羅生門の修理などは、元より誰も捨てて顧みる者がなかった。するとその荒れ果てたのをよい事にして、狐狸が棲む。盗人が棲む。とうとうしまいには、引取り手のない死体を、この門へ持って来て、棄てて行くという習慣さえ出来た。 映画のタイトルである『羅生門』はご存じ芥川龍之介の小説の名前です。 教科書に載っている小説なので読んだことがある人が大半でしょう。 「羅生門」と銘打っているのに内容が違うので戸惑った方もいるのではないでしょうか。 2.羅生門のモデルとなった、平安京の羅城門の説明をする。 本来なら都の入り口として、人々が行き交って賑わうはずが、 下人がたった一人であることに注目させる。 小さい頃、読んだ印象とは別ものに感じました。 当時は、暗く、恐ろしく、読み終えた本をパタンと閉じてしまった記憶があります。しかしこうして今、読み直してみると、深く心に沁み込んできます。以下に、作品のあらすじをまとめました。もちろんご存知でしょうが…。物語は、雨にふりこめられた下人が、行き所なく、羅生門で途方にくれている場面から始まります。, 四五日前に暇を出された下人は、喰うに困る状況、どうにもならない事を、どうにかする為には、手段を選んでいとまはない。選んでいれば、築土の下か、道ばたの土の上で、飢え死にをするばかりである。下人は一晩あかす場所はないかと辺りを見回す。すると幸門の上の樓へ上がる梯子が眼についた。上なら、人がいるにしても、どうせ死人ばかりである。この二三年、京都には、地震とか辻風とか火事とか飢饉とかいう災いがつづいて起こり洛中のさびれ方は一通りではない。羅生門の修理などは、元より誰も捨てて顧みる者がなかった。するとその荒れ果てたのをよい事にして、狐狸が棲む。盗人が棲む。とうとうしまいには、引取り手のない死体を、この門へ持って来て、棄てて行くという習慣さえ出来た。下人は、急な梯子を、一番上の段まで這うようにして上りつめた。見ると、樓の内には、幾つかの死骸が、無造作に棄ててある。下人の眼は、その時、はじめて、其死骸の中に蹲っている人間を見た。猿のような老婆である。その老婆は、女の死骸から長い髪の毛を抜きはじめた。下人の悪を憎む心は、勢いよく燃え上がった。下人は、老婆の腕をつかんで、ねじ倒した。「何をしているのだ」老婆は、烏のような声でとぎれとぎれに言った。「この髪を抜いてな、鬘にしようと思ったのじゃ」下人は、老婆の答えが存外、平凡なのに失望した。「成程な、死人の髪の毛を抜くという事は、何ぼう悪いことかも知れぬ。じゃが、ここにいる死人どもは皆、その位のことをされてもいい人間ばかりだぞよ。現に、わしが今、髪を抜いていた女などは、蛇の四寸ばかりづつに切って干したのを、干魚だというて、太刀帯の陣へ売りに住んだわ。わしは、この女のした事が悪いとは思うていぬ。せねば、飢死にをするのじゃて、仕方なくした事であろ。されば、今又、わしのしていた事も悪いこととは思わぬぞよ。これとてもやはりせねば、飢死をするのじゃて。」老婆は、大体こんな意味の事をいった。 下人は、太刀を鞘におさめて、冷然として、この話を聞いた。「では、己が引剥ぎをしようと恨むまいな。己もそうしなければ、餓死する体なのだ。」下人は、すばやく、老婆の着物を剥ぎとった。下人は、剥ぎとった着物をわきにかかえて、またたく間に梯子を夜の底にかけ下りた。下人の行方は、誰も知らない。, 本作には、下人や老婆を描くのに、多種多様な ≪ 獣 ≫ を比喩として使っています。, このような比喩は、下人や老婆の肉体や心理的状況が、人間以下の醜いものであることを現しているのでしょうが、あまりにも多用し過ぎている点に「何か別の意図があるのではないか」という疑いも生じてきました。 一方、《羅生門の丸柱にとまっている一匹のキリギリス》《下人のにきび》などの引用は、隠喩として効果的なので、作者は、比喩と暗喩の対比を楽しんでいたのかと感じました。, 『羅生門』を読んで、小説と戯曲(演劇)との、ある違いに気がつきました。 