とわたしたちの推理をある方向に誘っていきます。それに続くのがこの文章です。 これは、ある絵師が極限のリアリズムを追求し、全てを犠牲にして、究極の地獄絵図を描き上げるという話。題材は宇治拾遺物語。 芥川龍之介の場合、統合失調症をわずらっていたのではないかといわれています。 ↓ 「舞踏会」「われわれの生(ヴィ)のような花火のことを」こんなにも悲しくも美しい、儚くもしぶとい言葉に、長い間触れていなかった気がします。 衆合地獄(しゅうごう) と打ち消してみせる。さらに 「色を御好みになつたと申しますのは、恐らく牽強附会の説」 博愛主義の私は衆合地獄ですかねw 「芋粥」読んでいて、悲しくなりました。涙が出るほど、という意味ではなくて、ただただ「哀れ」とはこういうことなのか、と。 上の5つの地獄の業火も雪や霜のように感じるという。, 大焦熱や阿鼻地獄は余程の極悪人しかいかないので、多くはこの焦熱地獄に落ちる事になりそう。 自身の「芸術と人生」を形象化したもの? この人の特徴の一つなのかな?文章がNHKの大河ドラマのナレーターみたいな語り口調なので昔話っぽくて意外。 「どうも」ってどういう, 前回の質問と重複しているかも知れませんが…【形容詞】に関する質問です。どうも理解し難く苦戦中です。, なぜ1は「いち」と読んで、2は「に」と読んで、3は「さん」と読んで、4は「よん」と読んで、5は「ご」. 襲われたのか、言い寄られたのか、男か女かも不明で、話者が問いかけても娘は返事をしません。 私は意識しないと思いますよ 他人を冤罪に陥れた者、人に迷惑をかけたのに罰せられない奴、そして検察官や判事が行く疑獄がある。 ナポレオンは大量殺人を犯したが、英雄とされる。 こう考えていくと、「足音」の主は「良秀」であるという解釈も成り立つのです。 そうしたわけで、一家に一台(一冊)備えておきたいのが、本物の地獄をビジュアルでガンガン見せてくれるこの本である。, 等活地獄(とうかつ) ・地獄変 これはきっと今の整形に対する批判に間違いない。笑 『地獄変/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。これにまつわる話ほど、恐ろしいものはまたとない。何も捨てることができない人には、何も変えることはできないだろう。至上の目的のためならば人間性は切り捨てるべきなのか。 これに関しては、質問者さんもご指摘のように三通りの推測が可能でしょう。 といいながら、そのすぐあとに 極端な悪はその先は善になり、極端な善のその先は悪という理論が、成立するか? とチャレンジしたのかな?とも思えます。 こやつらが行く地獄こそが最悪の重罪の地獄。, 鬼(?)も大変だな。殺しては生き返らせ、そして殺してまた生き返らせて… と、ラスコーリニコフは都合のいいように解釈し、殺人を善だとしようとした。 私の場合、この作品は、超越について芥川が模索していると感じました。 娘があの夜、会っていたのが誰ととるかで、この話は変わるのよね。 一種の精神的拷問 一言言ってアホらしいですw 同じ「地獄変」でも随分と雰囲気の違うイラストでした。 久々の文学ものでしたが、やっぱり流石、の一言に尽きると思います。12編の小品が納められていますが、中でも特に心に残ったものたちの感想をば。 「芋粥」読んでいて、悲しくなりました。 でもそうなると良秀が夢の中で娘が地獄に行く事を知っていたのはなんだったんだろうなと。 【斬新日本史マンガ】火雷天気毒王の降臨!清涼殿落雷事件で藤原の微妙キャラを焼き、そして……. ・鼻 芥川龍之介が、どのような思想を持っていたのか、残念ながら知りません。  文学については、ほとんど無知で根拠となる考えができません。 P.37 >この作品は、死者を見舞う役割を果たしている感じもします。 大人になった今登場人物それぞれのパーソナルな部分を読み取ると、何ともあれこれ考えさせられる。 スポンサーリンク 芥川龍之介は、リアルではそれは駄目だと知っており、だから空想の世界のみにとどめてくれたんじゃないかと。 ライオンがシマウマ食べるのも地獄? 鬼も地獄に落ちるべきですね 概要 『地獄変』が元にしている「宇治拾遺物語」は鎌倉時代の古典で、芥川がよく材料にする「今昔物語集」は平安時代のもの。どちらも古語辞典なしでは読めないけれども、芥川の短編を読んで興味を持 … 阿鼻地獄(あび), 浅いといっても地上からなんと1000由旬(ゆじゅん)もある。由旬といってもなんだか分からない距離の単位だから、まあ適当にキロとでも考えればいいんではないか。, 死んでも鬼(獄舎)が「活活」と唱えると、生き返ってしまい、またやり直し。それを延々と繰り返されるのだ。それで等活地獄。, ただ、1番目の地獄だけあって、抜け道がある。金棒をもった鬼から逃げ切ればOKなのだ!, もちろんそんな甘くはなく、地獄の門を抜け出しても、外にはさらに16の小地獄があるというトラップ。ある意味で、この小地獄が本体よりきつい。, その1 煮え立ったうんこや尿を無理やりのまされる「屎泥処(しでいしょ)」。がんばって食べたら、その中には特殊なギョウ虫がいてはらわたから食われるというオプション付き, その2 刃になった葉が生い茂った山を駆け上らないといけない「刀輪処(とうりんしょ)」, でも、殺人者のみなさん、安心してほしい。 教えてください。, No.2です。 >では、芥川は主人公の良秀に自分を重ね合わせたのでしょうか? 女子と小人は養い難しの意味は どちらも馬鹿で何を教えても理解出来ないう意味ですか? 殿様を立てなければならない立場でありながら、ところどころこっそり殿様への不信を忍ばせているようなところもあるんですよね。 科学的にも証明されてない非科学的なことじゃないか。, 一番罪の軽いとうかつじごくは、虫を殺しただけで、有罪判決なんです。エンマダイオウサマ、きびしすぎー, 子供のころ、友達の本で読みました(どういう人だったんだろ)アヒジゴクは、無期刑ですが、そのすぐ上に位置している(2番目に重い地獄)大焦熱地獄は、無期刑に近い、と、ありました。こうなってくると、ゴキブリの殺生も考えないと, 衆合地獄についてですが、付け加えあります。針の木だけじゃなくて、餅つきにされたり銅の山に押しつぶされて圧殺されたりする拷問もあります。これなら等活や黒縄よりも重い地獄であることが納得です。, もしもこの地獄の拷問が針の木だけだったら、順番変えるべきです。①等活②黒縄③衆合→→①衆合②等活③黒縄, 検索ボックスにお好みのキーワードを入れて下さい。当サイト内の記事を探せます。