まずは部位によって違う革の伸び方を、見極めながら裁縫していく感覚を習得するのにとても時間がかかりました。 その頃から「軽くて、革の良さが伝わる素材とは?」という想いが湧いていました。 一般的に野生の鹿は大きな傷が多いために、ほとんどが銀面と呼ばれる表面を剥がして使用したバックスキンです。剥がした方が使える部分が増えるからです。 また、革をなめすときに銀面が剥離しやすいため、バックスキンにしてしまった方がラクに作業ができることも理由の1 まるで革が暴れているようでした。 ラシャ(ポルトガル語:raxa、「ラサ(産)の」の意。 )とは、毛織物の一種。 織物組織は平織、綾織、繻子織などで、密に織ったものを十分縮絨(しゅくじゅう)させたのち、毛羽(けば)の先端を剪毛して仕上げる。 このため表地からは組織の織目は見えない 。 ネットでは、この手ざわり感をご確認いただけず残念ですが、 北海道にご旅行の際は、店頭にてお手にとって実感してみてください。 私たちが誇りをもって扱っている鹿革製品を、よろしくお願い致します。. すぐに判明したのは硬い牛革と違い、その伸縮性と柔らかさから真っ直ぐ裁縫が出来なかったのです。 革でありがなら、軽量感・フィット感・通気性を実現。 しかし、バックスキンに比べて銀面付きの方が、はるかに手ざわりがよく、強度も高まります。 私たちが取り扱っている鹿革製品は、すべてこの銀面付きの革を使っています。, このように手間も時間もかかる鹿革製品ですが、販売開始から、おかげさまで販売が追いつかないほどの人気をいただいております。 a4判サイズ 一般的なノートやコピー用紙、クリアファイルなどと同じ大きさです。 学校や会社などで書類に使用されることも多く、コピー用紙、普通紙では一番利用する機会が多いサイズになります。 ラシャ(ポルトガル語:raxa、「ラサ(産)の」の意。 )とは、毛織物の一種。 織物組織は平織、綾織、繻子織などで、密に織ったものを十分縮絨(しゅくじゅう)させたのち、毛羽(けば)の先端を剪毛して仕上げる。 このため表地からは組織の織目は見えない 。 また、鹿革はその柔らかさゆえ、縫製には熟練した技術を必要とします。磨かれた職人の技を、すみずみに感じていただけることでしょう。, 鹿革と出会うまでは、牛革製品のみを販売してきました。 ご好評を頂いておりましたが、お客さまから「牛革は丈夫だが重たい」というお声を頂戴したり、 Hisitosa コート メンズ チェスターコート ウール 秋冬 厚手 無地 暖かい 防寒 ロング ジャケット 紳士服. 売り場で、鞄を持ち上げた後に首をかしげる仕草を拝見する様になりました。 竹尾のファインペーパーの全銘柄、紙に関連する製品・サービスについてご紹介しています。銘柄情報、詳細検索のほか、紙を見る・選ぶ際に役立つ紙の基礎知識や用語の解説をご覧いただけます。 また、革をなめすときに銀面が剥離しやすいため、バックスキンにしてしまった方がラクに作業ができることも理由の1つです。 通常配送料無料. 皮革(ひかく)とは、動物の皮膚を生のまま、または、なめしてあるものを指す。 動物からはいだ皮膚を皮、皮から毛を除き、なめしてえられる製品を革といい、生皮から革までを含めて皮革と総称する 。 毛皮は毛をつけたままなめしたもので、広義には皮革に含まれる 。 適度な伸縮性がありとても丈夫な鹿革は、鞄や財布などでその優れた特性が生かされます。 5つ星のうち3.6 155 ¥5,680 ¥5,680. ラシャ(ポルトガル語:raxa、「ラサ(産)の」の意。)とは、毛織物の一種。織物組織は平織、綾織、繻子織などで、密に織ったものを十分縮絨(しゅくじゅう)させたのち、毛羽(けば)の先端を剪毛して仕上げる。このため表地からは組織の織目は見えない[1]。, 12世紀ころセルビアの首都ラサで産したため、この名称で呼ばれ[2]、南蛮貿易により日本へ渡来した。名称も当時のポルトガル語名称に由来する外来語であり、表記も音を漢字で表した「羅紗」を用いる場合もある。「羅」も「紗」も絹織物に関連する意味を持つ漢字だが、羅紗自体は絹製品ではなくウール製品である。, ラシャは紡毛を密に織って起毛させた厚地の生地であり、とても丈夫で保温性も高いため、以下のような衣類の生地として用いられる。