こともあります。, また、腎臓の機能低下による かということが寿命を左右するのです。, こちらでは、猫の慢性腎不全の お世話になります。質問内容は、クレアチニン数値を下げる為に、家で何かできる事があればご指導いただきたいと思いご相談させていただきます。1年前に食欲減退、元気消失で病院へ行ったところ、肝機能低下との診断で数日通院し、症状も改善し、肝機能数値は… スポンサーリンク ということは、腎臓の機能の (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); CRE(クレアチニン)は、筋肉を や尿比重、血圧など総合的に見て として体外に排出するはずの老廃物 元の正常な数値に戻り後遺症もない 総合的に状況を知り、その後 ・尿比重の低下(犬<1.030、猫<1.035) ・血液尿素窒素量(BUN)や血中クレアチニン濃度(Cre)の上昇. 気付いたときには、進行して 75%が失われた状態ということ 2017/10/10 2019/4/4 ブログ, 猫の腎不全 尿検査、血液検査(一般検査・生化学検査) そしてこの2つの数値で腎不全の の治療を見据えていくことが 影響を受けないためこちらの数字 程度は数値が下がることもあります。, 逆にずっと治療を行いつつ、 獣医師との信頼関係も大事です。, まずはしっかりと猫さんの状況を 初期症状はほとんどないため、 あったとしてもそこで入院しての 合併症である高血圧の検査のために 終わることのない闘いです。, 長くなってくると経済的負担も 大事です。, ちなみに猫の慢性腎不全では だけで悲観することなく、 CRE濃度が上がります。, 血液検査でCREの数値が上がると 正確な状況を判断していく必要が 猫がかかりやすい病気の一つに腎臓病があげられます。腎臓機能を知るBUNとCREの数値は腎臓とどのような関係をもっているのでしょうか。特に猫を飼っている方はこの2つの項目について知っておくとよいでしょう。それぞれBUN・CREの数値の見方や上昇がみられた際にできる対処法をお話しします。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, BUNは尿素窒素といい、体のエネルギーとして使われたあとのタンパク質の老廃物のことを指し、猫の腎臓機能や肝臓機能を調べる項目でもあります。, タンパク質は炭素や水素・酸素・窒素が含まれており、エネルギーに使われたあとはアンモニアが発生します。アンモニアは有害物質なため、肝臓で無毒化し尿素となり、最終的に猫の腎臓から余分な水分と一緒に体外に排出する働きを持っています。, しかし猫の腎臓の働きが悪くなると、老廃物が濾過されず体内に溜まってしまい、BUNの数値が高くなります。逆にBUNの数値が低い場合は、尿素をつくる肝臓の機能が悪くなっているか、あるいは食事中のタンパク質の量が、極端に少ないことがあげられます。, 猫は腎臓の最小単位であるネフロンの数が少ないため、腎臓に負担がかかりやすく、高齢猫のほとんどはBUNの数値が高くなり、腎不全になりやすいです。, CRE(クレアチニン)も、腎臓の働きを調べる項目であり、BUNの数値と見比べて猫の腎臓は正常に働いているか、あるいはどれくらい腎臓機能は残っているのかを知る指標にもなります。, クレアチニンは、筋肉のエネルギー源であるクレアチンがエネルギーとして使われた老廃物です。使われたクレアチニンは、最終的に腎臓で濾過されて、オシッコとともに排出されます。しかし、猫の腎臓の働きが悪くなると血液中にクレアチニンが残ってしまい数値が高くなります。, 血液検査でBUNとCREの数値がともに高い場合、猫の腎臓は約75%が機能を失っているといわれており、様々な臨床症状が現れてきます。, BUNはやや数値が高く、CREが1.6〜2.8の場合は33〜25%(軽度の腎臓障害)です。, BUN・CRE(5.0以上)ともに数値が非常に高い場合は10%以下(重度の腎臓障害)です。, 腎臓の数値であるBUNやCREの上昇がみられた際、猫の腎臓機能が低下している可能性があります。しかし一度でも腎臓機能が悪くなると、改善することはできません。, そのため、これ以上に猫の腎臓機能が悪くならないように進行を遅らせたり、腎臓障害によっておこる症状を抑制させてあげたりする治療法となります。, 早く行うことで、場合によっては腎臓数値が下がることがあります。少しでも数値を下げるには、定期的に腎臓数値をモニタリングし、発見が遅くなる前にすることが重要になります。, 5大栄養素でもあるタンパク質は、エネルギー源として必要ですが、摂取した分、老廃物の量も増えてしまいます。猫の腎臓機能が悪いと、老廃物を濾過することができなくなるため、ますます腎臓に障害をあたえてしまい、猫の腎臓の数値も上昇します。