琴子がすやすや、ベッドの横に座り込み眠っている 琴子の強烈な介護で、熱も引いたのか少し気分がよくなっていた ん・・・なんだこれ・・・ ・・・・・・・・琴子・・・ 直樹が琴子の手から取り上げた よかったらポチッと・・・・お願いしていいですか? 直樹の琴子を想う気持ちがす~ごく伝わってきますね♪ 琴子にあんな声出されたら直樹もうたまらないでしょうねぇ・・。病室のベッド。イタキス2でのシーンが頭に浮かびます。キャ(#^^#) と、直樹もベッドで寝る事なんてできません。 ふたりのブログを見ているうちに机で寝てしまった直樹でした。 もちろん翌日も直樹は湘琴を探しましたが. アサセという男と出掛ける(直樹の中ではそういう設定になっている)ことが、相当楽しみなようだ。 クソ!その笑顔が俺に向けられたものじゃ無いことにムカつく。 思わず、持っていた本をサイドチェストに乱暴に置いた。 思い他、バンッ!と大きな音を立て、その音に、琴子が「ヒャッ! 直樹はベッドの上で琴子のパジャマのズボンの裾を捲って、青紫の皮下出血のある左足の膝下を優しく触れていた。 「大丈夫だよ、これくらい。ちっちゃい頃なんてこんな青タン、しょっちゅう作ってたし」 沙穂子にとって、そうした行為はベッドの上で、裸で横になって行うものである、とインプットされている。 なのに直樹ときたら、野外で着衣で立ったまま。 沙穂子の中の常識をひっくり返すような衝撃であった。 何とかその野外プレイ話を読み終え(どうやら、青カンにチャレンジ、という イタズラなKiss(フルカラー版)シリーズ作品一覧。DMM.comでは人気シリーズコミックも電子書籍でダウンロード販売!無料サンプルで購入前にまとめてチェック!PCはもちろんスマートフォンやタブレットでいつでも読める! 直樹は、琴子さえ居れば、百人力でしょう。 そして、無人島生活も直樹の頭脳と器用さにかかれば、快適に過ごせるんじゃないかと思います。 ... 寝静まった入江家に着くと、二人で風呂に入り、ベッドに横になる。 琴子がエイプリルフールにこの嘘をつかなかったら、妊娠に気づくのがもっ� 琴子は直樹を起こさないようにゆっくりとベッドに寝ころんだ。今日は直樹の寝顔が見放題だ。ちょっと得した気分かも♪なんて思っていると腰の辺りがゾワリとした。 「こ、この部屋で、このベッドできょう入江くんと? 今日は直樹と琴子の結婚二周年にあたる日。 それにもかかわらず、今日は理美の切迫流産騒ぎもあり、紀子が盛大に用意していた「結婚二周年パーティ」にも主役達でありながら、結局二人は会場に行くことができなかった。 そして結婚二周年に二人が乾杯をかわした場所は、夜風が身にしみ� 生憎といま使っているのは琴子一人 「神戸も雨だよねぇ」 ” 今日は全国的に雨になるでしょう ” にこやかな笑顔の天気お姉さん. 琴子にパジャマを貸して、成り行きで、同じベッドで眠った。当然何もしなかった。 俺のパジャマが琴子には大きすぎたのを覚えている。 同じベッドに同い年の女がいる、なんて状況で、平然と眠れるわけがない。落ち着かない気持ちを押さえ込んで溜息を吐いたら、向けた背中に見事な蹴り� 直樹は琴子の手首についた痕に眉を吊り上げ、男を睨んだ。 ようやく取り押さえられた男が、両脇を警備員に捕えられて引き摺られていく。その口からは誰かを罵倒する言葉と、やはり意味不明な言葉が絶えず漏れていた。 騒然とするその場で、直樹は琴子の手を引いて歩きだした。 「ど、ど ところが、琴子父・相原重雄の親友宅に居候することになり、琴子の状況は一変する。なんと、同居し始めた家の長男が入江直樹だったのだ。2年間も片想いし続けた憧れの直樹と、同じ屋根の下で暮らすことになった琴子の恋の行方は、いかに…? ‎自分の本当の気持ちに気づき、琴子にプロポーズした直樹。ついにハッピー・ウエディングとなったふたりは、ハワイにハネムーンにやって来た! 琴子はそういってベッドから立ち上がり、キッチンに行こうとしたが、直樹に腕を引っ張られそのまま直樹の膝の上に座ってしまった 「…な、なに?」 「バレンタインだからって形あるものや、食べ物じゃないといけないなんてルールはないだろ」 「…え? あの笑顔が琴子は憎かった 「折角口実になると思ったんだけどなぁ」 琴子の賭け. 風呂から上がり、寝室へと戻ってきた琴子は、ベッドの中で医学書を読んでいる夫の姿に素っ頓狂な声を上げた。 「…気が変わった」 「??ふ~~~ん」 直樹の返答に首をかしげつつも、さほど気にとめた様子もなく鏡台へと向かい、髪を丁寧に乾かし始めた。 しんとした寝室に響くドライ� 直樹は琴子の手を引いてベッドに座り、琴子を囲い込むように足の間に座らせると台詞を続けた。 「ああ、まだナレーションか。 ──偶然にもa組とf組は同じ店で謝恩会を行うことになった。琴子、次」 「『ええっ、入江くん! a組も同じ会場なのね』」 琴子を見つめ直樹が言う。顔を更に真っ赤にする琴子。 直樹は琴子をベッドにそっと降ろした。 琴子のやわらかい髪をそっとなでる直樹。琴子は直樹の腕の中で安心したように寝息をたてている。 結婚して3年以上経つのに琴子からは初めてだよな。 寝室の中央に鎮座するダブルベッド.