Doctor John Jones, a prominent 16th Century London physician, refers in his book Dyall of Agues to a "great sweat" during the reign of Queen Mary I of England. [75] Unusually for a virus, its genome is not a single piece of nucleic acid; instead, it contains seven or eight pieces of segmented negative-sense RNA, each piece of RNA containing either one or two genes, which code for a gene product (protein). The 1557 flu pandemic spread across Asia, the Middle East, Africa, Europe, and the Americas. [170], Influenza's effects are much more severe and last longer than those of the common cold. Increased travel due to the Northern Hemisphere winter holiday season may also play a role. Nevertheless, strategies endorsed by experts for all phases of flu outbreaks include hand and respiratory hygiene, self-isolation by symptomatic individuals and the use of face masks by them and their caregivers, surface disinfection, rapid testing and diagnosis, and contact tracing. [9] In the airborne route, the droplets that are small enough for people to inhale are 0.5 to 5 μm in diameter and inhaling just one droplet might be enough to cause an infection. 監督:キム・ソンス 出演者:チャン・ヒョク(ジグ)、スエ(イネ)、パク・ミナ(ミル)、マ・ドンソク(チョン)、ユ・ヘジン(ベー)ほか, ここからは映画「FLU 運命の36時間」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。, 香港経由のコンテナに、東南アジアの密入国者が多数乗せられます。コンテナに入った一部の人は咳き込んでいました。, 救助隊に所属するジグは、工事現場の穴に落ちた車から女性を救出していました。運転手の女性は気が強く、ジグの救出方法に文句ばかり言いながら助け出されます。礼も言わず救急車に乗り込んだ女性に一目ぼれしたジグは、先輩のベーにからかわれていました。, その後、ジグに助けられた女性イネから電話があり、会ってほしいと言われます。喜んで会いに行くと「落ちた車からバッグを回収してちょうだい」と言われます。ジグは人しか助けないと断ると、怒ったイネは帰ってしまいます。, 大都市の分唐に着いたコンテナの人たちを輸送するため、ビュンとビョンの兄弟がやって来ます。扉を焼き切って開けると、密入国者達は死んでいました。ビュンがビョンに「証拠の動画を取れ」と言うと、男が一人生きていました。この時ビョンに死者の血が飛び散ります。慌てて生存者一人を荷台に乗せて走り出します。, 途中でビョンが咳き込み始めます。モールの駐車場に止めると、男は逃げ出します。ビョンは中にある薬局に向かいました。酷い咳をして、ウィルスをまき散らします。, その頃、ジグは、イネのバッグを回収しました。イネの電話が鳴り、出ると娘のミルからでした。そしてミルに会い、バッグを返します。, 街では咳き込む人が多くなっていました。ミルからバッグを受け取ったイネは喜びますが、病院から「ひどい急患が来た」と呼び出されます。病院に着くとそれはビョンでした。持ち物のスマホを見ていた関係者が、コンテナに多数の死体がるのを見つけます。, 慌ただしい隔離室を見た兄のビュンが突然押しかけ暴れ出します。するとビョンは血を吐き、ウィルスをまき散らして死にました。イネは「鳥インフルエンザの可能性がある」と言っていると、同じような患者が次々運ばれてきます。, 一人で駐車場にいたミルが車に撥ねられそうになり、それを助けたのがコンテナの生存者でした。「僕に近づくな、うつるぞ」と言う生存者にミルはパンを与えます。二人は仲良くなり、男は自分はモンサイだと教えます。モンサイは食べ終わるといなくなりました。, 警察はコンテナを見つけに向かいます。扉を開けると密入国者の腐敗が始まり、ネズミが沸いていました。そしてウィルス感染の危険を取り除くため、焼き払います。政府は一報を受け、医療チームとの会合を持ちます。ヤン教授の「パンデミックの危険がある」という言葉を聞かず、総理と議員の主導で分唐を隔離することが決まります。, ミルは「モンサイを探して」とジグを呼びます。途中のファストフード店で、父親がアメリカに出て行った事を聞きました。その後ミルの咳は激しくなり、ぐったりします。ミルを抱いて歩くジグの周りでは、血を吐いて倒れる人が続出していました。, 会議室ではコンテナの中の生存者を動画で見つけたことを報告し「この生存者から抗体がつくれる」と話します。大統領もやってきて分唐地区の隔離を承認し、総理がテレビで発表し実行され始めます。, イネら医療チームは分唐以外の地区で対策をとることになり、ヘリに向かいますが、ミルも連れて来ると言ってイネは乗りませんでした。ミルはスーパーでジグとはぐれていました。イネに連絡したジグはイネと一緒にミルを探し、見つけ出します。, 一緒にヘリに乗ろうと言うイネにジグは「僕は救出隊だからここに残る」と言います。しかしミルが感染していたため、イネとミルは検問で隔離キャンプに移されます。ジグも隔離キャンプに移され検査を受けます。, ミルの検査を上手く潜り抜けたイネはジグとベーの隣のテントに入ります。ミルの感染がジグに見つかったイネは「見逃してくれ」と頼みます。ジグは「あなたは医師なのにおかしい」と言うと「感染者は死んでなくても殺される」と言います。ミルの感染がばれて兵士がテントにやって来ます。兵士は番号しか知らないため、ジグが身代わりになりました。, その頃、モンサイが見つかり、イネが呼ばれます。ミルを隠して連れて行ったイネは、モンサイから取り出した抗体を実験前にミルに注入します。すぐ兵士らに見つかり、ミルは隔離されました。ジグは隔離テントを抜け出し周囲を調べます。すると感染者は生きたままクレーンで運ばれ、焼き殺されていました。そして感染者の中からミルを見つけ、助け出します。