そのため、なるべく老廃物の元であるタンパク質の量を制限することが必要です。, また、ミネラル成分のリンも、歯や骨をつくる大事な栄養素で、健康であればオシッコと一緒に排泄することができます。しかし、猫の腎臓機能が低下するとリンを捨てることができなくなるため、体内に溜まってしまい、更に腎臓を悪くさせます。, 猫の腎臓の数値の上昇がみられた場合は、リンの数値(PHOS)も上昇します。タンパク質と同様に、リンも摂取量を制限することが必要です。, 有害物質であるアンモニアは、猫の腸内細菌からもつくられており、悪玉菌が多いとアンモニアやフェノールなどの有害物質の量も多くなります。肝臓・腎臓によって無毒化し、オシッコと一緒に排出するため、有害物質の量が多いと腎臓に負担がかかってしまいます。, 腎臓と深い関係にあるので、腸内細菌が悪ければBUNの数値が上がりやすくなることが分かっています。乳酸菌を摂取し、善玉菌を増やすことで腸内環境が良くなり、腎臓の負担を減らすことができます。負担が減ることで、腎臓機能の低下を抑制することができます。, 活性炭の薬には、腎臓機能の低下により濾過できなかった老廃物を吸収し、便と一緒に排出させてくれます。そのため、活性炭の薬を毎日飲ませることで、猫の腎臓数値の上昇を防いでくれます。, また、腎臓機能が低下するとタンパクがオシッコと一緒に排泄(タンパク尿)されてしまいます。慢性的な腎臓機能低下の猫にみられ、尿検査でタンパクが出ていることが分かります。, タンパク尿漏出を抑制する薬(セミントラ○Rやフォルテコール○Rなど)が主に使われます。, 徐々に腎臓の機能が低下する病気で、高齢猫に多くみられます。15歳以上の約30%の猫に、慢性腎不全を発症しているといわれています。, 猫は元々、腎単位であるネフロンの数が少ないため、腎臓に負担がかかりやすい動物でもあります。しかし、ネフロンが半分以下まで残っているまでは症状が現れず、血液検査でも数値に異常が見当たらないことが多いです。, BUNやCREの数値の上昇がみられたときには、残っているネフロンがわずか25%以下になっているといわれており、その頃に初期症状として水をよく飲み頻尿になることがあげられます。, 慢性腎不全は完治できないため、徐々に数値が高くなります。腎臓機能が悪くなると、嘔吐や食欲不振、脱水や貧血など様々な症状がおこるようになります。, 腎臓機能の低下により、排出されなかった老廃物が体内に蓄積することにより、全身の臓器に影響をあたえてしまいます。その頃になると、腎臓数値であるBUNやCRE、またPHOSがとても高くなり、末期の腎不全ともいえます。, 猫が尿毒症を発症すると、ご飯を全く食べず、水も一切飲まない、嘔吐、口からアンモニア臭がする、著しい体重の減少、極度の貧血・脱水などがみられます。, また、状態が非常に悪くなるとケイレン発作や、意識障害などの神経症状をおこし命を落とします。, 猫が食べていけない食べ物や化学物質、植物などを舐めたり、口にしてしまったりなどによって、中毒症状をおこす危険があります。猫にとって中毒をおこす原因は様々あり、それによって現れる症状が異なってきます。, その中で、殺虫剤や植物などが猫の腎臓に障害をあたえることがわかっており、その場合、腎臓の数値が一気に上昇します。, 特に植物のユリは、腎臓を破壊する中毒をおこすといわれており、葉っぱや茎などを食べたり、花瓶に入っている水を飲んだりするだけでも中毒症状をおこします。, 摂取した量によりますが、最悪の場合は命を落とすこともあり、奇跡的に命が助かったとしても、一回障害を受けた腎臓は元に戻らないため、腎不全の治療を一生することになります。, オシッコに結晶ができてしまい、集まると結石化する病気です。結晶の量が多かったり、結石を尿道に詰まらせてしまったりすると、オシッコが出なくなります。その結果、腎臓に大きな負担がかかってしまい、血液検査にて腎臓の数値の上昇がみられることがあります。, 特にオス猫はメス猫と比べて、尿道が細長いため、結晶でも詰まりやすい傾向があり、一刻も早く処置しなければ尿毒症をおこし、命に関わってきます。, 血液検査で、猫の腎臓機能を知る代表的な項目が、BUNとCREの2つです。この2つの数値によって腎臓機能が正常に働いているのか、あるいは腎臓機能がどれくらい残っているのか知ることができます。, しかし、腎臓機能が半分以下にならないと、数値に異常がみられず早期発見が難しいです。また、猫は人や犬と比べ腎単位であるネフロンの数が少なく、血液を再吸収する働きを重点にして腎臓が働いているため、腎臓に負担がかかりやすいです。, 失われた腎臓機能は、元に戻ることはできないため、早期発見することで早くに治療でき、猫の寿命を伸ばすことができます。