高級言語を行儀よく使っていれば、大抵コンパイル自体は可能だが、本当に動くのかは実機がないと検証が難しい。, ネイティブコードを用いる大抵の理由は、既存の汎用ライブラリを使いたいか、ベクトル化等の固有機能を使って高性能化したいかで、後者は性能要件なので、ハードウェアエミュレーションだと直接的に検証できない。, 別に多少の不具合があっても、当面、形だけ対応していればよいと思うかも知れないが、形だけ対応するとレビューが大変なことになる(というのをAtomタブレットがまだ元気だった頃によく見た)。, 実機がないと検証は難しいだろうけど、今どき64bitCPUの実機を手に入れるのは何も難しくない。, さすがに行儀よく使ってなくてメジャーゲームエンジンが使ってるからでもないところはデバイス取り寄せて検証くらいしろよと思う。, 個人開発者のこと言ってんじゃない?流石に企業で検証用端末用意できないとかアホだし。企業はOS(Ver違いも)、画面サイズ、メーカー別(Android)等々、数十~の機種揃えて検証は当たり前だからな。逆に個人単位で言えば、よっぽど儲かってるやつじゃないとまあ個別に端末用意は困難ってほどじゃないけど、いちいちやろうとは思わんだろうし。, 数十種類もの端末のテストなんて、企業でもやってないところが多いんじゃないかな。さらに32bitと64bitの2種類となると、テストが2倍になるからな。, オンラインの実機検証サービスを利用するのが主流になりつつありますね時間~日単位で借りれ、OSも複数バージョン用意され、テストの自動化も容易ゲーム業界など、どうしても実機が必要なら実機貸出を行っている所もある, 大手でも自社で抱える実機はほんの数機種、あとはオンラインも含めレンタルなんて所も増えている様です, ただ、ゲーム系だとオンラインでは不具合でカクついてるのかラグなのかわかりにくいので、実機でやらなきゃ感, > 形だけ対応するとレビューが大変なことになるほんとスマホアプリ開発の特異的点はこれだよな。あの低評価を付けるエネルギーはどこから沸いてくるんだろう。罵詈雑言書く力があるなら実行環境やらエラーメッセージやら書いてくれればいいのに。, とりあえず、3行以下の書き込みはフィルタリングさせてほしいな。まともなレビューは有料アプリの方にしかない。アホどもは買わないから書けない。, >Unityを使用するゲームのみ猶予期間が設けられたのは、メジャーなゲームエンジン(Unreal、Cocos2d、Unity)の中でUnityが64ビットサポートを追加した時期が遅かったためとのことだ。早く対応したエンジンにインセンティブがないと、今後遅くても追加でサポート期間がもらえるという期待を抱かせてしまうのでは?, Unityを採用したゲームはGoogle Playの収益に大きく貢献しているだろうから切れないんだろうなあ。逆にUnityクラスでないと切られるということは示せたわけだし、それで今回はOKってことじゃないかな。, Androidが128bit化するのは、あったとしても、かなり先だろうから、当面は次はないだろうし。あるとすればRISC-Vに乗り換えぐらいかな。, Androidの開発から離れて久しいのですが、64ビット版かどうかって、どうやって確認するんでしょうか?電話情報からカーネルのバージョン情報が表示できますが、uname -mpiに相当する情報って出てこないような・・, アプリ開発者が自分の購入する端末のデバイス情報に無頓着というのは考えにくい気がしますが……, 開発者ならgetSupportedABIs()あたりで判断できますし、面倒くさければデバイス情報表示系のアプリを入れればいいでしょう。公式の端末情報からたどれないのは64bit関係なく昔から変わりません。, Mから64bitになりました。ユーザーとして使う分には気にしなくていいです。余程古い中古を買わない限り32bitを手にすることはないですから。, 本当に64bitですか?64bit(ARMv8)対応だからといって64bitとは限りません。今これを書いている端末はOreo(Nからアップデート)でARMv8対応SoCですが、32bitです。, より多くのコメントがこの議論にあるかもしれませんが、JavaScriptが有効ではない環境を使用している場合、クラシックなコメントシステム(D1)に設定を変更する必要があります。, Googleは15日、Google Playで公開するAndroidアプリの64ビット対応必須化の詳細を発表した(, この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 は必要か? コンピューター業界でも、(少なくとも私の知る範囲では)20年以上前から話題にはでていました。 