創造に向けた破壊、革新と聞くと、一般的にはイノベーションという言葉が浮かぶかと思いますがどう異なるのでしょうか?, 聞きなれない言葉かもしれませんが、今ビジネス業界において「ディスラプション」という概念が注目されています。, 若干良くないことが始まるような雰囲気の言葉・単語ですが、ビジネス関連におけるディスラプションとは『創造的破壊』、『創造的革新』と訳され、これが市場そのものにおいても、またモノ(商品やサービス)においても起こっているのです。, 「あれ?それってイノベーションって言うんじゃないの?」と知識がある方は思われるかもしれません。, ではイノベーションとディスラプションとの違いについて説明するために、まずはイノベーションについて解説します。, イノベーションは英語でinnovationと書き、新技術の発明、技術的革新という意味です。, 定義としては『経済活動の中で生産手段や資源、労働力などをそれまでとは異なる仕方で新結合すること』とされます。, イノベーションには、既に市場に出回り認知され、消費されている製品を改良していく『持続的イノベーション』と、製品が既に持つ価値を壊してしまう可能性はあるものの、それまでには無い価値を創る『破壊的イノベーション』があります。, 例えばフィルムカメラ ⇒ デジタルカメラという変化では、製品の変化である持続的イノベーションに留まらず、それまでカメラを使わなかった層にまでカメラを普及させ、結果としてフィルムカメラの市場を席巻したという、破壊的イノベーションも起こしました。, このような、既存の在り方を壊し新たな価値を生む破壊的イノベーションのことをディスラプションと呼びます。, 何故イノベーションとは別にディスラプションが注目されているのかと言えば、物から物(=従来製品から新製品)への革新から、物を使った新しいサービスという革新と、その変化の速さにあります。, まず一般的に大企業は、次の理由によりディスラプションを軽視、あるいは手が出しづらいという背景があります。, 一方、インターネットの普及・発達により情報・費用・人材などのコスト面の障壁が下がったため、小さい企業や個人が新たな価値を生みやすくなったのです。, 近年、特にデジタル面でのディスラプションが私達にも認知されるほど目立つ様になりました。例えば以下の例が挙げられます。, インターネットの出現は消費者の行動自体にも変化を起こしました。ネット普及以前には商品が広まるまでの流れは「イノベーター理論」によって説明がなされていました。, イノベーター理論とは、新商品が市場から消費者に広まるまでの消費者行動と割合を表したものです。, これより商品が広まり世の中に普及するかどうかは、キャズムという溝を越える必要があります。, トライアルユーザーが試しに購入し、その情報を拡散・共有すると一気にバーストマジョリティが購入することで広まり、その後は市場から姿を消します。, (商品とはやや違いますが、個人的には「J-popの曲自体」や「流行語大賞になる様なお笑い芸人の一発ネタ」がこの印象ですね), 商品を「提供する側」の場合、その価値の変化を読んだり流行に乗るだけに留まらず、「価値・流行を作ること」が今後ますます求められていきます。, また、個人的にはファッション等と同様に物事の流行にはサイクル性もありますので、その時流行らなかった商品であっても仕掛け方・見せ方・広め方で一気に流行るチャンスは大いにあります。, 物事にはリソースに限りが有るため、全く新しいものではなく少し形を変えただけのものが戻ってきやすいためです。この様な時代の流行り廃り・変化の詳細や対応策についての書籍もありますので、ご興味が湧いたら読んでみると良いですよ。, 次の記事:マーケティングの歴史前の記事:クロス・パッケージ・アップ・ダウン:売上を伸ばす秘訣とはカテゴリ:【 マーケティング 】一覧, […] 今までの価値観を変える様な発明を『ディスラプション(クリックで解説しているサイトへ飛びます)』と呼ぶそうですが、どんどん機械に取って代わられる時代の流れを感じます。 […], […] テクノロジーの発展がすさまじい現代、あらゆる分野においてディスラプションと呼ばれる創造的破壊が非連続的に繰り返されています。 […], 日立金属が発表した炭素結晶の競合モデル(CCSCモデル)というものは破壊的にイノベーションの一つと思われる。  なぜなら、いままでボールベアリングを人類はせっせと作っていたが、それがナノ結晶レベルの自己組織化能力により、等価の機能を有するGIC(グラファイト層間化合物)結晶を生成させる特殊鋼からだ。  これは明日の機械産業の在り方を変えてしまうかもしれない革命と思う。この理論、ダイヤモンド理論ともいうがそれ以上のものだと思う。, わたしも水素脆化説よりはこちらのほうがエビデンスをしめしているので大いに期待されると思います。応援がすくないので広めています。  「いい」「わるい」のメカニズムがグラファイトとダイヤモンドという真逆の物性を持った同素体でそのメカニズムが語られ、その判定もラマン分光で明瞭な判定ができるからです。, ◎某職員さん コメントありがとうございます。 様々な分野でディスラプションが起こっているのですね。