(4)我が国企業活動や通商政策への貢献 人事課が班をまわり... 【あなたが企業を選ぶ際に最も大切にしている基準は何ですか。また、JETROの志望理由を教えてください。(150文字)】日本の経済発展のために、海外との懸け橋を築く仕事ができる企業で働きたい。留学経験中に、日本の素晴らしさがまだ十分に海外へ伝わっていないと感じ、真の魅力を世界に発信したいと思った。貴機構にて、日本企業の海外進... 【あなたが企業を選ぶ際に最も大切にしている基準は何ですか。また、JETROの志望理由を教えてください。(150文字)】「世の中に影響力のある仕事を通し、世界と日本の架け橋を作りたい」、「誰かの人生に影響を与えたい」という思いを大切にしています。様々な日本企業の海外進出を支えながら、海外企業の誘致も行っている貴機構ならば、日... 【志望理由】日本の地方経済を活性化する架け橋になれると考え志望致しました。 (5)グローバル時代の地方創生への貢献, 直近では、「Withコロナ」「Afterコロナ」の時代に即した越境ECの活用、オンライン展示商談会の実施、そこで得られる海外マーケティングデータの分析活用や、DXやオープンイノベーションを軸とした日本国内のイノベーション促進を進めています。, 民間ではない特別な立場で、日本のプレゼンス向上のため、グローバルな世界にチャレンジしたい方との出会いを楽しみにしています。, 外国企業の対日投資やスタートアップの海外展開を通したイノベーション促進、日本企業の海外展開支援、世界の最新経済産業情報の調査研究。, この国が力強く成長するために、企業を支える立場で、今何をすべきかを必死に考える仕事。国内外の現場に出て、ひたすら企業の声を聞き、市場の動きを読み取り、日本と海外の橋渡しをする仕事。, 中立的で信頼される機関の職員として、企業に寄り添い見る景色は、特別に広いフィールドです。, 日本が世界で信頼される経済パートナーであるために、新しい視点を持ち続け、機動的な海外ビジネス支援を実施する。これが、JETROの使命です。, グローバル化が進む昨今、世界中で市場獲得競争が激化しています。日本が持続的に成長していくためには、拡大するアジア市場、新興国市場、欧米などの成熟市場へ、戦略的にビジネス展開を図っていくことが必要です。加えて、日本が抱える多くの課題を解決するために、新しい技術、ノウハウ、サービスをもたらす諸外国の企業を日本に誘致し、新たなイノベーションを創出することが重要な課題となっています。, JETROは、こうした状況を踏まえ、国内の産業界や中小企業からのニーズに基づき、日本の置かれた国際的な環境、政策の要請、海外諸国や国際機関との関係を踏まえた活動を展開しています。, 現在、70ヶ所を超える海外事務所ならびに本部(東京)、大阪本部、アジア経済研究所、および国内事務所をあわせ約40の国内拠点からなる国内外ネットワークを活用し、1,766名のスタッフがミッション達成のために業務に励んでいます。, JETROが最も大切にし、誇りに思えるものは、「人材」という財産。世界のビジネス環境が激化する中、JETROでは、企業や政府の多様なニーズに迅速に応え、組織のミッションを達成するため、職員の人材育成を重要視しています。, 入構後は、新入研修に加え、貿易実務や自由貿易協定など国際ビジネスに必要な基本知識を徹底的に学んでもらいます。その後、各職場でのOJT研修を通して、調査・情報収集能力、事業の企画・運営能力、国際コミュニケーション能力など、JETRO職員として求められる知識・ビジネススキルを習得していきます。, 3年目から海外経験を積める海外研修制度(語学・実習)や、語学研修、北米シンクタンクへの出向ポストなどより俯瞰的に世界を見る機会を整備しています。. クボタに就職したいと考えている人は多くいると思うのですが、クボタの就職の難易度が気になると思います。クボタの就職における難易度を調べるときには、まずは倍率を知っておくと良いと思うのです。しかし、調べてみてもクボタの就職の倍率はヒットしないのです。 【あなたの長所と、それをJETROでどのように活かすことが出来ると思いますか?(200字)】私の長所は誠実で正義感があるところです。自分が価値を認められるべきだと感じれば精一杯それを応援します。私は大学三年生まで学園祭実行委員でした。自校の学園祭には誇りを持っており、渉外担当として企業や店舗に学園祭の良さを伝え、多くの協賛... 【インターンで取り組んだ課題・業務の具体的な内容】JETROの大きな役割として説明されるものの一つである、中小企業の海外進出支援を5人グループに分かれ、JETRO職員のつもりでプランを練った。 ビジネス戦略及びそれに伴うJETROのスキームを提案する。 (3)中堅・中小企業など我が国企業の海外展開支援 日本と世界の架け橋として、世界各国70か所以上の海外事務所、および全都道府県に広がる国内事務所のネットワークを活かし、次の事業を展開しています。 