電源の取口を変えてみる 対策は「製品を換える」以外にありません。 その後は普通に音楽が聴けます。 ゲインを落とせばノイズは比例して減ります。 以上のような状況です。アンプには問題がなく、なにか外的な要因でしょうか。近くで無線LANの電波は常時出ています。, 真空管アンプ(メインアンプ)のキットを買って組み立てました。バイアス電圧や各部署の測定値(設計値)は正常です。きわめてよい音がするのですが、以下のようなノイズが出ます。 真空管アンプについてのシステムは以下で、真空管ラインアンプと真空管ヘッドホンアンプを直列で繋いでいます。, ◆真空管ホームオーディオシステムは以下の環境。 感電しません。 > 上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそ...続きを読む, 寿命のある電解コンデンサは、周囲温度等の条件から推定寿命から交換する必要があると聞いたのですが、もしコンデンサが壊れてしまるとどのような不具合があるのでしょうか? 電源トランスのむきでも変わります。 ですので例えば冷えてる時には 発生したガスの圧力がコンデンサのケースの膨張の要因です。 もしかしてスピーカーが繋がってないとプロテクトが掛かってしまうのでしょうか? 2時間ほどたちましたが、リレーの切り替わる間隔がどんどん短くなってきました。 所有している真空管アンプの初段の6SN7GTを最近買い換えました。 あと、蛍光灯のノイズなどということは?などなど考えればキリがないです^^; 基盤が剥がれてしまい原因はショートしたと思います。 それならばゴミをとってやれば治りそうですが、これが ・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる。 あと、蛍光灯のノイズなどということは?などなど考えればキリがないです^^; もしこれが嫌ならば回路の定数を変更して全体のゲインを減らすことです。大型のスピーカーならばそれほど大きなゲインは不要ですね。入力ボリュームが3時くらいで通常聴取音量くらいになれば十分だと思います。 例えば回路基板をいちべつしただけで、ああこれは初段の差動FETだな。これは初段にぶらさがるカレントミラーブートストラップだな。これは温度補償用のサイリスタだよね。これはバイアス調整用のTr。これはドライバー段の石だよね。そしてこれが終段のエミッタ抵抗だよね。 1 家庭のコンセントの口ってあちこちにありますよね?例えば隣の部屋から延長してくるなどして見てください。 「何でも相談室」には初めての投稿ですが、これほど迅速かつ親切に応答頂けるとは想像していませんでした。 発生したガスの圧力がコンデンサのケースの膨張の要因です。  半田が可笑しい・・ボテ半田に成ってませんか・・・ハンダゴテは100W程度のを使って下さいね バリオーム(可変抵抗器)のイメージは左の図のとおりです。 ショートで壊れると、発熱など最悪火事の要因に このような症状から、原因はトランジスタの劣化ではないかと考えているのですが、正解でしょうか? カーボン皮膜を施してある面を摺動片が移動して抵抗値を 6SN7を交換するのが良いと思いますが整流管を5AR4の傍熱形に交換すると6SN7の動作する時間とほぼ同じくB電圧が掛かるのでポップノイズは防げると思いますがB電圧が高めになると思いますので調整が必要なのと音質が変わるかもしれません(と言う人もいます)。既製品で手を入れられないとの事ですので却下ですね。球が原因なのは間違いないようですのでやはり交換ですね。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 いう現象がおき、コンデンサとしての電気的 今まで回答者の通りですが、付け加えて今までの経験から  あるいはコンデンサーを外せば直流動作は変わらずにゲインを減らせます。 設計、製作しました。 視聴でも出来ないです。 →xDuoo 真空管ヘッドホンアンプ TA-02 いろいろと試してノイズが少しでも小さくなるようにがんばって見ます。, KITを購入して完成 ノイズについては、そのノイズの様子によってその原因を推定するのが良いでしょう。ノイズ源によってノイズの現れ方は違うので、それぞれのノイズの状況に応じてノイズ源を特定していくのが良いと思います。場合によっては、ノイズの原因が一つではなく複数あり、それらが相乗効果として現れてくる可能性も考えるのが良いでしょう。 ビルなどのコンセントでは差し込み口の穴の長さが変えてあって、 (内部の信号を拾ってゆけば故障箇所がハッキリしますが ボリューム0でも鳴ります。 これについては、私自身は、何を意味しているのかわからないところがあります。 何かアドバイスよろしくお願いします。 ノイズ量が製品個体差の範囲内に収まる許容範囲にあるものなのか否かの判断は難しいところですが、左右でノイズ量が違うとのことですので、個体差の大きな製品を手にしてしまったということなのでしょうね。 電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。 2.ボリュームを交換し、ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。, すでに模範的な回答が出そろっていますので、補足の意味で これも勉強と思って一度挑戦されてはいかがでしょうか。, アンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法を教えてください。 