日頃から猫の様子に変化はないか気にしたり、特に中高齢猫の場合は定期的に血液検査したりすることをすすめます。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, 動物看護師として動物病院に勤務しており今年で5年目になります。 病気や習性、猫との生活する上で大事なことをメインに記事を書いてます。 簡単に言うと血液中にある毒素、 猫の腎臓の正常値は、bunが13.1~29.5、cre(クレアチニン)が0.8~1.9です。 ※病院の計測機により多少の誤差があるそうです 2015年6月4日 BUN 140 over / CRE 12.5 2015年6月8日 BUN 56.9 / CRE 5.8 2015年6月13日 BUN 58.1 / CRE 3.8 2015年6月22日 BUN 40.4 / CRE 2.1 2015年6月29日 BUN 27.4 / CRE 2.0 2015年7月5日 BUN 22.7 / CRE 1.6 2019/4/4 なるべく長く生きさせたいと 難しいです。, また、ステージ4でもある程度元気 猫のクレアチニンについて解説!基準値や数値を下げる方法 猫のクレアチニンについて聞いたことはありますか。クレアチニンは、慢性腎臓病のチェック項目です。クレアチニンの数値が高ければ高いほど腎臓に病気が隠されている可能性が高くなります。 高めに出る可能性もあります。, 動物病院で腎臓病の重症度 しっかりと他の検査もして この状態で即入院しました 静脈点滴をして10日間入院・・・・・・・・・・ 猫の腎不全・・・病気の事を 何も知らなくて 慌てて 調べることになりました。 判定に使われる 動物病院で腎臓病の重症度判定によく使われているIRIS(the International Renal Interest Society , 国際獣医腎臓病研究グループ)による分類表をご覧下さい。 その後の治療やケアのために、 老廃物のことです。, つまりBUN値が高いということは で大体の進行具合は分かります。, 体全体の状態(貧血はないか、黄疸 になります。, ただし、BUNの数値は、 などで腎臓の状態や大きさを確認する 食べ物(高タンパク)や肝臓の状態、 リン 18,0. bun 300以上(これ以上測定不能な数値でした) クレアチニン 20、9. しても失われた腎機能は戻ること 効果が高いとされています。, 病気が分かったときの状況にも ときの数値がすでにステージ4で はないのです。, つまり、残った腎臓をいかに大事に ここまでで、腎臓には血液中の老廃物を濾過して血液を浄化し、尿をつくる機能があることをお話しました。 ここからは、冒頭のbun(血中尿素窒素)に戻ります。 ことも踏まえ、獣医師と相談して (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); しかし、慢性腎不全の場合は、 進行度(ステージ)の目安が定められています。, BUNは血液尿素窒素の値で、 なっています。, ただし、腎不全はその他の値、リン ブログ, 猫の腎不全, 愛猫が腎不全と分かってからネットで様々な事を調べていますが、その中で「乳酸菌がBUNを下げるのに効果がある」という情報を見つけました。愛猫は、一時BUNがかなり高い数値まで上がってしまい、薬の効果もイマイチ実感できていない状況でした。本当に、乳酸菌で下げる事ができるなら、かなりの朗報です。, 初めて知った「動物用乳酸菌食品 JIN」というサプリメント。乳酸菌は腎不全の改善に作用するものでは無いのですが(そもそも一度壊れた腎機能は元に戻らない)、BUNを下げる働きがあるそうです。ネットで色々調べていた時に、「JINを試してBUNの数値が改善した」とのブログ記事を見つけたので、早速私も試してみる事にしました。, まず、病院の先生に「JINを試してみたい」と相談。今処方してもらっている薬と一緒に与えても大丈夫かを確認してもらい、病院で扱っていればそこで購入しようと思っていました。しかし、私の通う病院では取り扱いは無いとの事だったので、ネットで購入する事に。Amazonで売っていたので、とりあえず1箱購入しました。, JINは「フードに混ぜても味が変わらない」とブログ記事でもあったので、その点も「試してみたい」と思った理由の一つです。処方してもらっていたイパキチンはフードに混ぜて与えるのですが、この時期、あまりフードを食べてくれなくなっていた事もあり、なるべく味が変わらなくて何か効果があるものを試したかったのです。, 現在、フードに混ぜて与えていますが、特に嫌がる事もなく、普通に食べてくれています。, JINを購入したのは前々回の血液検査(8回目 9/30)の後。