それによって今後の生活にどう影響するのか興味深いですね。, ◎治金ファンさん コメントありがとうございます! 私には縁遠い世界ですが、ディスラプションを起こしている環境が日本にもあるというのは感慨深いです。, 機械工学の本質とはなにか?それは統合力であると思う。細かなことを知らなくても何がボトルネックかということを自覚し、時にはチャレンジすることだ。そのキモとなるパラメータの限界はおおむね材料の耐久性にあったりする。  この材料は一つの大きな可能性を示している。機械をなぜ小さくできないのかという原理を明確化した。原因が分かればここに勢力を投入しさらなる高みを求められる。地球環境に対する真水の直球勝負がこれから始まる。, CCSCモデルの研究拠点は姫路にあるダイセルのi-cubeという研究所に移ったようですね。, いまのように人工知能がもてはやされていないときに、ニューラルネットワークのソースコードをいただいたのを覚えています。, なんかこのような軽やかに転職する方がいるとは少し憧れてしまいます。 ヘッドハンティングは結構あるものなのですね。, 歴史ファンで、転職は幕末の脱藩に近いイメージがあって行く先があればカッコいいかなって感じ持ちます。久保田博士は、鹿児島出身だが、イメージとっしては坂本龍馬に近い。, まあ、脱藩されたかたですからね。CCSC理論最近、重要性がわかりました。これは、不可能と言われ続けてきたガンダム級の巨大ロボットの開発が可能になることを示している歴史的瞬間にたちあっているんだなとと。, SLD-MAGICは日刊工業新聞社の十大新製品賞、日本力(にっぽんブランド)賞を取っていたんですね。, この合金設計には結構憧れる。いまはマテリアルズインフォマティクスとかいっても長すぎて、合金設計を使っちまうよな~。, それって人工知能のニューラルネットワークで熱力学と機械的性質を繫げたものでしたね。私も拝読したことがあります。, 高面圧低フリクション理論、博士は相手材のおそらくはプラスチックであることはダイセルへ移籍したことにより推定できるが他に手掛かり知っている人いません?, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 札幌在住のフリーランスです。サイトや動画作成、ブログ講座などを中心に活動しています。☞プロフィール, マーケティングを行うのにセミナー・勉強会への参加は効果的と感じた体験談などをご紹介します。, あなたは商品を案内する際、「どうしますか?」と相手に判断を任せっきりにして断られた経験はありませんか?「イエスかノーか」ではなくいくつかの候補から選ばせ「NO(ノー)と言わせない」方法を『選択話法』、『ダブル・バインド』と言います。今回はあなたに断られづらくなる秘訣をお教えします。, 行動モデル「SIPS」とは第2弾。FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアが普及した事で「共有」「拡散」という行動が広がりました。企業側から消費者本位になってくる行動モデルをどう捉え、より大多数の人々に自社の情報を届けるか。そのために必要な「つながり」「共感」についてまとめています。, 【資格・肩書きの重要性と、それらを有効に活かす方法】について私見を述べていきます。, 経営環境分析の方法の1つ、SWOT分析について内容・方法・分析の順番を解説します。. If you destroy something it means that you are unable to use it anymore. You may often come across this word when talking about natural disasters. 創造的破壊-Creative Destruction-【創造的破壊 自動射撃のやり方】無敵チート級!狙いを定めるだけでOK。ゲームをクリアするコツ! -Creative Destruction-2018年11月18日 unitedknt 言葉の定義をしっかりとすることは、仕事や議論、思考、コミュニケーションで非常に重要です。言葉の定義が曖昧なままイメージだけで思考を進めれば、間違った結論に行き着きます。 日本ではDisruption(ディスラプション)や創造的破壊という言 人や動物の命について言うなら、「annihilation(絶滅)」や「extermination(絶滅)」が使えます。建物などには「destruction(破壊)」が使えます。, 破壊は英語で destroy や demolish と言います。Demolish はビルの解体などのイメージがあります。Destroy の方が一般的です。. 創造する為には、破壊する必要がある。そうじゃなければ、そこに『創造』はないわけだ。無から有を捻出するのが、創造なのである。従って、まず『無』にしなければならないのだが、どう考えたって、ビッグバン級の爆発を起こすことは出来そうもない。 