宫本恒靖(1977年2月7日-),已退役日本足球运动员,司职后卫,現任大阪飛腳主教練,前日本國家足球隊隊長。, 宫本恒靖出生在大阪府富田林市,初中时就在关西地区被选拔,早早地显露出了足球的天赋,同时他的学习也十分优秀。父母告诉宫本“仅有足球的人生是失败的”,于是他进入了大阪屈指可数的重点高中。, 宫本恒靖在白天学习,傍晚开始在日职球队大阪飞腳的青年队进行练习。他在回家的电车里阅读参考书,每天晚上都超过10点才到家。而后宫本被学校推荐进入同志社大学经济系,同时他也成了一名职业球员。, 1995年,宫本恒靖首次通过大学比赛,入选了日职球队大阪飞腳[2],6月24日迎来了自己的第一场日职联赛比赛。1997年他正式成为大阪飞腳的主力球员,后成为球队队长并率队夺得了队史首冠。, 2006-07年赛季与三都主同时加盟奥地利球队萨尔茨堡红牛,身披14号球衣[3][4]。2009年1月回国,以中泽佑二替身的方式加盟了神户胜利船 [5]。, 2011年他宣布退役[6][2][7],2015年起他开始成为大阪飞腳的青训教練。, 2000年6月18日,宫本恒靖首次代表日本国家队出场,以2-0击败了玻利维亚 [1][8]。, 宫本恒靖在2002年世界杯上与俄罗斯国家足球队俄罗斯的比赛中宫本恒靖表现优异,一举取代森冈隆三成为日本队防线核心力量。, 2002年世界杯上,面部重伤的宫本恒靖带着铁面具参加比赛,被崇尚勇士的日本球迷所崇拜,同时也赢得了队友的普遍尊敬。, 凭借着12年效力大阪飞腳的资历,他的威信甚至超过了中田英寿,是主帅济科手下的日本队的队长。, 2015年起宫本恒靖开始成为青训教练,并在2016年开始执教青年队[9],2017赛季成为了大阪飞腳U23的主帅。, 2018年7月,大阪飞腳官方宣布球队主帅库尔皮(英语:Levir Culpi)离任,U23主帅宫本恒靖出任一线队主教练[10]。, 宮本 恒靖U-23監督 トップチーム監督就任、實好 礼忠ユース監督 U-23監督就任のお知らせ, https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=宫本恒靖&oldid=62577033. 2020.04.24 【テレビ】nhk大阪「かんさい熱視線」オンライン出演; 2020.04.06 宮本恒靖からメッセージ; 2018.07.23 ガンバ大阪 トップチーム監督に就任; 2018.06.17 【テレビ】2018 fifa world cup russia™ 解説および出演 ; 2017.12.06 【テレビ】wowow「クラシコ直前! 宮本恒靖×ハリルホジッチsp対談 ~レア … サッカー日本代表の宮本恒靖選手って結婚してるんですねー。あまり奥さんのこと聞いたことないですけど、誰と結婚したんですか?やはりモデルとかタレントでしょうか。ちなみに、ベルギーに行ってしまった鈴木隆行選手には恋人はいますか ‚é‚Æ‚«A‘‹L‹Ç‚âo”Å‹Ç‚È‚Ç‚É‚æ‚鎖‘OŒŸ‰{E‘‚«’¼‚µEo”Å‹–‰Â‚ðŽó‚¯‚éB•s”j“NŽO‚́Aˆêl‚¾‚¯, w“ú–{‹¤ŽY“}‚ƃnƒ“ƒKƒŠ[Ž–ŒA‘æ‚SÍ‘S•¶x, wƒXƒ^[ƒŠƒ“”á”»Eƒnƒ“ƒKƒŠ[Ž–Œ‚Æ“ú–{‹¤ŽY“}x, w—܂̏d‚݁|‰f‰æuŒN‚̗܃hƒiƒE‚É—¬‚êv‚ðŠÏ‚āx, ã“cŒš“ñ˜Y–¼‹`‚̒Ëvˆä“y’n‚X‚W‚XD‚V‚Q’ØŒ —˜, @‹{–{Œ°Ž¡w•S‡Žq‚ւ̏\“ñ”Nxw‹{–{Œ°Ž¡Œö”»‹L˜^x‚Ƃ́A, ƒ}ƒOƒ}‚̂悤‚ɁA‚W‚OÎ‚É‚È‚Á‚Ä‚©‚甚”­“I•¬‰Î, •s”j“NŽO‚±‚Æ‚W‚PÎã“cŒš“ñ˜Y‚Ì“}“àŽÀŒ Œp³, Ž€Œã‚Ì‹°•|“}“àŠO‚©‚ç•s”j”á”»–u”­‚ƋƐі•ŽE. 