, 感染して殺されようとしている母を見つけた兵士が反乱し、隔離者たちに「皆政府によって殺されるぞ」と教えます。隔離者たちは暴動を始めます。この暴動に乗って、軍人でありながら隔離されていたチョンがリーダーとして指揮をとりはじめ、それにベーもつきます。, 大統領は「48時間たったから非感染者を解放しろ」と言うと、アメリカに指揮権を渡した総理が反対し、逆に大統領をののしります。チョンによって暴動は広がりはじめ「ソウルに行って感染を広げよう」とまで言い出します。, 総理は射殺の許可を出します。市民を撃ち殺す映像を見た大統領は怒り狂います。ジグはミルの病状が良くなったことをイネに伝えます。イネはヤン教授に報告し、モンサイを連れてこようとしますが、モンサイは兵士に射殺されます。そこでイネはミルに抗体を打って回復していることを伝え、ミルから抗体を作る事を伝えます。, そのころ総理は、軍に「オレンジの線を越えたら射殺せよ」と命じました。さらに「アメリカは軍が機能しなくなったら爆撃機で空爆せよ」と命じていました。ミルが暴動隊の中にいるのを知ったイネは、バリケードを越え走り出します。見つけたミルも走り出します。二人とも殺されると思ったジグも走り出します。, やがて線を越えたイネが肩を撃たれます。ミルが立ちはだかり「ママを撃たないで」と叫び、軍は発砲をやめます。アメリカの空爆機が飛んできました。大統領は「空爆機が分唐に入ったら撃ち落とせ」と軍に命じます。, 結局アメリカ軍は撤退し、暴動はおさまります。救急車に乗るミルはジグに「ママを連れて会いに来て」と言います。ジグの手はイネの肩を抱いていました。大統領は「分唐の市民を優先して治療する」と発表します。その後、ジグとイネとミルは休暇をとって旅行に出かけました。, とても面白い映画だった。欧米の専門家たちの利己的な態度(アジア人の死を軽視する一種の差別的な態度)がこの映画の面白さを際立たせていたと思う。, 映画ネタバレあらすじ一覧  |  お問い合わせ  |  利用規約©2020 映画ウォッチ. [12] There does not appear to be any benefit in those with other health problems. Most references in the media to "bird flu" and most references to H5N1 are about this specific strain. In 2006, a study estimated that if a strain with similar virulence to the 1918 influenza had emerged that year, it could have killed between 50 and 80 million people. [2] For example, the annual number of burials in Tonbridge increased from 33 on average in 1556 to 61 in 1557, 105 in 1558, and 94 in 1559. The most common symptoms include: high fever, runny nose, sore throat, muscle and joint pain, headache, coughing, and feeling tired. [1] "Well documented descriptions from medical observers"[1] who witnessed the effects of the pandemic as it spread through populations have been reviewed by numerous medical historians in the centuries since. "[220] The majority of deaths were from bacterial pneumonia, a secondary infection caused by influenza, but the virus also killed people directly, causing massive hemorrhages and edema in the lung. Governments worldwide have spent billions of U.S. dollars preparing and planning for a potential H5N1 avian influenza pandemic, with costs associated with purchasing drugs and vaccines as well as developing disaster drills and strategies for improved border controls. [32][110] In contrast to the rhinovirus that causes the common cold, influenza does cause tissue damage, so symptoms are not entirely due to the inflammatory response. Therefore, they worsen the flu symptoms. This could explain why influenza occurs mostly in winter and during the tropical rainy season, when people stay indoors, away from the sun, and their vitamin D levels fall. French physician and medical historian Lazare Rivière documented an anonymous physician's descriptions of a flu outbreak[22] occurring in the Languedoc region of France in July 1557. 映画『flu 運命の36時間』のネタバレあらすじ結末と感想。flu 運命の36時間の紹介:2013年韓国映画。韓国の分唐で、密入国者から鳥インフルエンザが感染し、街中に広がりはじめます。救助隊のジグに車から救出された医師のイネは、娘のミルが感染していることを知り、感染を隠していました。 