To explain that something is broken/smashed so that it can't be put back together/repaired then you can use the words 'demolish' or 'destroy' this explains how badly the item/thing is broken, 何かが元に戻せないくらいに壊れているなら、'demolish'(破壊する)または'destroy'(破壊する)が使えます。これは、物がひどく壊れた様子を伝えます。. 不安定期――創造的破壊の進行は現時点で緩やかですが、高い人件費などの構造的な課題により、伝統的な企業は将来的に破壊の影響を受けやすい状態です。保険、ヘルスケア、コンビニエンスストアの業界を含む19%の企業が、この段階に分類されます。 破壊は英語で destroy や demolish と言います。Demolish はビルの解体などのイメージがあります。Destroy の方が一般的です。 例) 常識を破壊する Destroy common knowledge 花瓶を破壊する Destroy the vase 破壊力がある destructive ご参考になれば幸いです。 Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved. Sushi Chef / English Teacher / Cyclist / Horseman. © 2020 IQ. ダーウィン『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』, アインシュタイン『常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。』, 王貞治『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。』, 毎週日曜の『RTチャンス』から抽選で1名様に500円分のAmazonギフト券をプレゼント!, 『Twitterヘッダー画像』IQオリジナルカバーデザイン無料プレゼント!(ジブリ), 『Twitterヘッダー画像』IQオリジナルカバーデザイン無料プレゼント!(ワンピース). To destroy something means that it no longer exists or is usable. For example, their homes were destroyed by the typhoon. If we are talking about the life of an animal, person or species, then we can use 'annihilation' or 'extermination'. 先鋭的アート(ホビヲノエ)に人工知能(Prisma)で勝負を挑んだ結果 | NaeNote. Copyright © 2016 ティーアザ All Rights Reserved. 破壊的イノベーションとも呼ばれる「ディスラプション」についてのお話です。「イノベーションとの違い」、商品における破壊的創造「デジタル・ディスラプション」、市場における変化「ビッグバン・ディスラプション」とは?それぞれをわかりやすく解説します。 何かをdestroy(破壊する)としたら、もう使うことができないということを意味します。, 「破壊する」は英語で「destroy」といいます。「break」(壊す)よりも強い言い方です。ビル・建物を破壊する際に「demolish」という動詞を使います。. All rights reserved. Eradicate- destroy completely; put an end to. If discussing a physical thing such as a building, you can use 'destruction'. 創造する為には、破壊する必要がある。そうじゃなければ、そこに『創造』はないわけだ。無から有を捻出するのが、創造なのである。従って、まず『無』にしなければならないのだが、どう考えたって、ビッグバン級の爆発を起こすことは出来そうもない。, だとしたら、違う意味での『破壊』を考えることが必要だ。例えば、既成概念、固定観念、蔓延している常識、ルール、そういった、人為的に作られたあらゆる『既存の要素』である。これだったら、破壊することが出来る。例えば、こうしたリンゴを持ち出して、, いや、これはリンゴではない。それは人間が勝手に決めつけた名前、つまり『人間が認識できる記号』であって、他国では『アップル』と言うし、『マサン』とも言うし、相対的である。, 人間が恒久的に未熟だというのに、その上相対的なのであれば、今私が、これをどう解釈するかということも、相対性が認められるはずだ。, と考え、そうした決まりきって浸透した常識を破壊することが出来る。それが出来れば、そこに広がるのは『無』の世界だ。真っ白になり、ニュートラルになった。後は自分の好きなように、それを相対的に解釈し、演出するだけだ。, 『人間マスター』を目指して今日も探究。人間にとって『重要』なのはIntelligence。人間が『必要』とするのはInformation。.