「思えば、君の事件は面白いものばかりだった。」と私は述べる。  恐縮ですがウィルソンさん、もう一度お話を聞かせてくだ…. 友人シャーロック・ホームズを、昨年の秋、とある日に訪ねたことがあった。すると、ホームズは初老の紳士と話し込んでいた。でっぷりとし、赤ら顔の紳士で、頭髪が燃えるように赤かったのを覚えている。私は仕事の邪魔をしたと思い、詫びを入れてお暇しようとした。だがホームズは不意に私を部屋に引きずり込み、私の背後にある扉を閉めたのである。 早稲田大学社会連携研究所が、「歴史に埋もれた明治期の翻案小説を現代に甦らせるため」に行なっている社会連携活動に、朗読カフェが協力して録音した作品です。, ,http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/JCcl_OWJOr8,,{"playerWidth":"240","useCustom":false,"autoPlay":false,"autoLoop":false,"autoNext":false,"quality":"default","qualityName":"自動","coverImage":""}, ,http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/hlLAKgf_Wrw,,{"playerWidth":"240","useCustom":false,"autoPlay":false,"autoLoop":false,"autoNext":false,"quality":"default","qualityName":"自動","coverImage":""}, ,http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/K4wJEcSDryY,,{"playerWidth":"240","useCustom":false,"autoPlay":false,"autoLoop":false,"autoNext":false,"quality":"default","qualityName":"自動","coverImage":""}, ,http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/lXb1aPktSvY,,{"playerWidth":"240","useCustom":false,"autoPlay":false,"autoLoop":false,"autoNext":false,"quality":"default","qualityName":"自動","coverImage":""}. 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。, 1970年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。, 「表彰式読み上げ用のマジックペンで書いた賞状」を回収しそこね、それをお持ち帰りいただいてしまうことが起きてしまいました。, 当会認定講師資格(プロフェッサー資格、二級朗読インストラクター、読み聞かせインストラクター)をお持ちの方のみご覧いただけます, http://blog.livedoor.jp/roudokukentei/archives/1837813.html.  でっぷりとした紳士は軽く腰を上げただけで、申し訳程度の会釈をしつつも、脂肪のたるみに囲まれた小さな目で、私を疑わしげに見るのであった。 日本語版では訳者により、「赤毛連盟 ... 『赤毛連盟』:新字新仮名 - 青空文庫 (大久保ゆう訳) アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズの冒険; ボヘミアの醜聞 - 赤毛組合 - 花婿失踪事件 - ボスコム渓谷の惨劇 - オレンジの種五つ - 唇のねじれた男 - 青い紅玉 - まだらの紐 - 技師 All Rights Reserved. 「さあ、かけたまえ。」とホームズはソファをすすめた。自らも肘掛椅子に戻ると、両手の指先をつきあわせた。さてどうしようか、というときにするホームズの癖であった。「さよう、ワトソンくん。君は僕の好みに同じく、突拍子もないこと、退屈で決まり切った日々の生活の埒外にあるものが好きだ。君の熱心さを見ればわかる。逐一、記録をつけるほどだからね。だが言わせてもらえば、僕のささやかな冒険の大半に、色をつけている。」 「いつぞやの発言、覚えているね? メアリ・サザランド嬢が持ってきたごく簡単な事件に赴く前のことだ――不思議な事件や、偶然の一致。我々がそれを求めるなら、我々は現実の中を探しにゆかねばならぬ。現実というのは、どんな想像力をも凌駕するのだから。」 芥川龍之介、太宰治、宮沢賢治、小川未明、新美南吉など、青空文庫名作文学を自宅録音した作品を掲載している朗読カフェ、その中のメンバーがスタジオで厳しくチェックしながらライブ録音した作品を無料できいていただいてます。ライブ朗読会も開催しています。 「その通り。真っ最中だ。」 (社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。 「ふん、でも博士、最後には僕の意見に賛同せねばならぬ。さもなくば、どこまでも君の目の前に事実、事実、事実、と積み重ね続けるまでだ。君の論拠が事実という証拠の前に崩壊して、僕が正しいと認めるまでね。ところで、ここにいらっしゃるジェイベス・ウィルソン氏が今朝、訳ありで僕を訪ねていらしたのだが、そのお話によると、この事件は近頃の中でも頭ひとつ抜きんでたものになりそうだ。いつも言うように、不思議きわまりなく、独創的な事件というものはとかく巨大な犯罪には現れてこない。むしろ小さな犯罪の中に姿を現す。また時折、一体犯罪が行われたのかどうか、それすら判然としないようなところにも現れる。うかがった限りでは、目下の事件が犯罪として扱える、とは明言できない。しかし今回の成り行きは、多くの事件と比べても、異端だと言える。 ,http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/JCcl_OWJOr8,,{"playerWidth":"240","useCustom":false,"autoPlay":false,"autoLoop":false,"autoNext":false,"quality":"default","qualityName":"自動","coverImage":""},http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/hlLAKgf_Wrw,,{"playerWidth":"240","useCustom":false,"autoPlay":false,"autoLoop":false,"autoNext":false,"quality":"default","qualityName":"自動","coverImage":""},http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/K4wJEcSDryY,,{"playerWidth":"240","useCustom":false,"autoPlay":false,"autoLoop":false,"autoNext":false,"quality":"default","qualityName":"自動","coverImage":""},http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/lXb1aPktSvY,,{"playerWidth":"240","useCustom":false,"autoPlay":false,"autoLoop":false,"autoNext":false,"quality":"default","qualityName":"自動","coverImage":""}, ,http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/ajKT6QCJoo8,,{"playerWidth":"240","useCustom":false,"autoPlay":false,"autoLoop":false,"autoNext":false,"quality":"default","qualityName":"自動"}, 庭先に暖かい小春日の光があふれていた。おおかたは枯れた籬の菊の中に、もう小さくしか咲けなくなった花が一輪だけ、茶色に縮れたた枯れ葉の間から、あざやかに白い花びらをつつましくのぞかせていた。, お留伊は小鼓を打っていた。加賀国森本で一番の絹問屋の娘で、年は十五になる。目鼻だちは優れてれて美しいが、その美しさはすみ通ったギヤマンの壺のように冷たく、勝ち気な、おごった心をそのままえがいたように見える。ひとみは激しい光を帯び、朱いくちびるを引き结んでけんめいに小鼓を打っている姿は、美しいというよりはすさまじいものを感じさせる。, 二疋ひきの蟹かにの子供らが青じろい水の底で話していました。『クラムボンはわらったよ。』『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』『クラムボンは跳はねてわらったよ。』『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』 上の方や横の方は、青くくらく鋼はがねのように見えます。そのなめらかな天井てんじょうを、つぶつぶ暗い泡あわが流れて行きます。『クラムボンはわらっていたよ。』『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』『それならなぜクラムボンはわらったの。』『知らない。』 つぶつぶ泡が流れて行きます。蟹の子供らもぽっぽっぽっとつづけて五六粒つぶ泡を吐はきました。それはゆれながら水銀のように光って斜ななめに上の方へのぼって行きました。 つうと銀のいろの腹をひるがえして、一疋の魚が頭の上を過ぎて行きました。『クラムボンは死んだよ。』