貴機構は、中立的な立場としてビジネスのサポートを行っており、目先の利益にとらわれずに日本経済の発展を支援することが... こんにちは、ワンキャリ編集部です。「第一志望に受かりたい」「選考突破に必要な情報だけを知りたい」「色々な人の考えに触れたい」そんな気持ちに答えるべく、ワンキャリアでは4000社を超える人気企業の... ⓒ2009-2020 ONE CAREER Inc. All Rights Reserved. jetroとは何か知っていますか?あまり聞きなれないと思いますが、jetroとは日本貿易振興機構のことです。jetroとはどんなことをしているのか、職員になるためにはどうすれば良いのかなど、順に説明していきます。参考にしてみてください。 JETROは、「世界の最前線で、日本を強くする。」ための貿易投資促進機関です。 クボタに就職したいと考えている人は多くいると思うのですが、クボタの就職の難易度が気になると思います。クボタの就職における難易度を調べるときには、まずは倍率を知っておくと良いと思うのです。しかし、調べてみてもクボタの就職の倍率はヒットしないのです。かなり大きな会社なので、人気は高いでしょう。クボタの就職における倍率が調べられないので、クボタの就職の難易度というのもそこまで正確には分かりませんが、クボタの就職では採用人数は結構多いので、思ったほど倍率が上がりづらいということは言えるのではないか?と思うのです。クボタの就職では採用人数は150名前後となっているので、毎年かなり多くの人たちが採用されています。そういった中で学歴フィルターがあるのか?という点は気になると思います。, クボタの就職における難易度として、学歴フィルターについてはチェックしておかないといけません。クボタの就職で学歴フィルターがあるか?というのは、非常に重要なのです。クボタの採用試験の難易度にかかわってくると言えます。クボタの就職の倍率が分からないので、学歴フィルターがあるか?に関しては正確には言えませんけど、可能性としては高くはないのではないか?と思います。人気の会社なので、倍率が高そうなイメージですけど、採用人数が多いということは、倍率が上がりづらい要因があるということになります。そうなると、学歴フィルターを実施するほどの倍率じゃない可能性もあるということです。クボタの就職における難易度として学歴フィルターは重要ですけど、やはり倍率が分からないので、推測になってしまいます。あとは採用実績校を見るということもできますけど、クボタの採用実績校では、掲載がある範囲ではMARCHあたりが最低ラインです。したがって、これだと学歴フィルターの有無の判断は難しいと言えます。, 掲載がある範囲での話なので、それ以外にもいろいろな大学名が載っている可能性はあります。クボタの就職では学歴フィルターがあるか?という点に関しては、採用実績校からは判断できません。だから、倍率を見るということになるわけですが、クボタの就職における倍率に関しては詳細がないので分かりませんが、採用人数から推測すると、そこまで倍率は高くはないのではないか?ということが言えます。クボタの採用試験の難易度に関して重要ですが、はっきりしたことは言えません。とはいっても、学歴や大学名は恐らく選考では関係してくるでしょう。だから、クボタの就職では学歴や大学名は無関係ではないと思っておくべきでしょう。学歴フィルターについての正確な判断はできませんが。あとはクボタの就職の評判に関しても知っておくと良いです。会社の実態を把握することが重要なので、クボタに就職したい人は社員の口コミから働き方などに関して知っておきましょう。クボタの仕事は激務か?といったことは気になると思いますから。, クボタの就職の評判をチェックする際にまず重要なのは平均年収です。クボタの平均年収を把握しておいてほしいですけど、約800万円くらいあります。平均年収はかなり高い方だと思いますけど、問題は働き方です。クボタの仕事は激務なのか?と言った部分は重要ですが、クボタの平均の1日の労働時間は9~10時間ほどとなっています。したがって、クボタの仕事はすごい長時間労働ではないですけど、残業はそれなりにありそうです。口コミを見ていると、営業職は忙しいようです。どの会社も営業は最も忙しい場合が多いですけど、クボタでも営業に関してはほぼ毎日残業があるらしくて、ノー残業デーの日があっても、その日も残業を多少なりともやらないといけないという評判です。あとは技術系の部署も忙しいようです。そういった口コミがあります。クボタではこういったところが多少なりとも激務になりがちなのかな?と思われます。, 一方で全くと言って良いほど残業がないような部署もあるようなので、働き方はそれぞれでかなり異なるということなのでしょう。有給休暇の取りやすさに関しても部署によって違いがあり、忙しいところとそうじゃないところで結果的に取得日数が異なるということがあるようです。