拝啓、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。, 2001年9月11日の同時多発テロ事件後、米国政府が2002年11月に成立させた海運保安法(Maritime Transportation Security Act)に基づき、CBP(米国税関)では各種のテロ防止対策を実施しており、掲題のISFはその一環で実施されている最新の規則です。 2009年1月より運用が開始され、一年間の試行期間を経て2010年1月26日より本格規制を開始しております。, 同様の規則に2003年より実施されているAMS (Advance Manifest System、通称「24時間ルール」)がございますが、両者の主な違いは次のとおりです。, 運送人が自己の責任で、輸出港の本船出港24時間前までにマニフェスト情報をCBPに申告し許可を受ける。(物流のセキュリティー対策), 米国の輸入者が自己の責任で、輸出港の本船出港24時間前までに製造業者などの情報をCBPに申告し許可を受ける。(商流のセキュリティー対策), * その他、B/L番号の申告も必須です。 * メーカー様ご自身が工場等でバン詰めされる場合、⑨は実際にバン詰めされる工場の住所、⑩はメーカー様ご自身の会社名となります。, 2)米国の港を経由して他国に輸入される貨物(FROB = Foreign cargo Remain On Board), 上記1の1)ISF10項目につきましては、米国の輸入者が米国税関に申告を行う責任者となります。ただし代理人による申告が認められており、実務上は輸入者指定の通関業者が代理申告を行うことが一般的となっております。, 10項目の中のコンテナ詰場所や業者名、またB/L番号などは発地国からの情報提供が不可欠となりますので、輸出者様に於かれましては米国輸入者の指定する期日までに発地の情報を輸入者またはその代理人にご連絡いただくことが必要となります。米国の輸入者様と、伝達する情報の項目や伝達方法、情報発信の期日など、事前に充分にお打合せいただくようお願い申し上げます。, 輸入者ないしは代理人が米国税関に申告すると、問題がない限り税関よりISF許可番号が発行されます。税関のシステム内にて、最下層のB/L番号によりISF情報とAMS情報が照合されます。 最下層のB/L番号とは、NVOCCをご使用いただく場合、NVOCC発行のHouse B/L番号が対象となるということです。ただしNVOCCによっては自社でAMSをファイルしていない場合、House B/L番号では照合できない可能性があるため、ご利用になるNVOCCにご確認いただく必要がございます。, 誤情報の申告、申告なしによる船積、AMS情報と照合できない場合等、全てCBPが課すペナルティーの対象となり、ペナルティーは申告責任者である米国の輸入者に請求されることとなります。ペナルティーの金額は一件US$5,000です。(軽減措置あり), 米国税関の通達により、船社、NVOCCなどの運送人はISF許可状況を船積時に確認する義務はなく、また、確認する術や権利を与えられておりません。(ただし問題のあるISF申告が税関のシステム内でAMSと船積前に照合された場合、AMSのシステム経由で運送人に船積禁止の命令が通知され船積できません。) isf (10+2の10項目について) 米国の輸入者が自己の責任で、輸出港の本船出港24時間前までに製造業者などの情報をcbpに申告し許可を受ける。(商流のセキュリティー対策) isfの申告要件は次のとおりです。 1.輸入者が申告する10項目の要件. Customs and Border Protection / CBP)により 2010年1月26日本施行の物流セキュリティー規制の一つです。 米国向け貨物については輸入者様もしくはその代理店様より米国税関・CBPに対し下記決められた10項目 (ISF-10)の情報提出が義務付けられました。 同様に米国を経由し第三国へ輸送される貨物(FROB,I&E,T&E 等)についても下記5項目 (ISF-5)の情報提出が義務付けされています。 本施行後は不履行 等の違反者に対し船積みの差し止め・荷揚げ拒否など他、罰則規定も 盛り込まれており、罰則金などの徴収対象となります。原則、 米国輸入者様もしくはその代理店様からの情報提出となりますが、 その情報の中には積み出し地側の情報も含まれておりますので、米国輸入様と予めご確認いただくようお願い致します。, 米国輸入様(Consignee 様)もしくはその代理店様(AGENT・通関業者・フレートフォワダー )が、 米国税関・CBP 宛に情報提出をしなければならない『10項目』(ISF-10), ③ 輸入業者登録番号・FTZ 識別番号 7. 