『クラムボンは殺されたよ。』『クラムボンは死んでしまったよ………。』『殺されたよ。』『それならなぜ殺された。』兄さんの蟹は、その右側の四本の脚あしの中の二本を、弟の平べったい頭にのせながら云いいました。『わからない。』 魚がまたツウと戻もどって下流のほうへ行きました。『クラムボンはわらったよ。』『わらった。』 にわかにパッと明るくなり、日光の黄金きんは夢ゆめのように水の中に降って来ました。 波から来る光の網あみが、底の白い磐いわの上で美しくゆらゆらのびたりちぢんだりしました。泡や小さなごみからはまっすぐな影かげの棒が、斜めに水の中に並ならんで立ちました。 魚がこんどはそこら中の黄金きんの光をまるっきりくちゃくちゃにしておまけに自分は鉄いろに変に底びかりして、又また上流かみの方へのぼりました。『お魚はなぜああ行ったり来たりするの。』 弟の蟹がまぶしそうに眼めを動かしながらたずねました。『何か悪いことをしてるんだよとってるんだよ。』『とってるの。』『うん。』 そのお魚がまた上流かみから戻って来ました。今度はゆっくり落ちついて、ひれも尾おも動かさずただ水にだけ流されながらお口を環わのように円くしてやって来ました。その影は黒くしずかに底の光の網の上をすべりました。『お魚は……。』 その時です。俄にわかに天井に白い泡がたって、青びかりのまるでぎらぎらする鉄砲弾てっぽうだまのようなものが、いきなり飛込とびこんで来ました。 兄さんの蟹ははっきりとその青いもののさきがコンパスのように黒く尖とがっているのも見ました。と思ううちに、魚の白い腹がぎらっと光って一ぺんひるがえり、上の方へのぼったようでしたが、それっきりもう青いものも魚のかたちも見えず光の黄金きんの網はゆらゆらゆれ、泡はつぶつぶ流れました。 二疋はまるで声も出ず居すくまってしまいました。 お父さんの蟹が出て来ました。『どうしたい。ぶるぶるふるえているじゃないか。』『お父さん、いまおかしなものが来たよ。』『どんなもんだ。』『青くてね、光るんだよ。はじがこんなに黒く尖ってるの。それが来たらお魚が上へのぼって行ったよ。』『そいつの眼が赤かったかい。』『わからない。』『ふうん。しかし、そいつは鳥だよ。かわせみと云うんだ。大丈夫だいじょうぶだ、安心しろ。おれたちはかまわないんだから。』『お父さん、お魚はどこへ行ったの。』『魚かい。魚はこわい所へ行った』『こわいよ、お父さん。』『いいいい、大丈夫だ。心配するな。そら、樺かばの花が流れて来た。ごらん、きれいだろう。』 泡と一緒いっしょに、白い樺の花びらが天井をたくさんすべって来ました。『こわいよ、お父さん。』弟の蟹も云いました。 光の網はゆらゆら、のびたりちぢんだり、花びらの影はしずかに砂をすべりました。, 聴く人、演じる人、少しでも多くの喜びが集まるサイトを目指して、朗読カフェSTUDIOは 2014年4月にスタートしました。表現の場を求めて集まった、朗読が好きなMemberが、知恵を絞って、懸命に朗読した作品を是非聴いて下さい。ささやかな喜びと楽しみが生まれることを願って。. ホームズとワトソンの描くミステリー小説の〈朗読〉第1弾。 赤毛の男が持ち込んだ奇妙な儲け話の裏に隠された犯罪計画をホームズが暴く! コナン・ドイルが自選第2位とする名作! ポッドキャストで配信された内容を再録音&再編集した完全版! 内容項目 えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:ドイル アーサー・コナン 作品名:赤毛連盟 原題:The Red-Headed League 翻訳者:大久保 ゆう 文字遣い:新字新仮名 「おや、もしかして仕事中だったかな。」 「まあ待ちたまえ。この紳士は、ウィルソンさん、長年、僕のパートナーでして。僕はこれまで数々の事件を見事解決してきましたが、その時にはいつも、彼が助手を務めています。あなたの場合にも、彼が大いに役に立つことは間違いありません。」 「では、私は奥で待つとするか。」 「私からも遠慮なく文句を差し挟んだはずだがね。」 「いや、実にいい頃合いだ、ワトソンくん。」ホームズの声は、親しみに満ちていた。 朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 Copyright 朗読カフェSTUDIO. 《お詫び》第8回 青空文庫朗読コンテスト本選におきまして、受賞された一部の方から「表彰式読み上げ用のマジックペンで書いた賞状」を回収しそこね、それをお持ち帰りいただいてしまうことが起きてしまいました。大変失礼をいたしましたことをお詫び申し上げます。 赤毛連盟: 作品名読み: あかげれんめい ... 『シャーロック・ホームズの冒険』におさめられた一編。物語は、ロンドンで質屋を営む赤毛の男のところにまいこんだ奇妙な儲け話をめぐって展開する。 文字遣い種別: 新字新仮名: 備考: 作家データ. 「うむ。ウィルソン氏が雇った店員か。赤毛連盟の謎に、一枚かんでいるにちがいない。君があんな事を尋ねたのは、あいつの顔が見たかっただけなんだろう?」 「顔など問題ではない。」 「では何のために。」 「ズボンの膝だ。」 「で、どうだった。」 「予想通り。」 「歩道を叩いた理由