井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家。文化功労者、文化勲章受章。, 小説は同時代を舞台とするもの(『猟銃』、『闘牛』、『氷壁』他)、自伝的色彩の強いもの(後述。『あすなろ物語』、『しろばんば』他)に加え、歴史に取材したものに大別される。歴史小説は、日本で特に戦国時代(『風林火山』、『真田軍記』、『淀どの日記』他)、中国ではとりわけ西域を題材にした(『敦煌』、『楼蘭』、『天平の甍』他)ものを多く描いた。巧みな構成と詩情豊かな作風は今日でも広く愛され、映画・ドラマ・舞台化の動きも絶えない。, 歴史作品を中心に各国語に翻訳され、日本ペンクラブ会長時代にはしばしばノーベル文学賞の候補とされた。読売新聞は2012年3月にノーベル委員会のペール・ベストベリー委員長に取材し、「井上靖が、非常に真剣に討論されていた」といったコメントを得たことを報じた[5]。川端康成が受賞した翌年の1969年には実際に候補(ロングリスト)に挙げられたことが判明している[6]。, 『しろばんば』、『夏草冬濤』、『北の海』は、自身がモデルの主人公・伊上洪作が幼少期から青年に至るまで自伝的な作品である(井上靖自伝的小説三部作[7])。『しろばんば』[8]は静岡県伊豆湯ヶ島(現:伊豆市湯ヶ島)で過ごした幼少時代の、『夏草冬涛』は旧制沼津中学校の生徒だった頃の、『北の海』は沼津中学卒業後の沼津での浪人生活の1年近くの日々を描いたもので、その日常、あるいは旧制第四高等学校の練習に誘われ、寝技主体の柔道、いわゆる高専柔道に明け暮れる洪作が生き生きと描かれている。井上靖の周囲に実在した人物がモデルとして多く登場し、特に『しろばんば』中に登場する、曽祖父の妾で洪作とは血の繋がらない「おぬいばあさん」(実在の名は「おかの」)との生活は、井上靖の人格形成を語る上で欠かせないものである。, その他、老いの境地に入った実母・八重について書いた作者晩年の短編三部作として『花の下』、『月光』、『雪の面』がある(講談社文庫より『わが母の記 -花の下・月の光・雪の面-』の題名で発行され、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ受賞の映画『わが母の記』にもなった)。, 流転 - 戦国無頼 - あすなろ物語 - 風林火山 - 淀どの日記 - 氷壁 - 天平の甍 - 敦煌 - ある落日 - 蒼き狼 - しろばんば - 風濤 - 夏草冬濤 - おろしや国酔夢譚 - 化石 - 額田女王 - 北の海 - わが母の記 - 本覚坊遺文 - 孔子, 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=井上靖&oldid=80211115, 北海道生まれだが出身地は静岡県である。随筆『郷里伊豆』に「私は北海道旭川で生まれた。しかし年鑑や名簿などでは私の出生地は殆ど静岡県になっている。自分で書く時は出生地は旭川、出身地は静岡県と区別して書くが…」と記している。, 天寿を全うし、最晩年のがんを除けば病気らしい病気もしなかったといわれるが、文壇の酒豪番付の横綱常連で、60・70代になっても酒量が増え続けるほどだったという。ノーベル賞を逃した夜は、無礼講で「ノーメル賞だ」と知人らにふるまった。