According to a European chronicler surnamed Fonseca who wrote Disputat. [121], For healthy adults, a 2018 Cochrane review showed that vaccines reduced the incidence of lab-confirmed influenza from 2.3% to 0.9%, which constitutes a reduction of risk of approximately 60%. In children, gastrointestinal symptoms such as, Flu symptoms that improve but then relapse with a high fever and severe cough (can be bacterial pneumonia), (In infants) far fewer wet diapers than usual. [265] Growing viruses in cell culture also promises higher yields, less cost, better quality and surge capacity. [58] Sixteenth century Spaniards frequently referred to any mass outbreak of deadly disease generically as a pestilencia,[59] and "plagues" are recognized as occurring in Valencia[60] and Granada[61] during the years 1557–59, despite pathological records of true plague (like descriptions of buboes) occurring in the area at the time being scant. The symptoms were so severe that some members of the population suspected a mass poisoning had occurred.[24]. [15][205][220][221] This pandemic has been described as "the greatest medical holocaust in history" and may have killed as many people as the Black Death. [22] Dutch historian Petrus Forestus described an outbreak in Alkmaar where 2000 fell sick with flu and 200 perished[18][31] in a span of three weeks. [253] The Army was deeply involved in this research due to its experience of influenza in World War I, when thousands of troops were killed by the virus in a matter of months. Then the fever went off, with a sweat of bleeding at the nose. Baptism rates in native communities were deeply connected with outbreaks of disease,[68] and missionary policies of conducting religious activities while sick likely helped spread the flu. [84], The intracellular details are still being elucidated. For example, lymphocyte T-cell immunomodulator inhibits viral growth in the murine model of influenza. In almost all cases, those infected have had extensive physical contact with infected birds. [125] Whether immunizing health care workers affects patient outcomes is controversial with some reviews finding insufficient evidence[126][127] and others finding tentative evidence. This is called antigenic drift, which slowly creates an increasing variety of strains until one evolves that can infect people who are immune to the pre-existing strains. Another problem is that individuals become infectious before they become symptomatic, which means that putting people in quarantine after they become ill is not an effective public health intervention. Contemporary physicians to the 1557 flu, like Ingrassia, Valleriola, Dodoens, and Mercado, described symptoms like severe coughing, fever, myalgia, and pneumonia that all occurred within a short period of time and led to death in days if a case was to be fatal. [220] In comparison to vaccines, the development of anti-influenza drugs has been slower, with amantadine being licensed in 1966 and, almost thirty years later, the next class of drugs (the neuraminidase inhibitors) being developed. Army. [1] It is usually well tolerated. [293][294] This strain is a reassortment of several strains of H1N1 that are usually found separately, in humans, birds, and pigs. Not enough data was available to draw definite conclusions about serious complications such as pneumonia or hospitalization.