしまい、あやふやな実況を余儀なくされたにも拘らず[18]、モニター画面ではタイテエムをしっかり映していたことや[19]、レースの翌日に『杉本さん、あなた、タイテエムを見失っていたでしょう』と競馬ファンから指摘されたこと[19]を切っ掛けに、双眼鏡を介した実況からモニター画面を重視した実況に変わっていった[20]。天皇賞の2週間程度前に行われた桜花賞でも2番人気・キシュウローレルをクインマハールと間違えて実況した。ほんの少しの間であったのと、タイテエムと違い、レースに勝利したのが間違えた馬達と関係無い1番人気・ニットウチドリだったこともあり、天皇賞の様な指摘は見当たらなかった。1973年の菊花賞の実況では3角にさしかかった2番手ハイセイコーを栗田勝から聞いていた言葉『ゆっくりと、ゆっくりと、ゆっくりと、下らなければなりません』と放送した[21]。それに対してよい反応があったため坂を意識して実況するようになったという[22]。ハイセイコーには特に思い入れがあったため、1974年秋の京都大賞典では『ミスターサラブレッド・ハイセイコー、これが関西最後の雄姿です』は引退を年末に控えているとは言うものの、現役馬を表現するのには異彩を放った放送であった。, テンポイントとの繋がりは各方面で数多く触れられており、1975年の阪神3歳ステークスの実況の評判を聞きつけたポリドール・レコードの関係者(「さらばハイセイコー」のレコードも担当)が、杉本に「歌を歌ってくれ」と依頼[23]。杉本は一応は歌ってレコーディングもしたものの、出来の酷さに結局は不採用となった[24]。このレコードが世に出た頃、テンポイントが初めて関東のレース[25]に出走することになり、ポリドール関係者は東京競馬場のパドックにテンポイント応援の横断幕を張った。これが、現在では各地で一般に見られるパドック掲示の横断幕の始まりと言われている。レコード関連では、1980年に「杉本清・競馬名勝負大一番! 『血の物語』『ライバル関係』『人の物語』『歴史』etc... 競馬を彩る名実況とstoryを名馬と共にお届けします。 ディープインパクト、武豊、河内洋、フライト、エアシャカールなど思い返しても胸熱なレースです。 「これはもうフロックでもなんでもない」なんて、大したフレーズでもないと思ってるけど、 実際にあのダービーのゴール前は、見てた人はまさにそう感じたはず ある意味、見たまんまなんだけど 変に言葉を飾るより、ストレートに言った方が心に響くこともある, 比べるのも烏滸がましいが これが例えば青嶋だったら、さんざん騒ぎ立てた上で用意しておいた陳腐なフレーズを連呼してただろう, もちろん好きだけど、ここからの 「サニーブライアン堂々と、二冠達成です」 「上がり3ハロン35秒1、この上がりでは後ろの馬は届かないっ!」 が狂おしいほど好き, 三宅アナの声質のせいか良い意味で独特の間抜け感がある気がする 悪く捉えれば締まりがないというのか、好きなんだけどね, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 【和む】妹「お母さんーこれかって!」母親「ダメ!戻してらっしゃい」→するとおねえちゃんが... 【競走馬】アーモンドアイ10位タイ フィエールマン13位タイ 「ワールドベストレースホース」最新ランキング, 【エリザベス女王杯】ノームコア・横山典「最初のコーナーまではゆっくり入れたけど、そこから気負ったのが…」, 「私もドームで野球観てみたい!今度連れてって!」と言われ連れて行ったら気分悪い観戦になった, 米国「トランプ応援!(大規模集会」トランプ「感涙」謎の勢力「飛び込めー!」CNN「だいたい平和(20人逮捕1人刺傷」トランプ「ワシントン市警出動しろ!市長は仕事しろ(憤怒」→.