土日祝日が休みであり、休日はしっかりととることができるのでその点は心配ないと言えると思います。そして、残業をした分に関してちゃんと残業代が出るので、その点も問題ないでしょう。部署によっては激務に感じることはあるものの、クボタの就職の評判においては評価されているところもあるようですし、こういう部分に関しても知っておくと良いと思います。働きやすさは人によって違うので、そこは知っておいてほしいですけど、クボタの就職の評判として会社の実態を調べて、ある程度納得したうえで受験をしていきましょう。クボタの採用試験の難易度のみではなく、会社での働き方を知っておくと企業研究としても生きると思います。, 就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカは企業の方からスカウトを送ってくるという性質のナビサイトであるため、実際に企業がスカウトを送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。, だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などを受けずに、その次の選考から始められるというケースが存在しているのです。そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。, 現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。, denkiirukaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 日本貿易振興機構[jetro]の口コミが4065件書いてある掲示板です。日本貿易振興機構[jetro]での就活の悩みや本選考情報はもちろん、インターンでの報酬や交通費、服装についての質問など気軽に書き込めます。また、過去の口コミからesや面接の結果連絡に何日かかったかなどもチェックできます! (5)グローバル時代の地方創生への貢献, 直近では、「Withコロナ」「Afterコロナ」の時代に即した越境ECの活用、オンライン展示商談会の実施、そこで得られる海外マーケティングデータの分析活用や、DXやオープンイノベーションを軸とした日本国内のイノベーション促進を進めています。, 民間ではない特別な立場で、日本のプレゼンス向上のため、グローバルな世界にチャレンジしたい方との出会いを楽しみにしています。, 外国企業の対日投資やスタートアップの海外展開を通したイノベーション促進、日本企業の海外展開支援、世界の最新経済産業情報の調査研究。, この国が力強く成長するために、企業を支える立場で、今何をすべきかを必死に考える仕事。国内外の現場に出て、ひたすら企業の声を聞き、市場の動きを読み取り、日本と海外の橋渡しをする仕事。, 中立的で信頼される機関の職員として、企業に寄り添い見る景色は、特別に広いフィールドです。, 日本が世界で信頼される経済パートナーであるために、新しい視点を持ち続け、機動的な海外ビジネス支援を実施する。これが、JETROの使命です。, グローバル化が進む昨今、世界中で市場獲得競争が激化しています。日本が持続的に成長していくためには、拡大するアジア市場、新興国市場、欧米などの成熟市場へ、戦略的にビジネス展開を図っていくことが必要です。加えて、日本が抱える多くの課題を解決するために、新しい技術、ノウハウ、サービスをもたらす諸外国の企業を日本に誘致し、新たなイノベーションを創出することが重要な課題となっています。, JETROは、こうした状況を踏まえ、国内の産業界や中小企業からのニーズに基づき、日本の置かれた国際的な環境、政策の要請、海外諸国や国際機関との関係を踏まえた活動を展開しています。, 現在、70ヶ所を超える海外事務所ならびに本部(東京)、大阪本部、アジア経済研究所、および国内事務所をあわせ約40の国内拠点からなる国内外ネットワークを活用し、1,766名のスタッフがミッション達成のために業務に励んでいます。, JETROが最も大切にし、誇りに思えるものは、「人材」という財産。世界のビジネス環境が激化する中、JETROでは、企業や政府の多様なニーズに迅速に応え、組織のミッションを達成するため、職員の人材育成を重要視しています。, 入構後は、新入研修に加え、貿易実務や自由貿易協定など国際ビジネスに必要な基本知識を徹底的に学んでもらいます。その後、各職場でのOJT研修を通して、調査・情報収集能力、事業の企画・運営能力、国際コミュニケーション能力など、JETRO職員として求められる知識・ビジネススキルを習得していきます。, 3年目から海外経験を積める海外研修制度(語学・実習)や、語学研修、北米シンクタンクへの出向ポストなどより俯瞰的に世界を見る機会を整備しています。.