戯曲は、台詞しか書かれていない場合が多く、心理描写や行動は、大抵省かれています。気持ちや動きは、台詞をたよりに、役者や演出家が補って表現します。ところが小説は、設定も、登場人物の行動や言動、心理描写も含めてすべて、作家によって作られます。 特にこの『羅生門』という小説は、 下人の心理描写が、ことさら細かく動作に連動して書き込まれている点が、特徴的だと思います。 例えば、老婆が死骸をあさっている現場を初めて見た時には、, 「死体の女も、生前は食うために悪いこともしてきたし、自分もこうしなければ、餓死する身だ」という老婆の言葉をきっかけに、, と、連動しています。このような独特な表現方法のお陰で、読者は下人と一体化して、物語の世界観に入り込むことが出来るのではないでしょうか。, ※ これは、 旧GARADANIKKI (JUGEM) にアップした2012年09月07日 11:07付のコンテンツです。  hatenaへの引越しに伴い一日だけ先頭にアップし、後日 作成日へ以降する予定です。, 産地:東京(1958年物)ふたご座 羅生門の修理などは、元より誰も捨てて顧みる者がなかった。するとその荒れ果てたのをよい事にして、狐狸が棲む。盗人が棲む。とうとうしまいには、引取り手のない死体を、この門へ持って来て、棄てて行くという習慣さえ出来た。 小説「羅生門」のまとめと同時に、芥川龍之介という小説家が描きたかった人間の姿という物に焦点を合わせて解説いたします。 思考は現実化する、という有名な言葉がありますが、下人はそれを体現しているような男です。 羅生門(らしょうもん)とは。意味や解説、類語。⇒羅城門 (らじょうもん) 謡曲。五番目物。金春を除く各流。観世小次郎信光作。今昔物語などに取材。ワキ方中心の曲で、渡辺綱が羅生門にすむ鬼と戦い、鬼の片腕を斬 (き) り落とす。芥川竜之介の小説。 最近の動向: “尾根歩き” を主とする 「意味調べ」シリーズ、芥川龍之介「羅生門」 [ 第一段落 ] ・ 下人 … 身分の低い者 ・ 雨やみ … 雨がやむこと 趣味:読書 (古書にて) 羅生門の意味調べについては、宿題で出る場合がありますよね。 ただ、その中の言葉には辞書に載っている表現もあれば、載っていない表現もあります。そこで、ここでは、羅生門に出て来る表現の意味調べをして、まとめたのでご参考にして下さい。 ブログを報告する, 「恐怖が少しずつ消えていった。そうして、それと同時に、この老婆に対するはげしい憎悪が、少しずつ動いて来た。」, 「今まではげしく燃えていた憎悪の心が冷めてしまった。後に残ったのは、唯、或仕事をして、それが円満に成就した時の、安らかな得意と満足とがあるばかりである。」, 「平凡なのに失望すると同時に、又前の憎悪が、冷ややかな侮蔑と一緒に、心の中にはいって来た」. 芥川龍之介さんの作品「羅生門」がなぜ、羅城門ではなく羅生門なのか、歴史的な事実を含めて教えてください。本来は羅城門ですね。ただし、読みは漢音の「らせいもん」、呉音の「らじょうもん」のどちらも発音されていたようです。漢字の https://www.amazon.co.jp/dp/B003NX4GRE/?tag=cinema-notes-22, 日本では全く期待されておらず興行的にも振るわなかったにも関わらず、海外で絶賛されたのです。, 日本映画として初めてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞とアカデミー賞名誉賞を受賞し、黒澤明や日本映画が世界で認知・評価されるきっかけとなった。, ここでは原作となった芥川龍之介の原作と、その原作にないシーンの意図を解説していきます。, 細かな違い(侍烏帽子が落ちている・守り袋の有無)は多々ありますが、映画と原作小説との大きな違いは以下の三つです。, 映画では、物語は雨の羅生門の下で杣売りと旅法師が下人に語りかける形を取っています。, 原作では、検非違使の白洲で関係者が語ったことを書き取った調書のような形となっています。