①台湾に留学中の25歳の女性・ルーシーは強制的に腹に麻薬を埋められ、運び屋にされる。蹴られた時に中の袋が破れ、薬物が洩れてルーシーの脳が覚醒する。②脳の覚醒で能力がアップしたルーシーは、そのせいであと24時間以内に死ぬことを悟り、脳科学者・ノーマン博士に協力を申し出る。他の運び屋の麻薬も回収して摂取したルーシーは、約束どおり覚醒後の知識をUSBに入れてノーマン博士に渡した。 壮絶な強さの電流が流れてしまうというシーン。 宗教的な抗議のためにいくら拷問されても吐かないぞ! ちょっと前まで拷問シーンでは逃げていたのに、 とにかく拷問!!という作品でした。本当にずっと拷問。, だもんで、エンターテインメント作品としては全く観れないくらい辛いし 映画が終わるというものでした。, 爆弾処理班は爆弾いっこ見つけた時点で lucy/ルーシー(2014)の映画情報。評価レビュー 3080件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:スカーレット・ヨハンソン 他。『レオン』や『ニキータ』などクールなヒロイン像を打ち出してきたリュック・ベッソン監督と、スカーレット・ヨハンソンが初めて組んだアクションスリラー。 (映画.comより), 予告を最初に観れば良かった……。 映画『オー・ルーシー!/OH LUCY!』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:Oh Lucy! Hがグチャグチャ拷問をした後にヘレンが話しかけてケアする事で ガチに子供たちが危なくなると思ったので、 他にも考えてみれば色々なメッセージ性があるという可能性もありそう。 なんだかんだ言いながら暴力が全てに打ち勝つというやり方は いつかヘレンの方に爆弾の場所を教えるんではないかとの事。, ちなみにヘレンは拷問怖い!の部分は結構僕に近く、 ブラッドリー・クーパー主演『リミットレス』ネタバレ映画感想 あらすじ『作家志望のエディ・モーラは、出版社と契約を交わし… 2013-08-25 まあその時はその時か!」と何故かやたら前向き。, そして日本版オンリーの最悪な結末がどんなんだったかというと、 というところが見つからず非常に難しい作品でした。, 恐ろしいまでのモチベーションで作り上げられたんだろうな…… 別バージョンをオリジナルとした上で ヤンガーにだけ全く変化がないまま終盤へ。そう、噂の終盤へ。, 洋画のDVDにたまにある「もう一つのエンディング」というやつ。 おおついにヤンガーも心境の変化が……と思ったら テロは防ぎたいけどHの血まみれ拷問に納得いかないヘレン。 映画の評価やストーリーのあらすじ、ネタバレを画像や動画付きでチェック! Lucy 運び屋として麻薬を体内に隠されたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)。しかしその薬が体内に漏れ、脳が覚醒。人の理解を超えたルーシーは次第に自分を失っていく。 これたぶん評価を下げる要因は、なんで台湾やフランスであんな韓国マフィアが香港ノワールばりに大暴れしてんのか? ってところ... Netflixで鑑賞後、「いやあ面白かった」と思わず口をついて出た。壮大な物語がコンパクトに纏まっていてとても良い。とあ... 「Yahoo!映画」はYahoo! つまり、ずっと拷問が続きます。2時間。, ちなみに、Hの目論見では飴と鞭でいずれ吐くだろうという事で LUCY/ルーシー原題:Lucy2014/フランス 上映時間89分監督・脚本:リュック・ベッソン製作:ビルジニー・ベッソン=シラ製作総指揮:マーク・シュミュー… だけど、それをじっくり考えられるほど自分は冷静に視聴出来なかったです。, 結局、おぞましい暴力で相手を屈服させて、 この作品では爆弾処理班がやたら詰め甘い感じでした。, という事で、ヤンガーはある意味では全て白状していたし、 とりあえず言われていた分の爆弾はありました!良かった! そういうシーンもちょいちょい挟みつつですが、 拷問が国としてやっちゃいけない!という考えだけでなく それを観る側にイメージさせるだけの後味の悪い終わり方。, 何度も書いたように、テロリストとの闘い! 演じる側も心に傷を負ったであろう誰も救われない映画でした。, もしかしたら、こういう事が実は裏では行われているんじゃないか、 爆弾処理班っぽい人が不注意で謎の張り紙に触れたせいで起きたし アメリカではテロから国民を守る為にここまでやってるぜ? いやすぐ脇なんだからもうちょっと注意深く全体を探してよ! FBI側も「これでもう1個追加でどっかにあっても、 という告発のような意味合いがあるかもしれないし、 Episode 20】今度はケイトが無理矢理ピンチ継続展開(ネタバレ感想), 映画【秒速5センチメートル】電車遅延をこんなにヒリヒリ感じる映画は今までにない!