Androidはご存じスマートフォンやタブレット、テレビやスピーカーに搭載されるOSですが、これをパッケージ化して、PCで動かせるようにしたのが「Android-x86」と呼ばれるプロジェクトとそのソフトです。名前の通り、x86アーキテクチ Windows10の標準機能には、動画のキャプチャを録画できるGame DVR(ゲームバー)が搭載されています。この記事では、Windows10でGame DVRを使えるよう... 拡張子「.tif」のファイルはTIFF形式の画像ファイルのファイル形式です。この記事では、拡張子「.tif」のファイルとはどのようなタイプの画像形式で、主要な画像のファイル形... ネット上からファイルを入手するのに便利なLinuxのwgetコマンドはWindowsでも使えるようになります。この記事では、コマンドプロンプトでwgetコマンドを利用できるw... Androidにアプリをインストールしようとすると「このアプリはお使いのデバイス用に最適化されません」となってしまうことがあります。「このアプリはお使いのデバイス用に最適化さ... Windows PCにはさまざまなショートカットキーがあります。ウィンドウを最大化したり最小化したりできるショートカットキーも用意されています。この記事では、Windowsで... 格安で中古の本やDVDが手に入ると話題の駿河屋で、通信販売手数料が必要になってしまいました。この記事では、駿河屋の通信販売手数料の詳細と、通信販売の手数料を無料にするためには... PCやスマホのディスプレーや動画の解像度は2K、4K、8K等と表現されます。フルHDの2Kと4K、8Kの解像度にはどのような違いがあるのでしょうか。この記事では、画像の質を表... Windows10でゲームやアプリをダウンロードした時に、d3dx9_43.dllがないというエラーでインストールできないことがあります。この記事では、d3dx9_43.dl... Windows10でドライブのパーティションを整理していると、どうしても削除できないEFIシステムパーティションがあります。この記事では、EFIシステムパーティションとはどの... 拡張子が.mhtのファイルの開き方がわからなくて困っている方が多いようです。この記事では、拡張子.mhtのファイルとはどのような種類のファイルで、PCで開いたり編集したりする... WindowsのPCが重い場合には、MsMpEng.exeがメモリのスペックを大量に使っていることが原因の場合があります。この記事では、Windowsを重くする原因にもなるM... Windows10のCPUの使用率が高くてPCの動作が重いとき、ntoskrnl.exeが原因の場合があります。この記事では、ntoskrnl.exeとはどのようなファイルな... Windows10に深刻なエラーが発生した場合にはブルースクリーンエラーが表示されます。その原因がntoskrnl.exeであることがあります。この記事では、ntoskrnl... ntuser.datファイルとはどのようなファイルなのか気になっていて、削除しても大丈夫か調べている方もいます。この記事では、ntuser.datとはどのような働きをするファ... Androidスマホを使っていると、thumbdataフォルダがストレージ容量を圧迫していることがあります。この記事では、thumbdataフォルダにはどのようなファイルが格... 動画のファイル形式の一つにTSファイルがあります。この記事ではTSファイルとはそのままの形式ではPCやスマホで再生できません。PCなどで再生できるようにMP4に変換できるフリ... アメブロに掲載されている画像を保存したくても保存できないことがあります。実はアメブロからは通常の方法では画像保存ができません。この記事では、アメブロの画像を保存するにはどうし... ガーミン時計をPCで管理できるアプリがGarmin Express(ガーミンエクスプレス)です。この記事では、ガーミンエクスプレスをパソコンにダウンロードからインストールして... Windows10にDVDやSDカード、USBメモリを挿入した時に「ディレクトリ名が無効です」と表示されることがあります。この記事では、Windows10の「ディレクトリ名が... メモリはPCの中でもCPUと同じくらい重要なパーツです。PCの調子が悪いときには、メモリの診断テストを実行することをおすすめします。