, 著作の一つ『蒼き狼』の執筆の動機として、著者が旧制中学生の頃に「成吉思汗は源義経也、非ず」という論争が『中央史壇』で行われており、著者が第四高等学校へ進学した時にその友人がこの論争について言及していた事をきっかけとして、帝国大学へ進学してから『中央史壇』におけるくだんの記事を読み関心を持った(新潮文庫版『蒼き狼』の著者あとがきより)。, 『黯い潮』文藝春秋新社 1950.10 のち角川文庫、文春文庫『黯い潮・霧の道』(, 収録:「死と恋と波と」「あすなろう」「七人の紳士」「波紋」「断雲」「石庭」「流星」「踊る葬列」, 収録:「傍観者」「三ノ宮炎上」「夜明けの海」「結婚記念日」「表彰」「ある愛情」「斜面」「かしわんば」, 収録:「夏花」「あげは蝶」「滝へ降りる道」「晩夏」「白い手」「悪魔」「千代の帰郷」「黄色い鞄」「大いなる墓」, 収録:「氷の下」「仔犬と香水瓶」「ある自殺未遂」「楼門」「北の駅路」「貧血と花と爆弾」, 収録:「暗い平原」「水溜りの中の瞳」「小さい旋風」「鵯」「落葉松」「頭蓋のある部屋」, 収録:「春のうねり」「ある日曜日」「風わたる」「勝負」「石の面」「驟雨」「稲妻」「赤い爪」「鮎と競馬」, 収録:「末裔」「湖上の兎」「楕円形の月」「ある偽作家の生涯」「玉椀記」「利休の死」「漆胡樽」「比良のシャクナゲ」「猟銃」, 収録:「断崖」「みどりと恵子」「青い照明」「春の雑木林」「小鳥寺」「昔の愛人」「爆竹」「瞬間」「梧桐の窓」「湖の光」, 収録:「騎手」「失われた時間」「黙契」「燃ゆる緋色」「湖岸」「ダムの春」「風のある午後」「ある兵隊の死」, 収録:「昔の恩人」「颱風見舞」「紅白の餅」「秘密」「白い街道」「初代権兵衛」「その日そんな時刻」, 収録:「ざくろの花」「殺意」「野を分ける風」「二つの秘密」「ひとり旅」「二枚の招待状」, 収録:「胡桃林」「姨捨」「グウドル氏の手套」「湖の中の川」「大洗の月」「俘囚」「山の少女」「花粉」「夏の雲」, 収録:「夜明けの海」「結婚記念日」「表彰」「ある愛情」「斜面」「かしわんば」「蜜柑畠」「舞台」「千代の帰郷」, 収録:「山の湖」「昔の恩人」「紅白の餅」「秘密」「初代権兵衛」「その日そんな時刻」, 収録:「少年」「晩夏」「滝へ降りる道」「颱風見舞」「白い街道」「黙契」「驟雨」「ざくろの花」, 収録:「風」「天正十年元旦」「帰郷」「梅」「青いボート」「再会」「古九谷」「秘密」「無蓋貨車」「杢さん」「青いカフスボタン」「ほくろのある金魚」「ひと朝だけの朝顔」「岬の絵」, 収録:「満月」「花のある岩場」「四つの面」「司戸若雄年譜」「夏の終り」「ある関係」「屋上」「良夜」「波の音」「ボタン」, 収録:「凍れる樹」「晴着」「北国の春」「一年契約」「色のある闇」「どうぞお先に」「眼」「面」「故里美し」, 収録:「ローマの宿」「フライイング」「ローヌ川」「テぺのある街にて」「アム・ダリヤの水溜まり」, 収録:「海の欠片」「ある交友」「胡姫」「土の絵」「春の入り江」「別れの旅」「城あと」「青葉の旅」「冬の月」「海」「トランプ占い」, 収録:「明るい海」「富士の見える日」「奇妙な夜」「監視者」「ある旅行」「盛装」「加芽子の結婚」「見合の日」「二つの挿話」「火の燃える海」「コント四篇」, 収録:「帽子」「魔法壜」「あかね雲」「魔法の椅子」「夏の焔」「馬とばし」「ハムちゃんの正月」「岩の上」「裸の梢」「ある女の死」「とんぼ」, 収録:「早春の墓参」「鵯」「落葉松」「氷の下」「楼門」「末裔」「湖上の兎」「楕円形の月」, 収録:「姨捨」「胡桃林」「グウドル氏の手套」「湖の中の川」「大洗の月」「孤猿」「蘆」「川の話」「湖上の兎」「俘囚」「花粉」「四つの面」, 