トリオのアンプKA900の修理中ですが、電解コンデンサーの容量抜けでDCもれが出ているようです。テスターでチェックできるのでしょうか?, No.4ですが、さらに補足します。 ボリュームの抵抗体にDC(直流)が流れると、そうなりやすいと聞いたことがあります。 回答よろしくお願いします。 ・PCM/192kHzアップサンプリング再生※WASAPI) この症状の原因を教えて下さい。 アースが怪しいと考えて、当初の一点集中方式からニアバイ方式に変えてみましたが、状態は何も変わりません。信号が入るとノイズは収まりますが、無信号時を何とかもう少し減らせないものか、1年経った今でも思っています。 (これらが原因であれば、LR同じようにノイズが乗る。Rに僅かしか乗らないのは、LのノイズのNFB分のみ(=僅かな分)がカソードに戻り、それをRに繋いでいるから) ・放置してる状態でも突然ノイズが無くなったり復活したりする。 オリジナルは35年位前の雑誌で、実際に作るに当たって以下を変更しました。 なんてことを、1度はやっておいた方が良いかも知れません。 →OPPO HA-2, →FosPower (3m/10ft) 3.5mm オス ミニプラグ ジャック [AUX 端子]-RCA接続, →デジタルプリメインアンプ Pioneer FILL A-N701 STEREO AMPLIFIER-RCA接続, →ヘッドホンアンプ xDuoo TUBE HEADPHONE AMPLIFIER TA-02→真空管ライン・アンプ FX-AUDIO- TUBE-01J 限定色】真空管プリアンプ(ラインアンプ)NFJ オリジナルモデル-RCA接続 アンプの電源を30分ほど入れておくとパッチ音が極小になるように思います。 心配していたDC漏れですが、手持ちの安物テスターで計ると、最初1mAくらい出ていましたが、時間と共に出なくなったようで、計測不能になりました。 明確に分かる様になってます。 ・問題のRchは、1W位(?)流さないと音が...続きを読む, アンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法を教えてください。 トリオのアンプKA900の修理中ですが、電解コンデンサーの容量抜けでDCもれが出ているようです。テスターでチェックできるのでしょうか?, No.4ですが、さらに補足します。 もっとも、現在では入力回路の信号レベルは-20dB(0.1V)以上が 雑誌の記事を掲載されても回路は判りませんね 以上思いつくところはこんな感じですね。 ・昨日の夕方には出ていたが、夜聞くと出ていない。「おかしいなぁ?」と思っていると 電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。 その後10時間通電しっぱなしにしましたが、状況に変化は有りませんでした。しかし、不定期のガサガサ、バリバリ音が出なくなっただけで、大収穫です。ありがとうございました。 昨夜は、リレーの動作が頻繁になったのが怖くなり、一度電源を落として10分くらい放置してから電源を再投入したところ、リレーの動作が止まりました。 メインアンプ回路上にノイズ発信源があると思います。 思います。 以上のように、いろいろとやっていますが、全く原因が特定できず困っています。どなたか、よいアドバイスをよろしくお願いいたします。, マッキントッシュの2205という400Wぐらいのパワーアンプを愛用していますがサーっとういう残留ノイズが気になります。特に高能率のスピーカーを使用ていますので余計に気になります。両チャンネルから同じぐらいに出るのですが、どんな原因が考えられるでしょうか?どなた様かご教授ねがえれば有難いです。当方多少の知識はありますが、詳しいわけではありません。, 真空管アンプの製作では初心者ですが、私なりに勉強し、メインアンプを 頑張ってみてください。 ところが何も信号を入れない状態で、ときどきパッチという単発音が出ます。 音楽を鳴らしたまま電源SWを切ると、しばらく音楽は鳴り続けますがノイズは、SWを切ったとたんに聞こえなくなります。すぐまたSWを入れるとノイズが出始めることから、電源トランスに電流が流れている時だけ、ノイズが発生することは間違いありません。(何度やっても同じです) なかなかそう簡単にはまいりません。分解ができないのが 電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。 上記いずれかの不具合によって、出力端に大きなDCオフセットが生じているか、あるいは過電流保護回路が動作している可能性もあります。 シールド線のコンセント側(SWと反対側)でシールドの網線にリード線が接続され、シャーシにねじ止め(もちろん圧着端子で)されています。      ANo.3さんのご指摘の保護リレーが有力ですね。直し方が過激ですが・・一過性で終わります。 あいていればそこから接点クリーナーを噴射してやれば 聞こえないが、少し温まると聞こえるといった その要因がいろいろあるからです。 真空管のエージング時には出るという話もありますが、このまま使い込めば 回路図(PDFに出来ないのでPhotoです)を付けて再度の質問です。 5 ハムバランサー10W50Ωは25W50Ωを使用。予想を超える大きさです。 次に入力コネクターとグリッドの間の配線でノイズを拾っている可能性はないでしょうか。その配線を少しふご化してみてノイズが変化するようならばこれが怪しいですね。 