この記事では、メモリに不具合がないか確認す... Android x86とは?OSをWindowsPCにインストールしてアプリは使えるか解説!のページです。アプリやWebの疑問に答えるメディアapplicaは、iPhoneやアンドロイドのスマートフォンアプリに加えて、WindowsやMacでのサービスの使い方や最新情報を紹介します。. 例えば「123@gmail.com」とアドレスを入力したい場合は「123shift+2gmail.com」と入力します。パスワードに@を含む場合も入力方法は同じです。, ログインが完了するといよいよAndroid-x86のホーム画面が表示されます。自分がPCで使いたいと思っているアプリを起動させて正しく作動するかテストしましょう。あくまでテスト起動ですので本格的な設定はまだ行わないでおきます。, LiveUSBでのテスト起動が完了し、自分のPCでAndroid-x86が問題なく動作するようであれば、WindowsPCへAndroid-x86をインストールします。, PCを再起動させ、USBからテスト起動させるための最初の画面を開きます。今回はPCへのインストールですので、「Installaion - Install Android-x86 to hartdisk」を選択します。, ここからの設定は少し専門知識が必要となり全てを説明すると膨大な量になるため、画像に従って作業を進めて下さい。「Choose Partition」が開きます。そのまま「OK」をクリックします。, ファイルシステムの選択画面が開きます。すでにPCがフォーマットされていることを知っているなら「Do not format」でも構いませんが、よく分からない場合は「ext3」を選択し、「OK」をクリックします。, 確認画面が開きます。内容は「フォーマットするとパーディション内のデータが失われますが、本当にフォーマットしますか?」といった意味です。「Yes」をクリックして進みます。, ここでは、ブーストローダーをインストールするか、EFIをインストールするかという選択・確認画面です。ブートローダの種類(GRUBかLILOか)に関しては、PCの公式サイトかメーカーへ問い合わせるのが一番ですが、ほとんどの場合、左のブートローダーGRUBをインストールすれば大丈夫です。ただし、2019年になってから購入した最新のWiondwosPCではEFIが採用されている場合もあります。 4 thoughts on “ Androidの64bit化に意味はあるのか? James 2017年1月18日 10:53 AM. Windows10のパソコンには32bitと64bitの2種類の端末が存在します。今回は、W... UNetbootin allows you to create bootable Live USB drives for Ubuntu and other Linux distributions without burning a CD. たとえ CPU が 64bit に対応していても Android の OS が 64bit でビルドされてないと 64bit アプリは動かないし。 Android の「設定」の「システム(端末情報)」のところみても 32bit とか 64bit とか書いてないし。 そこで自分で確認する方法の1つとして、 Android x86をWindowsPCにインストールすると、Android端末向けのアプリがWindowsPCで使えると評判です。そこで今日はAndroid x86のWindowsPCへのインストール仕方や初期設定の方法を解説します。, Androidといばスマホやタブレット向けのOSですが、Android-x86とは一体どのようなOSなのでしょうか?, Android x86とは、WindowsPCでもAndroidアプリが使えるPC版AndroidのOSのことで、「Android Open Source Project」というプロジェクトが開発しました。, Android-x86をWindowsPCにインストールするメリットは、スマホなどのAndroid端末向けアプリがPCで使えることです。スマホの画面の小ささに物足りなさ、やもどかしさを感じている人ならPCの大きな画面でアプリを使ってみたいと思ったことがあるはずです。Android-x86はそんな希望を叶えてくれます。, 最近のアプリやプログラムはインストールボタンをクリックするだけといった簡単な手順が多く見られますが、Android-x86のインストール手順は少し複雑で、大きく分けるとインストール前の準備・テストインストール・インストール・インストール後の設定のステップが必要です。