加茂郡富加町滝田1511 0574-54-2111 ナ行 中津川市 <外部リンク> なかつがわし 508-8501 中津川市かやの木町2-1 0573-66-1111 ハ行 羽島市 <外部リンク> はしまし 501-6292 羽島市竹鼻町55 058-392-1111 東白川村 509-1392 川邊 健太郎(かわべ けんたろう、1974年〈昭和49年〉10月19日 - )は、日本のメディアプロデューサー、実業家。Zホールディングス株式会社代表取締役社長CEO、ヤフー株式会社代表取締役社長CEO、一般社団法人日本IT団体連盟代表理事兼会長、Yahoo!基金理事長、一般社団法人日本インタラクティブ広告協会副理事長。東京都渋谷区出身[1]。, 青山学院初等部、青山学院中等部・高等部を経て、1998年に青山学院大学法学部を卒業[2][3]。, 1995年、青山学院大学在学中に電脳隊を設立、1999年9月に代表取締役社長に就任[3]。1999年12月にピー・アイ・エムを設立[3]。2000年にヤフー(現・Zホールディングス)とピー・アイ・エムの合併に伴いヤフー(現・Zホールディングス)に入社、Yahoo!モバイル担当プロデューサーに就任[3]。Yahoo!みんなの政治、Yahoo!ニュースの責任者を経て、2009年にGyao(現・GYAO)代表取締役社長に就任[3]。, 2012年7月にヤフー(現・Zホールディングス)副社長、2018年6月に代表取締役社長に就任。, https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/auto_20190617171100_S100FY28/pdfFile.pdf, “ヤフー株式会社の株式会社GyaOへの出資について 日本最大級のオフィシャル映像配信プラットフォームの誕生 映像配信ビジネスの拡大へ”, https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2009/04/07a/, https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/news-7173835896730173930/main/0/link/jp20120301.pdf, https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/news-285324046221557661/main/0/link/jp20120702.pdf, https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/news8418955534807283876/main/0/link/jp20130225.pdf, “GYAOとグリー、アニメコンテンツへの投資を目的としたファンドを運営する新会社「株式会社アニマティック」を設立”, http://www.animatic.jp/news/news201305311600.html, https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/news-5423832047009106631/main/0/link/jp20140516_2.pdf, https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/news5704861007752303321/main/0/link/jp20150521_3.pdf, https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/news-3763139891766201832/main/0/link/jp20170227.pdf, “新執行体制への移行および代表取締役の異動(内定)ならびに定款の一部変更に関するお知らせ”, https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/news-953182988143548920/main/0/link/jp20180124.pdf, https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2018/20180905_02/, 2003年(平成15年) - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社)Yahoo!モバイル担当プロデューサー兼, 2009年(平成21年) - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社)メディア事業統括本部メディア, 2012年(平成24年)4月 - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社), 2012年(平成24年)7月 - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社), 2013年(平成25年)4月 - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社)副社長COO, 2014年(平成26年)6月 - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社)取締役副社長COO, 2015年(平成27年)6月 - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社)副社長執行役員COO, 2017年(平成29年)4月 - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社)副社長執行役員COO, 2018年(平成30年)4月 - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社)副社長執行役員, 2018年(平成30年)6月 - ヤフー株式会社(現・Zホールディングス株式会社)代表取締役社長CEO(現任), 2019年(令和元年)5月 - 紀尾井町分割準備株式会社(現・ヤフー株式会社)設立 代表取締役社長CEO(現任)。, 2014年(平成26年) - 「G1新世代リーダー・アワード」経済の部(一般社団法人G1). ノンバックラッシの高精度機器メーカー 加茂精工株式会社。加茂精工株式会社の主力製品は、モーターの回転速度を機械のアーム等へ伝達する減速機で、従来不可能であったバックラッシ(逆転時の遊び)ゼロを実現したボール減速機。 ^川邊健太郎 (2011年7月12日). 加茂正治(代表取締役社長) 資本金 116億3,848万4千円 (2010年 1月20日現在) 発行済株式総数 69,032,236株(2009年 8月現在) 売上高 398億400万円(2009年8月期) 営業利益 9億2700万円(2009年8月期) 純利益 36億 株式会社BMB(英称:BMB Corporation)(旧商号:株式会社ユーズ・BMB エンタテイメント)は、かつて存在した通信カラオケ機器の製造・開発・運用を事業とする会社。2010年5月にエクシングヘ吸収合併され消滅している。, 海外向けの関連会社(インターナショナル、中国(上海))は2016年5月現在BMBを名乗りつづけている(外部リンク参照)。, もともとは日光堂という名称で、カラオケ黎明期から演奏機器の開発や音源製作などの業務を行っていたが、2000年からUSENグループに入り(USEN子会社)、2001年(平成13年)3月にユーズ・BMBエンタテイメントへ社名変更、2005年(平成17年)1月1日からBMBに再度変更された。「BMB」は「Best Music Boomer」の略[1]。, 業務用通信カラオケ「neon」「B-kara」や次世代機の「UGA」が有名であった。2010年(平成22年)1月20日に親会社がUSENから同業者のエクシングへ異動し(後述)、同年7月1日にエクシングに吸収合併され解散した[2][3][4]。, この他、セガ・ミュージック・ネットワークスの全株式の取得以来、取得時現在ではまだマイナーであった「ヒトカラ」の商標権を同社から譲受の上保有していた。, 2009年(平成21年)9月30日に、親会社のUSENが保有する同社株式を全てブラザー工業に売却することで基本合意したことが明らかになった[5]。同年2009年10月30日に、ブラザー工業の子会社エクシングが1円でBMBの全株式を取得し債務の230億円も引き継ぐ譲渡契約を締結[6][7][8]。独占禁止法に基づく公正取引委員会の審査を経て、翌2010年(平成22年)1月20日にエクシングがBMBの全株式を取得した[9][10]。買収当初は当分の間2社2ブランド体制を継続しUGAもBMBが運営する方針であったが、統合効果の早期実現を優先して、2010年(平成22年)5月10日に親会社のエクシングを存続会社とする合併契約を締結、同年7月1日付でBMBは解散した[3][4]。これで新生エクシングは業務用通信カラオケ業界でJOYSOUNDとUGAを保有することになり、業界はエクシングと第一興商がほぼ100%のシェアを握る複占状態となった。なお株式を売却したUSENとは、合併後も当分の間業務取引関係を継続するが、旧BMBの子会社や各地事業所の統廃合等については、旧BMBやエクシング・ブラザー工業からの発表においては触れられていないものの、事業所の統廃合は行われたようである。, 2003年6月 - 有線ブロードネットワークスから「U-kara」シリーズの権利を譲受。, 同月 - 東映ビデオと業務提携、「東映 BeMAX'S」の権利を獲得。BMBは「BeMAX'S」シリーズ全機種の権利を獲得した。, 2004年12月 - ジャスダック証券取引所の発足に伴い、店頭登録から新生ジャスダックへ指定替え。, 2007年8月 - エンタテインメントテーブル「UGAパーティーステーション」を発売。, 2010年3月 - 子会社の株式会社スタンダードが同じく子会社の株式会社タイカンエンタープライズを吸収合併。. 累積100億円の赤字事業を2年で黒字化した若手社長が語る「結果を出す人」の秘訣とは?――Gyao社長・川邊健太郎氏【前編】.インタビュアー:南壮一郎.