いろいろ原因を探ってみたところ購入したばかりの6SN7GTを左右入れ替えると、スピーカーのコーン紙が大きく動きポップノイズが出るのも、左右逆になったためこの球が原因ではないかと思っています。 マクサー電機:商品名 MSC-SB 通常、音楽を聴く時の音圧レベルは最大音量時でも 90dB-SPL ぐらい (耳の位置での値) ですので 50dB 低い位置にある 40dB-SPL のノイズは環境ノイズ (家の音から聞こえる音や衣擦れ音) に掻き消されてしまって気になるものではありません。 使ってあれば、電気的容量の減少と共に アンプ内蔵のスピーカーについているボリュームつまみを回して、音量を上げ下げすると、 (何かの都合で電源OFF持続でその症状が出た場合、前述の手法で復旧させます。安定保存にはエアコンが一番ですがそれは…アンプ通電持続が現実手法です), 真空管アンプ300B(シングル)の前段管6SN7GTです。300BのFにハムバランサーを使っていますが、ハムノイズが取りきれません。Fの電源は整流し直流です。 アンプは基盤です。, もちろんヒーターからの発生の可能性はあります。でも一番多いのは入力段でしょう。 私は対策としてアンプは連続通電しています。 (何かの都合で電源OFF持続でその症状が出た場合、前述の手法で復旧させます。安定保存にはエアコンが一番ですがそれは…アンプ通電持続が現実手法です) 他の回答も見る. これはこの手のアンプでは嫌われることも多いのですが、一方ノイズはこれで明らかに減少します。 →ゼンハイザー オープン型ヘッドフォン HD 598 ブラック special edition 並行輸入品 [並行輸入品] あと、+B電源のリップルですねチョークトランスを使われていますか。 もしもノイズの原因が冷蔵庫やクーラーのような電源 (コンセント内) 電流を揺さぶるノイズを発生させるものによる影響であったり携帯電話や電灯或いはリモコン制御機器の待機状態のような電波を発するものによる影響であるならば、異なる電源及び電波環境になる筈ので別の部屋で試験することによって原因を切り分けることができるのですが、御質問者さんの試験によって電源コンセントからのノイズ混入や電波ノイズの混入ではないという推測ができます。 3端子の左(1番)は基盤にGと書いてあります。 その要因がいろいろあるからです。 どうぞ引き続きご教示頂きますよう、よろしくお願い致します。, 遅くなりましたが、皆様のアドバイスによりまして以下の作業をしてみました。 何か他に原因は考えられますか、何か経験的に同じような症状が出て困って、解決した方教えて下さい。 ゲインを落とせばノイズは比例して減ります。       上記と同じ 変化させる構造ですが、この面にゴミがとかキズが付くと その後は普通に音楽が聴けます。 修理に出した場合は殆どそのまま部品交換となる事が多いようです。, 自称オーディオマニアです。 接点復活剤はなるべく使わない方が良いです。, アンプの電源を入れるとスピーカーからブーンと耳鳴りのように鳴り続けます。 回路図上の全ての点の、直流電位を計算で求められますか? 整流ダイオード、または真空管そのものの不良です。 これはこの手のアンプでは嫌われることも多いのですが、一方ノイズはこれで明らかに減少します。 ハム音は「ブー」ではなく「ジー」という電源の60Hzに高調波が乗っているような感じの音です。  30W程度だとぼて半田になることが多いので・・・半田コテで温め直して綺麗にしてあげて下さい。 電源回路の電解コンデンサは新品を使ってますので、容量抜けもないと思います。 今まで いくつかアンプを製作し、同様の回路(チョ-クの前後にCを配置する)でうまく行って  そこで、最近ではわざわざ「日本製コンデンサ使用」 <今回の報告は結果もおかしく>とのご指摘は何を意味するのでしょうか。報告の内容に疑義があると言うことでしょうか。それとも報告した現象自体に問題があると言うことでしょうか。 ・無音時 Lch:正常 Rch:大きなノイズ これは球の初期不良でしょうか?どんな現象が起きているんでしょう? ・他人の家にアンプを持ち込んで、それでもノイズが出るかどうか確認 一時的に治ることもあります。でもしばらくするとまた あり補ってくれているため、動作に問題が起こって 上記の説明により、問題はアンプ内部にあり、スピーカーには問題がないと推測できます。 例えば、ネット上から適当に探してきましたが↓このページのパワーアンプの回路図について、 バリオーム(可変抵抗器)のイメージは左の図のとおりです。 (出来れば否定したいですがね・・・) 溶液が染み込ませてあるので、長期間(5~10年) 以上宜しくお願いいたします。, 自称オーディオマニアです。 この直し方として次のどちらが根本的な修理方法なのでしょうか。 溶液が染み込ませてあるので、長期間(5~10年) 電源トランスのむきでも変わります。 語り尽くされている様なのであまり補足はないですが、 (内部の信号を拾ってゆけば故障箇所がハッキリしますが 試して診て下さい。 ・今朝聞いてみると出ていない。 で通電持続(無い場合はアンプ裏面の出力端子で配線を外す)アンプをある安定状態(温度的に、素子等の構造体、物性の関係)にすると解消する場合が多い。 同じ症状が出てくるでしょうね。同形で同じ値の物と交換 出来れば自分で修理して再現させたいのですが、どなたかアドバイスいただけたらありがたいのですが・・・。 起こっても対処できないんです。 頑張ってみてください。