, Android-x86をインストールする前の準備として、Android-x86をインストールしたいPCに適したバージョンを選択する必要があります。, Android-x86には32bit版と64bit版の2種類があります。どちらを選ぶかはインストールするPCのOSによります。PCに適したバージョンを選択する、とはPCのOSが32bitなのにAndroid-x86の64bit版をインストールしてもPCが正常に動作しない場合があるため、PCのOSを確認し、それに合わせたAndroid-x86を選ぶということです。ここではPCがWindows10の場合のOSが32bit版か64bit版か確認する方法を2つ紹介します。, 1つめのWindows10のOSのbit数確認方法です。「スタート」>「設定(歯車マーク)」をクリックし「Windowsの設定」を開きます。項目「システム」>「バージョン情報」をクリックします。「システムの種類」にそのPCのbit数が書かれています。, もう1つの確認方法は「コントロールパネル」より行います。「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「システム」の順にクリックしていくと「コンピューターの基本的な情報の表示」という画面が開きますので、その中の「システム」>「システムの種類」を確認します。, これで自分のPCのOSが32bit版か64bit版かの確認ができましたので、Android-x86のどちらのbit数をインストールすれば良いか分かりました。WindowsPCのbit数についての詳細は別途詳しく説明していますので下記リンクを参照して下さい。, Android-x86はいきなりPCへインストールせずにテスト起動させる必要があります。なぜならPCによってはAndroid-x86との相性が悪く動作しない場合があるからです。まずはUSBメモリを起動ディスクとして使用し(LiveUSB)、動作に問題がなければPCへインストールするという手順ふみます。Android-x86のサイズは860MB程度ありますので、USBはメモリの容量が1GB以上のものを用意しましょう。, インストール前の準備とは、Android-x86をUSBメモリからPCをAndroidとして立ち上げるための準備です。, 似たようなファイルが沢山ある中で、今回は最新バージョンの「Android-x86 8.1」をダウンロードすることにします。この「Android-x86 8.1」にも4つのファイルがありますので、その中からどのファイルを選べば良いか説明します。まず、ファイルの末尾が「.iso」と「.rpm」の2種類があります。「.iso」の方が適応するPCが多いので、「.iso」を選びます。 新たにコメントを付けることはできません。. iOS7に対抗してAndroidも64bit化を計画し始めたみたいですね。しかしAndroidの64bit化って意味あるのでしょうか?, 通常プロセッサにおいて「何bit」って言ったらそれはレジスタのサイズを言っています。64bitプロセッサならレジスタのサイズが64bitと言う事ですね。これは扱えるアドレスが大きくなる(C言語の知識がある人ならポインタについて思い出してください)事を意味します。つまりプロセスが大容量のメモリが使えると言う事ですね。現在のスマホで主流のプロセッサは32bitです。プロセスは最大2GBのメモリを扱えます。実際にはメモリは色々な用途に使われるので純粋にプログラムが利用できるメモリ(Heapメモリと言います)はもっと少ないです。, 最近は4GB位のメモリを積んでいるAndroidスマホも珍しくないですが実際には4GB使い切れないんですね。まあOSが使う分とか・・・Androidの場合バックグラウンドプロセスもマルチタスクで動くので・・・4GBのメモリも無駄では無いんですけど。, iOSのアプリはプロセッサネイティブのコードで動きます。なのでプロセッサの64bit化、iOSの64bit化はアプリの64bit化に直結します。(intのサイズ等が変わってしまうのでアプリのコンパイルの際に64bitアプリにするか32bitアプリにするか指定する必要はあるけどね), 一方AndroidのアプリはDalvikと呼ばれるjava仮想マシンの上で動きます。Dalvikはスマホの上でも軽快に動作するために32bitアーキテクチャに特化した設計となっています。