航空貨物100%検査 [米国運輸保安局(tsa)] 9.11委員会勧告実施法は、tsaに対し、米国発の旅客機(国内線を含む)に積載される航空貨物を2010年8月までに開被検査または非接触型装置(x線または放射線検知装置)により100%検査することを求めている。 米国で荷揚げし、第三国(カナダ・メキシコ・中南米 等)に配送される貨物:ISF-5情報, 米国で荷揚げし、第三国(カナダ・メキシコ・中南米 等)に配送される貨物:ISF-5 情報. このルールは米国税関・国境警備局(U.S. このルールは米国税関・国境警備局(U.S. | q‹ó•Ö‚É‚æ‚éŠCŠOˆø‰z‚̏Š—v“ú” | ƒhƒAƒc[ƒhƒAƒT[ƒrƒX (Consolidator / Stuffer name and address), 但し、⑤-⑧ の情報に関しては、 シングルボンド(ISFボンド:75ドル前後、インポートボンド:インボイス価格の0.5%。最小で50ドル前後). 本船が米国寄港地に到着する24時間前までの修正申告は可能。, " + 2 " の下記項目については実際に輸送を請け負う船会社が提出義務をおっております。, 請負船会社が米国税関・国境警備局(CBP)宛に提出しなければならない 『 2項目 』。, 請負船会社が米国税関・国境警備局(CBP)宛に提出しなければならない 『 5項目 』 。, ① ブッキング者の名称 及び 住所(Booking party name and address), ② ご配送先の名称 及び 住所(Ship to party name and address), ③ 統計品目番号(6桁)(Commodity Harmonized Tariff Schedule of the US Number), (House) Air Waybill No.、B/L No.、 またはContainer No. ‚é‚à‚́Ao—ˆ‚È‚¢‚à‚Ì | •K—v‘—Þ 4. 2. ISF-10の申告およびその状況の確認義務は米国輸入者(あるいは代理人)にあることを、充分にご留意ください。, 尚、弊社米国法人はISF代理人の業務を行っておりますので、ご希望の場合は弊社営業担当者までご連絡いただきたく、お願い申し上げます。, 輸出者様に於かれましては米国輸入者の指定する期日までに発地の情報を輸入者またはその代理人にご連絡いただくことが必要となります。, 米国ISF (Import Security Filing、通称「10+2」)に関するご案内. アメリカに輸入するときに関係する「ボンド」についてご紹介していきます。ボンドとは、アメリカの税関に関税等の支払いを保証する掛け捨ての保険です。万が一、輸入者が関税等の支払いができない状況に置かれたときに、輸入者に代わり第三者が関税等の支払いを肩代わりしてくれます。 米国へ海上コンテナで貨物を輸出している。 該当 米国港で積み下ろしはしないが、途中寄港する。 該当 航空貨物で輸出している。 非該当 バラ積船で輸送している。 非該当 混載貨物で、米国あてに船舶で輸送している。 該当 (Manufacturer / Supplier name and address), ⑥ ご配送先の名称 及び 住所(Ship to party name and address), ⑦ ご出荷品の原産国(Country of origin of the goods), ⑧ 統計品目番号(6桁)(Commodity Harmonized Tariff Schedule of the US Number), ⑨ コンテナ詰めされた場所(Container stuffing location), ⑩ 取扱混載業者・コンテナ詰め業者の名称 及び 住所 航空貨物運送事業 2,909億円 22 4万1千人 45.5% 鉄道利用運送事業 2,841億円 1,133 7千人 88.8% 外航利用運送事業 3,311億円 1,069 4千人 80.8% 営業収入・従業員数・中小企業の割合は 報告書提出事業者537者分 航空利用運送事業 7,131億円 203 1万2千人 70.4% を入力してください。カスタマーアカウント番号でご利用いただくRegistered tracking serviceはこちらをクリックしてください。. アメリカ合衆国へ船便で貨物を送る場合、isfと呼ばれるセキュリティのための特別の申告をする必要がございます。 ジャパンラゲージエクスプレスではisfの代理申請も行っております。 米国発の輸出通関は簡単 ! | ¢ŠE‚̍‘Û‹ó`‘—— | ‚a‚k–ñŠ¼˜a–ó•¶. | ƒI[ƒXƒgƒ‰ƒŠƒA | ƒjƒ…[ƒW[ƒ‰ƒ“ƒh 米国海上規定運賃をコントロールするFMC; 6. 