2020年06月: 2020年05月: 2020年04月: 2020年03月: 2020年02月: 2020年01月: 2019年12月: 2019年11月: 2019年10月: 2019年09月: 2019年08月: 2019年07月 {"@context":"https://schema.org","@graph":[{"@type":"Organization","@id":"https://hon-hikidashi.jp/#organization","url":"https://hon-hikidashi.jp/","name":"ほんのひきだし","sameAs":[]},{"@type":"WebSite","@id":"https://hon-hikidashi.jp/#website","url":"https://hon-hikidashi.jp/","name":"ほんのひきだし","publisher":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/#organization"}},{"@type":"WebPage","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#webpage","url":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/","inLanguage":"ja","name":"14歳からの20年で綴った全歌詞を収録!『宇多田ヒカルの言葉』","isPartOf":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/#website"},"breadcrumb":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#breadcrumblist"},"image":{"@type":"ImageObject","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#primaryimage","url":"https://hon-hikidashi.jp/wp-content/uploads/2017/12/9784789736817.jpg","width":1743,"height":2560},"primaryImageOfPage":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#primaryimage"},"datePublished":"2017-12-17T08:00:14+09:00","dateModified":"2017-12-18T03:46:14+09:00"},{"@type":"Article","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#article","isPartOf":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#webpage"},"author":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/author/hikidashi-sugimoto/#author"},"headline":"14歳からの20年で綴った全歌詞を収録!『宇多田ヒカルの言葉』","datePublished":"2017-12-17T08:00:14+09:00","dateModified":"2017-12-18T03:46:14+09:00","commentCount":0,"mainEntityOfPage":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#webpage"},"publisher":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/#organization"},"articleSection":"楽しむ, その他, 注目の新刊, ja_book","image":{"@type":"ImageObject","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#primaryimage","url":"https://hon-hikidashi.jp/wp-content/uploads/2017/12/9784789736817.jpg","width":1743,"height":2560}},{"@type":"Person","@id":"https://hon-hikidashi.jp/author/hikidashi-sugimoto/#author","name":"杉本憲史","sameAs":[],"image":{"@type":"ImageObject","@id":"https://hon-hikidashi.jp/#personlogo","url":"https://secure.gravatar.com/avatar/db89f4742d1c71acc65f2c28fa1c05d5?s=96&d=mm&r=g","width":96,"height":96,"caption":"杉本憲史"}},{"@type":"BreadcrumbList","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#breadcrumblist","itemListElement":[{"@type":"ListItem","position":1,"item":{"@type":"WebPage","@id":"https://hon-hikidashi.jp/","url":"https://hon-hikidashi.jp/","name":"ほんのひきだし"}},{"@type":"ListItem","position":2,"item":{"@type":"WebPage","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/","url":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/","name":"14歳からの20年で綴った全歌詞を収録!『宇多田ヒカルの言葉』"}}]}]} ・舞台関係の仕事の種類は?, \  進路・就職相談専門ツイート / border: 0 !important; To see this page as it is meant to appear, please enable your Javascript! } If we walk on air, All the shadows now will lose us We found, by finding each other http://www.utadahikaru.jp/news/detail.html?id=488875. 劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人(An American in Paris)』より "For You, For Me, Forevermore(フォー・ユー、フォー・ミー、フォーエヴァーモア)" の英語歌詞を見てみると、アンリのリズへ対する強い愛を読み取ることができます。アンリは愛をどのように歌っているのでしょうか? } } 僕も、十五歳だった。, 宇多田さんの音楽を語るうえで、R&Bなどのブラックミュージックからの影響は外せません。「AAA」のメンバー・日高光啓さんはソロとしてのSKY-HI名義で本書に寄稿。次のように宇多田さんの歌詞を分析しています。, 宇多田さんの歌詞って、ブラックミュージックに精通しているのは明らかで、ポップスであれ、ロックであれ、ヒップホップであれ、ブラックミュージックを経由した人なら見えることがいっぱいある。語尾に韻を落とすとか、言葉からリズムが生まれるようなライミングを自然に取り入れていたところでは、恐らく、当時主流だった日本語の歌詞にはなかったと思います。, 歌詞は、楽曲に1つの“物語”を与えるものであると同時に、“音そのもの”として楽器と同じ働きをするもの。写真家・石川竜一さんは、宇多田さんの歌詞について次のように評しています。, 彼女の歌は言葉と音が切り離せない。それは勿論、言葉と音とが綿密に選択されているということだと思うが、それよりも、ひとつの身体的な感覚によって選択されているからこその、必然的な強さのように思う。, 2010年、アーティスト活動を休止して「人間活動」に専念することを宣言した宇多田さん。その後、母親の死、再婚、出産などいくつものターニングポイントを経て、2016年に音楽シーンへ戻ってきました。冒頭でご紹介した「花束を君に」と同時配信された「真夏の通り雨」の歌詞について、小田和正さんは次のように書いています。, そうか…、止まないのか…通り雨は…。 Never such a happy pair, Everybody must excuse us 何度聴いても初めてのときと同じように、またそう思う。, 宇多田さんは、本書のまえがきで「音楽ありきで綴った詞が音楽から切り離されて読み物として成立するのか不安だった」とコメント。しかし、20年にもわたって書き続けられた歌詞には、宇多田さんがたどった人生の軌跡が刻み込まれています。文字だけになった歌詞を読むことで、文章の背後にある感情の機微や、それぞれの言葉がもつ美しい響きにあらためて気づくことができるのも本書の魅力です。, 『宇多田ヒカルの言葉』の発売を記念し、12月9日(土)から全国38の書店にて、宇多田さんがおすすめする本を集めたコーナー企画「宇多田書店」が展開中。期間中は、コーナー対象商品を購入すると、先着で「宇多田ヒカルの言葉特製しおり」を入手できます。お近くの書店へ足を運んでみてください。 float: left !important; display: inline !important; LOVE performing arts © 2020. Forevermoreの歌詞の話に際して . } clear: both !important; For you, for me, forever more. With a world of love in store 矢印の前がデュル、後が新バッハ全集です. All Rights Reserved. 新バッハ全集に基づく歌詞集は新バッハ全集のスコアそのもの以外に存在しないようです。 綴り・語句・歌詞の相違例. background: none !important; border: 0 !important; padding: 0 !important; This world will be .wp_social_bookmarking_light{ window._wpemojiSettings = {"baseUrl":"https:\/\/s.w.org\/images\/core\/emoji\/12.0.0-1\/72x72\/","ext":".png","svgUrl":"https:\/\/s.w.org\/images\/core\/emoji\/12.0.0-1\/svg\/","svgExt":".svg","source":{"concatemoji":"https:\/\/hon-hikidashi.jp\/wp-includes\/js\/wp-emoji-release.min.js?ver=5.3.6"}};