, 小説の語り口は冷静さを感じさせ、そのあまりの怜悧さに鳥肌が立つほど洗練されています。, 小説『羅生門』では盗人の業が生々しく描かれており、羅生門は人間の業の象徴であるといえます。, おどろおどろしい羅生門の下で語られる奇妙な話というのは、観客の覗き見根性を煽るような舞台設定といえるかもしれません。, この小説に対するひとつの解釈として、黒澤明と橋本忍(黒澤と共同で脚本を制作した脚本家)が杣売りの視点を付け加えています。, 人間の業の象徴である羅生門の下で語られるにふさわしい、泥臭く不格好で人間臭い真実となっています。, 杣売りや旅法師にキャラクターを与え人間性を持たせたのは映画のオリジナル要素といえます。, また、小説『羅生門』に出てくる下人を彷彿とさせる人物を登場させたのも映画の脚色です。, 【羅生門(ネタバレ)】芥川龍之介の原作との違いを解説!付け加えられたシーンに込められた監督の意図は?赤ん坊の示すものとは, 【記憶にございません!】総理にいつ記憶が戻ったのかを徹底考察!料理人へ質問した理由と外務大臣の存在が与える影響にも迫る, 【グランド・イリュージョン(ネタバレ)】ラストに繋がる伏線を整理して解説!黒幕の存在はさまざまな部分に垣間見えていた…!, 【蛇にピアス(ネタバレ)】ラストの意味を徹底考察!アマを殺した犯人は誰?ルイが刺青に眼を入れた理由は?生きる意味にも迫る, 【クリーピー 偽りの隣人(ネタバレ)】注射とクッキーの正体を考察!なぜサキは殺されなかった?家の配置にこだわった意味とは, 【キューブ】キューブの首謀者を徹底考察!入れられる人の本当の選び方とは?記憶処理の理由も紹介。ラストの意味にも迫る, 【子宮に沈める】ラストシーンの意味を考察!描かれた日本社会の闇と由希子の決断の関係は?彼女の心情やタイトルの意味にも迫る, 【GANTZ(ネタバレ)】GANTZは何のために存在するのか徹底考察!先に攻撃したのは人間?なぜ死者を兵士として使うのか, 【コララインとボタンの魔女】魔女の正体とその後を徹底考察!児童作品に恐怖や切なさを感じる理由は?猫やクモの意味もご紹介!, 【ソルト(ネタバレ)】結末でソルトが逃された理由を徹底考察!彼女がロシアを裏切った理由は?CIAはなぜソルトを信じたのか, 【キャビン(ネタバレ)】結末の意味を徹底解説!様々な作品のオマージュをいくつ見つけられた?科学者の目的は果たされたのか, 【T2 トレインスポッティング(ネタバレ)】レントンが仲間に会いに行った目的を考察!ベロニカが金を持ち逃げした理由とは, 【グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~(ネタバレ)】「グッドバイ」と別れる理由を考察!なぜ医者だけが2人の嘘を見抜けた?, 【五億円のじんせい(ネタバレ)】結末の言葉に込められた真意を徹底考察!初めて自分で稼いだお金を手にした望来の心情も深読み, 【チャイルド・プレイ2(ネタバレ)】肉体乗っ取りに失敗した原因を考察!アンディを最後まで殺そうとしたチャッキーの執念とは, 【search/サーチ(ネタバレ)】真犯人の正体と目的を考察!レッスン料の行方は?ヴィック刑事を怪しんだきっかけに迫る, 【ダウト~嘘つきオトコは誰?~(ネタバレ)】占い結果の真意を考察!お見合い相手と結ばれた理由は?人間の嘘の本質に迫る, 【ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち(ネタバレ)】不思議な体験を考察!アーミッシュに対する意識の変化とは, 【チョコレート・ファイター(ネタバレ)】マサシにゼンが寄り添うラストの意味を考察!バッジを組に返したマサシの決意に迫る, 【ソニック・ザ・ムービー】ソニックが地球に残る選択をした理由を徹底考察!ロボトニック博士の企みとは?トムとの友情にも迫る, 【影裏(ネタバレ)】互助会の書類を見て今野が泣いた理由を考察!釣り場で日浅の幻が現れた意味とは?日浅の生死の真相に迫る.