収録:「楼蘭」「洪水」「異域の人」「狼災記」「羅刹女国」「僧伽羅国縁起」「宦者中行説」「褒姒の笑い」「幽鬼」「補陀落渡海記」「小磐梯」「北の駅路」, 収録:「漆胡樽」「利休の死」「信松尼記」「幽鬼」「僧行賀の涙」「楼蘭」「洪水」「宦者中行説」「褒姒の笑い」「異域の人」, 収録:「孤猿」「玉椀記」「ある偽作家の生涯」「北の駅路」「大洗の月」「湖上の兎」「グウドル氏の手套」「姨捨」「湖の中の川」「小磐梯」, 収録:「結婚記念日」「ある日曜日」「ボタン」「黙契」「暗い舞踏会」「司戸若雄年譜」「三ノ宮炎上」「楼門」, 収録:「海野能登守自刃」「本田忠勝の女」「むしろの差物」「真田影武者」「篝火」「高嶺の花」「犬坊狂乱」「桶狭間」「天正十年元旦」「佐治与九郎覚書」「川村権七逐電」, 収録:単行本『崑崙の玉』収録全作に加えて、「永泰公主の首飾り」「塔二と弥三」「明妃曲」, 収録:「桶狭間」「平蜘蛛の釜」「信康自刃」「天正十年元旦」「天目山の雲」「利休の死」「佐治与九郎覚書」「漂流」「塔二と弥三」「明妃曲」「異域の人」「永泰公主の首飾り」, 収録:「満月」「舞台」「考える人」「初代権兵衛」「胡桃林」「碧落」「チャンピオン」「頭蓋のある部屋」, 収録:「ある兵隊の死」「雷雨」「勝負」「楕円形の月」「氷の下」「滝へ降りる道」「晩夏」「投網」「黙契」「颱風見舞」「神かくし」, 収録:「花のある岩場」「末裔」「鵯」「落葉松」「花粉」「屋上」「俘囚」「夏の終り」「氷の下」「早春の墓参」, 収録:単行本『わが母の記』収録全作に加えて、「墓地とえび芋」(※ただし、2012年の新装版は「墓地とえび芋」未収録), 収録:「明るい海」「胡姫」「二つの挿話」「海の欠片」「土の絵」「海」「冬の月」「ボタン」「ある交友」「四角な石」, 収録:「波の音」「良夜」「トランプ占い」「別れの旅」「冬の外套」「一年契約」「春の入り江」「城あと」, 収録:「火の燃える海」「ある旅行」「奇妙な夜」「訪問者」「菊」「盛装」「加芽子の結婚」「見合の日」「監視者」「富士の見える日」, 収録:単行本『あかね雲』収録全作に加えて、「滝へ降りる道」「晩夏」「少年」「帰郷」「黙契」「白い街道」「眼」, 収録:「眼」「黙契」「面」「山の少女」「三ノ宮炎上」「星の屑たち」「夜明けの海」「みどりと恵子」「千代の帰郷」「大いなる墓」, 収録:「傍観者」「夏花」「伊那の白梅」「石の面」「薄氷」「かしわんば」「騎手」「失われた時間」「暗い舞踏会」, 収録:「楼門」「司戸若雄年譜」「瞬間」「銹びた海」「斜面」「ある日曜日」「七夕の夜」「夜の金魚」「七人の紳士」, 収録:「貧血と花と爆弾」「ある自殺未遂」「夏の雲」「銃声」「燃ゆる緋色」「湖岸」「小さい旋風」「断雲」「夏草」「風のある午後」「水溜りの中の瞳」「仔犬と香水瓶」, 収録:「断崖」「驟雨」「蜜柑畠」「ダムの春」「波紋」「あげは蝶」「夜の金魚」「百日紅」「流星」「父の愛人」「ある関係」「赤い爪」「表彰」「殺意」「合流点」, 収録:「波紋」「雷雨」「グウドル氏の手套」「姨捨」「満月」「補陀落渡海記」「小磐梯」「鬼の話」「道」, 収録:「玉椀記」「異域の人」「僧行賀の涙」「信松尼記」「幽鬼」「平蜘蛛の釜」「明妃曲」「聖者」, 収録:「崑崙の玉」「永泰公主の首飾り」「古代ペンジケント」「塔二と弥三」「桶狭間」「信康自刃」「天正十年元旦」「天目山の雲」「利休の死」「佐治与九郎覚書」「漂流」, 『井上靖 シルクロード詩集』日本放送出版協会 1982.11 のちNHKライブラリー, 『わが一期一会』毎日新聞社 1975.12 のち知的生きかた文庫、日本図書センター, 井上卓也『グッドバイ、マイ・ゴッドファーザー 父・井上靖へのレクイエム』文藝春秋 1991.