, 日本においては羽織や軍服への需要が多かったが時代の経過により減少傾向にある。ただし、乗馬ズボンや帽子などには引き続き利用されている。, かつては合羽もラシャで作られていた時期があったが見た目が豪華なために富裕な商人や医者が贅を競ったため、江戸幕府がこれを禁止したこともある。また、しっかりと編みこまれたラシャは強い難燃性を示すため、火事羽織などにも利用された。19世紀のイギリスの消防士は厚い革帽子とラシャ地のジャケットに身を包んで消火活動にあたったほどである。, ビリヤードで利用されているラシャはクッション部分を除いてテーブル上面を1枚の大きな布で覆いつくし、適度な張りを持つように敷かれている。この「張り」と製品ごとのナイロン合成比率、毛羽立ち具合などによって「ボールが転がりやすい」「ボールの回転の影響が顕著に出る」などの「癖」として現れる。これらの癖はプレイに大なり小なりの影響を及ぼすため、上級者はこれらのコンディションを素早く読み、自分のプレイをコンディションに対応させて調整する能力が求められる。, 前述の通り、ビリヤードで利用されているラシャは1枚の布であるという性質上、咥えタバコから落ちた火種やジャンプボールやマッセの失敗などでラシャに穴を開けてしまうとすべて剥がして張り直しとなってしまう。ラシャの張り直しにはビリヤードテーブルを部分的に解体する必要があるため工事費も高く、張り直している間は一時的に顧客がプレイ不可能になるなどしてビリヤード場の経営に大きな負担を掛けてしまう。そのため、そのような行為に対して禁止している旨を記述したポスターを貼るなどし、顧客に注意を促している店舗がある。, また、ビリヤード場によっては「ブレイクマット」(通称、座布団)と呼ばれる小さなラシャの切れ端が用意されていることがある。これはスピードがあるブレイクショット(時速40km以上に達することもある)により、ナイロンが摩擦で溶けるのを防ぐとともに、ミスショットの際にキュー先でラシャを傷つけないようにするための小道具である。, ビリヤードで利用されているラシャはブルーグリーンに限らず各種多様な色が用意されており、店舗の雰囲気に合せて選択できるようになっている。プレイヤーはチョーク汚れを目立たせないよう、ラシャの色に近い色をしたチョークを利用することがマナーである。, また、日本において「ビリヤード」と言えば主にポケットビリヤードが連想されることもあり、ポケットビリヤードで概ね利用されているブルーグリーンのラシャはビリヤードを象徴する色のひとつとして「ビリヤードグリーン」というJIS慣用色名が付与されている。このビリヤードグリーンという色は色彩心理学においては「精神を静めて集中力を高める色」とされており、メンタルスポーツとされるビリヤードに向いていると考えられている。, 麻雀牌を置いたり混ぜたりした際の音を吸収したり、麻雀牌に傷がつかないようにするために毛羽立ったラシャ製のマットが利用されることがある。ラシャ製のマットは個別の商品として用意されている他、炬燵で利用する天板の裏側がラシャ地となっているものがあり、これを代用品とすることも可能である。. [スカイシイ] 3カラー トレンチコート コート 防寒 スタイリッシュ 厚手 メンズ M~2XL. 大量生産ができないために、お待ちいただくこともあり心苦しい限りですが、今後も長くご愛用いただける良質な製品づくりに取り組んでまいります。 耐久性にすぐれた「安来青鋼」を使用しているラシャ切鋏(裁ちばさみ)240mmです。用途に合わせて刃付け調整いたします。研ぎ・修理無料サービス券付、名入れ無料。 白鋼製で研ぎ・修理しながらお使いいただける普及品。求めやすい価格で工場や不特定多数の方が使用される場合におすすめ。10丁以上でおまとめ値引きあり。用途に合わせて刃付け調整無料。研ぎ・修理無料サービス券付。 5つ星のうち5.0 1 ¥8,280 ¥8,280 ¥12,800 ¥12,800. また、その過程で道具も自作する等、試行錯誤の連続でした。, 一般的に野生の鹿は大きな傷が多いために、ほとんどが銀面と呼ばれる表面を剥がして使用したバックスキンです。剥がした方が使える部分が増えるからです。 そんな時に、たまたま毛皮製品の職人から持ち込まれたのが鹿革でした。, 早速、試作品づくりにとりかかりました。 