つまりAndroidを本気で64bit化しようとした場合Dalvikの設計思想にまで手を入れなければならないと言う事です。これはAndroidの世代交代を意味する位大きな変更を意味します。, プロセッサがCoreiX時代になってWindowsもOS_Xも64bitOSになっています。ですが、未だにGoogleChrome等は32bitアプリとしてビルドされて動いています。Safariは64bit化されていますが正直以前と違いは感じません。, Safariはタブをスレッドで実現しているので64bit化によって開けるタブの数が増えた等のメリットがあるのでしょう。, 一方、GoogleChromeはタブをプロセスで実現しているので64bit化する必要が無いのだと思います。なので未だに32bitアプリなのでしょう。, 企業のサーバ等はもっと保守的です。「正常に動いている物に手を入れるな。」と言う格言は一つの真実だと思います。大体の企業で使われている企業システムは企業のIT化が叫ばれた10〜15年前に構築されています。セキュリティ対策やサポート期限対策の為にOSのバージョンアップを行ったり、負荷対策の為にハードウェアのリプレースは行なっていると思います。しかし、企業システム自体はユーザの要望を取り入れて小規模な改良を行ったりする程度で10〜15年前に構築した物をそのまま使い続けている企業がほとんどだと思います。企業システムのダウンは企業活動のダウンです。会社の経営危機です。特別な理由が無い限りあえてそのようなリスクを取る企業はありません。(みずほ銀行のシステム統合に伴うトラブルを思い出してください。)なので企業システムは32bitが未だに主流です。, 手のひらの上で小粋に動くガジェット。それがスマホだと思っています。以上で記述したようにパソコン、サーバ共に遅々として64bit化が進まない現状でスマホが64bit化を牽引して行く必要性があるのでしょうか?正直言ってDalvikの基本コンセプトをねじ曲げてまでAndroidを64bit化する必要性は・・・私は感じません。, iOS7もiOS自体に64bit化の必要があって64bit化したとは思えません。iOSとOS_XはDarwinと言う同じカーネルで動作しています。OS_XのカーネルはSnowLeopardから64bit化されています。思うにiOSの64bit化はソースコードのリファクタリングや管理のし易さ向上が目的なのではないでしょうか?, iOSより劣っているイメージになると販売に影響するのでAndroidも64bit化するのでしょう。しかし・・・「手のひらの上で小粋に動くガジェット」と言う意味ではAndroidの64bit化は改悪だと思います。, ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身, ○○は必要か?コンピューター業界でも、(少なくとも私の知る範囲では)20年以上前から話題にはでていました。例えば、アーキテクチャが決まっているIBM/PCでWindowsは必要か?くらいの話からこの業界にいますが。私なりの結論は、技術的というよりは、商売としては、必要という、結論に達しました。『この商品はこれ以上進化しません』となると、売れる数は自ずと決まります。(必要な所に販売したら、後は故障によるリプレイスのみ)。しかし、なにか機能がかわれば、必要でなくても買う人はいます。ガラケーを毎年のように買い換えていた人周りにいませんでしたか?, 記事でも「結論:マーケティング以外の目的でAndroidを64bit化する意味は無いと思う」と書いています。(=゚ω゚)ノ, コメント文章での「商売」は「マーケティング」と同じ意味で利用している単語と読めます。, ですが現状のAndroidの場合、本文にも書いたようにJava仮想マシンが32bitのままです。OSだけ64bit化しても将来的には動作できません。現状は片手落ちの意味のないアップデートの入った形です。, Java仮想マシンを64bit化すれば良い話ですが、Javaの権利はOracleが持っていてGoogleは持っていないので簡単には行かないでしょう。, この記事を書いてから3年半が経っています。Androidも世界に欠かせないくらい普及しました。スマートフォンのハードウェアも64bitアーキテクチャが必要不可欠なほど進化しました。, そろそろ次の一手を見たいですね。(^_^)iPhoneの開発言語がSwiftに変わったように、Androidの開発言語も次世代の言語に変更する手もありますし。, 2014年:NATIONAL GEOGRAPHIC YourShot Daily Dozen 選抜.