米国輸入時に起こるCustoms Bondって? 5. 以上の5点に関しましては 出港の2日または3日前に当社よりEメールにてご案内いたします。 1)米国向け貨物 Customs and Border Protection / CBP)により、2010年1月26日本施行の物流セキュリティー規制の一つ。通称「米国10+2ルール」とも呼ばれる。 特殊貨物・重量物・大型工作機械などのオーバーゲージ貨物もお任せ! フラットラックやオープントップコンテナなどの、オーバーゲージカーゴに関しても、そのためのスペースを潤沢に確保しています。 Copyright © 2016 HUNADE All Rights Reserved. 船便米国向け貨物でISF申請をアメリカの通関業者に依頼される場合の手続きのご案内。 ... SCACコード 4) origin Stuffing CFS 5) Consolidator's name and adress. © YUSEN LOGISTICS CO., LTD. All Rights Reserved. 外国から米国(アメリカ)内に貨物を輸入するときは「ボンド」と呼ばれる保険があります。ボンドとは、いわゆる米国税関に対する保険制度であり、アメリカに輸入する人が支払うべき費用の一つです。そこで、この記事では、アメリカ貿易に関係するボンドの概要をご紹介していきます。, アメリカに貨物を輸入する人は、米国税関に対する保険としてボンドを用意します。いわゆる掛け捨ての保険であり、インボイス価格が2500ドル以上の物を輸入するときに使います。主な目的は、万が一、輸入者が関税、税関、その他の罰金などを支払えないときに、保険会社が米国税関に関税などの支払いを保証することです。, 輸入ボンドは、輸入ごとに支払う「シングルボンド」と、年間を通して適用する「年間ボンド」の2種類があります。輸入頻度が多い業者は、年間ボンドでの加入が必須です。それぞれの価格は、次の通りです。これらのボンドは、米国内の通関業者を通して購入ができます。, ドレージ輸送に関する基礎的な知識をご紹介しています。ドレーは、港から配送先までの往復料金に対して課金する「ラウンド料金制」を採用しています。この記事では、このドレージの仕組み、メリットやデメリット、デバンとバンニングの関係、ショートドレージ費用、手配方法やドレージのタリフと支払い額を求める計算方法をご紹介していきます。, EIR(機器受渡書)とは、コンテナ自体のダメージを証明する書類です。コンテナがターミナルから出るとき、または入るときにチェッカーにより、貨物自体へのダメージの有無を確認しています。EIRがある意味は、保険求償などの証明にも役立ちます。この記事ではEIRのサンプルを含めてご紹介しています。, 中国からの高速船便サービス(フェリー)をご紹介していきます。納期が短いものを輸送するときは、航空輸送を選びがちです。しかし、航空輸送となると、一気に輸送代金が上がり、販売価格上、厳しくなることが多いです。そこで、オススメするのが上海と大阪との間を結ぶフェリー船です。フェリー船を使えば、上海~大阪間を最速48時間で輸送できます。, 海上コンテナを輸送する費用の内訳についてご紹介しています。海上運賃の内訳は、オーシャンフレートの基本部分と、さまざまな変動要因をカバーするための「サーチャージ」部分があります。これら両方の費用が合わせられて海上運賃となります。, 40フィートコンテナのHQとGPの違いと使分ける理由についてご紹介しています。HQはハイキューブコンテナ、GPは一般コンテナです。両者の違いは、コンテナの高さにあります。HQの方が1フィート高くなっているため、コンテナで運べる体積が多いです。つまり、輸送時にかさばる貨物の輸送に適しています。, FCL(コンテナ輸送)とLCL(混載輸送)のメリット・デメリットをお伝えしています。FCLはコンテナを独占的に使えるため、貨物へのダメージは少ないです。逆に混載輸送は他の荷物とのぶつかり合いによってダメージが発生する可能性が高いです。しかし、料金は安いです。両者には一長一短がありますので、それぞれの特徴などを考えて適切な輸送方法を選択しなければなりません。, 貿易・輸入実務の現場では「本船のETAは?」という質問がされます。ETAとは、本船が日本へ到着する日のことです。ETAから輸入許可のタイミングなどを把握することができるため、その後の客先への納品日などをあわせてご案内できるようになります。しかし、ETAは常に変更されるものであることを認識しておく必要があります。仮にETAから客先への納品日をぎりぎりに設定していると、すぐに納期遅れにつながることになるため注意が必要です。.