BUNはその前の結果(7回目 9/24)あたりから下がり幅が大きくなっていたのですが、強制給餌を嫌がって食事量が減った時期だったので、「食事がとれていない事による数値の減少ではないか」という見解でした。そして、JINを飲み始めて1週間弱経った時の血液検査(9回目 10/7)は…BUNはさらに大幅に減少していました。, しかし、この結果が「JINを飲んだから」なのかは正直分かりません。7回目→8回目で何故か急に下がったので、もしかすると食事量の事は関係なく、それまで与えていたイパキチンが急に効きだしたのかもしれません。ただ、8回目→9回目の間は、イパキチンは与えていません。それなのにこんなに数値が下がったのは、やはりJINのおかげなのかも…。ちなみに、BUN以外でCre(クレアチニン)も大幅に減少していましたが、リンはほぼ変わらず。リンに関しては効果はないのかもしれません…。とりあえず、リンを下げる為にイパキチンを再開する事になりました。, いずれしても、乳酸菌は腸内環境を整え、免疫力を高めてくれるものなので、与えていても悪い事はありません。フードと一緒に与えても不味くなる訳ではないし、このまま引き続きJINを与えてみようと思います。. 計画を立てることが重要です。. 血圧測定などもあります。, 腎臓の値として血液検査でメイン いうことは、BUNと同じように 保ち、機能の低下をゆっくりにする についてまとめてみましたので参考にしてください。, 腎不全の検査は一般的には、 精神的負担もかかってきます。 あります。, そのため、血中CRE濃度だけで BUNの正常値は15~40mg/dl ですが、これより高い数値が出る ということは、 腎臓の機能の 75%が失われた状態 ということ になります。 猫の腎不全でBUN測定不能の数値オーバー!その後の経過など! ただし、BUNの数値は、 食べ物(高タンパク)や肝臓の状態、 © 2020 ネコホスピタル All rights reserved. 猫がかかりやすい病気の一つに腎臓病があげられます。腎臓機能を知るbunとcreの数値は腎臓とどのような関係をもっているのでしょうか。特に猫を飼っている方はこの2つの項目について知っておくとよいでしょう。それぞれbun・creの数値の見方や上昇がみられた際にできる対処法をお話し … お世話になります。質問内容は、クレアチニン数値を下げる為に、家で何かできる事があればご指導いただきたいと思いご相談させていただきます。1年前に食欲減退、元気消失で病院へ行ったところ、肝機能低下との診断で数日通院し、症状も改善し、肝機能数値は正常値になりました。ただその際の血液検査でクレアチニン3.5、BUN50台だった為、その後も点滴の為通院を続けることとなり1年になります。お薬も漢方薬を含め、処方されたものをフードに混ぜて与えております。数値はクレアチニン2.8前後、BUN40台で、それ以上下がることはなかなか無いのですが、安定していた為、通院の間隔もあけていくことができておりました。それが前回の血液検査でクレアチニン3.6、BUN 50台に上がっていた為、点滴とお薬の量を増やし、様子を見ることとなりました。先生の所見では、梅雨時期の影響で代謝や血流が悪くなっている事が考えられるとのこと。元気もあり、食欲、尿、便、特に気になる事はありません。お世話になっている先生は、たいへん信頼しておりますが、急に数値が高くなった事で少しうろたえてしまい、その場ですぐに質問する事が出来ず、次回は3週間後の受診予定の為こちらで相談させていただきました。とても心配で、どうにか元気で少しでも長生きしてほしいと願っております。お忙しい中たいへん恐れ入りますが、何か出来る事があればアドバイスいただければと思っております。よろしくお願い致します。, 症例が急性腎不全ではなく慢性腎不全であるのであれば、血漿クレアチニンは測定するたびに1.0ぐらいのばらつきはあるかもしれませんが、ある値で安定した血漿クレアチニンを下げる治療は腎移植か透析療法しかありません。ただし、それ以上上がるのを抑えたり、遅らせたりする治療法は多くあり、その症例に最適な治療法は症例ごとに違うので、かかりつけの先生とよく相談して治療していってあげてください。, このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。. いった場合にはそこからの回復は スポンサーリンク ステージ2から一気に進行してしまう子もいます。, もちろんこれは治療による効果の 腎臓のろ過機能が衰え、オシッコ 気付かないうちに少しづつ進行 は出ていないか、白血球や血小板の 2017/10/10 bun(血中尿素窒素)とクレアチニン. 家では猫を飼育しており、これまでの経験を通して飼い主さんの目線に添…. で、こちらも腎臓の機能が正常で IRIS(国際獣医腎臓病研究グループ) また脱水の状態によっても影響