鹿革にこだわるオリジナルブランド。, 鹿革の一番の特徴は、その軽さにあります。また、しっとりとしたしなやかさと柔らかさを持ちながら、耐久性にも優れた皮革です。 ラシャ(ポルトガル語:raxa、「ラサ(産)の」の意。)とは、毛織物の一種。織物組織は平織、綾織、繻子織などで、密に織ったものを十分縮絨(しゅくじゅう)させたのち、毛羽(けば)の先端を剪毛して仕上げる。このため表地からは組織の織目は見えない[1]。, 12世紀ころセルビアの首都ラサで産したため、この名称で呼ばれ[2]、南蛮貿易により日本へ渡来した。名称も当時のポルトガル語名称に由来する外来語であり、表記も音を漢字で表した「羅紗」を用いる場合もある。「羅」も「紗」も絹織物に関連する意味を持つ漢字だが、羅紗自体は絹製品ではなくウール製品である。, ラシャは紡毛を密に織って起毛させた厚地の生地であり、とても丈夫で保温性も高いため、以下のような衣類の生地として用いられる。, 日本においては羽織や軍服への需要が多かったが時代の経過により減少傾向にある。ただし、乗馬ズボンや帽子などには引き続き利用されている。, かつては合羽もラシャで作られていた時期があったが見た目が豪華なために富裕な商人や医者が贅を競ったため、江戸幕府がこれを禁止したこともある。また、しっかりと編みこまれたラシャは強い難燃性を示すため、火事羽織などにも利用された。19世紀のイギリスの消防士は厚い革帽子とラシャ地のジャケットに身を包んで消火活動にあたったほどである。, ビリヤードで利用されているラシャはクッション部分を除いてテーブル上面を1枚の大きな布で覆いつくし、適度な張りを持つように敷かれている。この「張り」と製品ごとのナイロン合成比率、毛羽立ち具合などによって「ボールが転がりやすい」「ボールの回転の影響が顕著に出る」などの「癖」として現れる。これらの癖はプレイに大なり小なりの影響を及ぼすため、上級者はこれらのコンディションを素早く読み、自分のプレイをコンディションに対応させて調整する能力が求められる。, 前述の通り、ビリヤードで利用されているラシャは1枚の布であるという性質上、咥えタバコから落ちた火種やジャンプボールやマッセの失敗などでラシャに穴を開けてしまうとすべて剥がして張り直しとなってしまう。ラシャの張り直しにはビリヤードテーブルを部分的に解体する必要があるため工事費も高く、張り直している間は一時的に顧客がプレイ不可能になるなどしてビリヤード場の経営に大きな負担を掛けてしまう。そのため、そのような行為に対して禁止している旨を記述したポスターを貼るなどし、顧客に注意を促している店舗がある。, また、ビリヤード場によっては「ブレイクマット」(通称、座布団)と呼ばれる小さなラシャの切れ端が用意されていることがある。これはスピードがあるブレイクショット(時速40km以上に達することもある)により、ナイロンが摩擦で溶けるのを防ぐとともに、ミスショットの際にキュー先でラシャを傷つけないようにするための小道具である。, ビリヤードで利用されているラシャはブルーグリーンに限らず各種多様な色が用意されており、店舗の雰囲気に合せて選択できるようになっている。プレイヤーはチョーク汚れを目立たせないよう、ラシャの色に近い色をしたチョークを利用することがマナーである。, また、日本において「ビリヤード」と言えば主にポケットビリヤードが連想されることもあり、ポケットビリヤードで概ね利用されているブルーグリーンのラシャはビリヤードを象徴する色のひとつとして「ビリヤードグリーン」というJIS慣用色名が付与されている。このビリヤードグリーンという色は色彩心理学においては「精神を静めて集中力を高める色」とされており、メンタルスポーツとされるビリヤードに向いていると考えられている。, 麻雀牌を置いたり混ぜたりした際の音を吸収したり、麻雀牌に傷がつかないようにするために毛羽立ったラシャ製のマットが利用されることがある。ラシャ製のマットは個別の商品として用意されている他、炬燵で利用する天板の裏側がラシャ地となっているものがあり、これを代用品とすることも可能である。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ラシャ&oldid=79558656.