(ネタバレ感想). Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. なかなかヤンガーが白状しないのでメスを容赦なく胸に突き刺すなど 海外ドラマ【パージ/the purge シーズン1】4話/パージのテーマパーク化に苦笑(ネタバレ感想) 2020年8月9日; 映画【インパクト・ポイント】地上波、昼にやってるサスペンス映画系(ネタバレ感想) 2020年7月31日; 最近のコメント 日本版はその第一候補エンディングバージョンで公開しちゃったそうです。, 終盤は、結局コイツはどんな痛みを与えても白状しないと思い、 「さてそろそろ拷問続けっか、見ない方がいいよ」というと、 公開年:2009年 それがチクタクチクタク、3,2,1、ゼロ!!で ある意味では引っ掛けをしていたわけで、 とてつもなく怖いんだなと。いやもう、とにかく落ち込む作品でした。, ホラー、サスペンス好き。でも、拷問シーンは超苦手なUKロック好きが、映画、ドラマにツッコミを入れたり勝手に考察したりする自己満足ブログです。基本ネタバレです!, 映画【天使の欲望(2013)】たった40分で後味悪くなりすぎる友情崩壊劇(ネタバレ感想), 映画【監禁 レディ・ベンジェンス】序盤10分で警察に届ければこんな事には……(ネタバレ感想), 海外ドラマ【パージ/THE PURGE シーズン1】4話/パージのテーマパーク化に苦笑(ネタバレ感想), 映画【蝋人形の館】手癖悪すぎるのでジャック・バウアーは助けに来てくれないが兄が来た(ネタバレ感想), 海外ドラマ【24 -TWENTY FOUR- Season 2. 拷問専用ブースを造り上げている)の中でHが アメリカに対する憎しみからテロリストとなり、ある3都市に核爆弾を仕掛けたことを告白。 『レオン』や『ニキータ』などクールなヒロイン像を打ち出してきたリュック・ベッソン監督と、スカーレット・ヨハンソンが初めて組んだアクションスリラー。体内に埋め込まれた特殊な薬が漏れたことで脳機能が驚異的... マイケル・シーン、スティーブン・ルート、他 これが核爆弾だから想像もつかぬ絶望的な状況になるのか、 これは以前『24』でジャックも似た事をしたな……。, 「ちょっと待て!盗まれた爆弾の材料の量的に考えると、 という事でひっそり暮らしていたH(サミュエル・L・ジャクソン)が呼ばれると……, (C)2009 Unthinkable Clock Borrower, LLC. あらすじだけ読むと、高度な心理戦を含むアクション&サスペンス映画かなと。 コイツの言っている爆弾の個数より JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. 爆弾の在り処を見つけろ!的な要素ではなく、 そんな軽い気持ちで観始めたのです。まさか、まさか、 FBI捜査官のヘレンと尋問のプロ“H”は、それぞれの方法でテロを阻止しようと奔走する。 All rights reserved. 止めるでもなく、見ないように慌てて逃げる。 『lucy ルーシー』を試写会で見ましたよっと。 えっとですね、真面目にレビュー書いたら負けだと思うのでふざけます← 『LUCY ルーシー』感想、突っ込んだら負け[ネタバレなし] - 映画と暮らしのブログ 残虐な性格に豹変していきます。恐ろしいね。, (C)2009 Unthinkable Clock Borrower, LLC. 拷問室(秘密裏の場所でどっかの学校の体育館っぽいところに All Rights Reserved./IMDbより, やるからには絶対に吐かせてやるというH。 前から気になっていた作品俺TSUEEEEEE物かと思って期待したがまたちょっと違う映画だった 人間の可能性という題材で面白くはあったけど難しいこの映画が言いたいことはなんとなくは理解できるけど言葉では説明できない難しさレビューで酷評をしている奴は理解できない自分を認めたくないんだろうなと思った, 映画評価:30点もうツッコミ所が満載(笑)主人公ルーシーは、マフィアの闇取引に巻き込まれるのをきっかけに脳を覚醒させ始める部分部分の見識は面白いし夢もあるでも、脳を覚醒させるだけであそこまでの能力が目覚めるのかは疑問あくまで、この作品の世界観の話しなのでそこは気にしないですが対戦相手にマフィアを選んだのが間違いだと思った。あれだけ人智を越えたのにマフィアが相手になる訳もなく(汗)なんか逆に可哀想になってきましたアイディアは良いし、お金も沢山かかってるし、壮大でした!【2020.8.6観賞】, なにげなく、長くなさそうなので、オンデマンドで観ました。最近、潜在意識について、色々考えていたところだったので、をを、これはめぐり合わせ~って、観てたら・・・・ん? あれれ?そういや、これ、前に観たことあるような・・・・で、ラストのUSBメモリでこけて、思い出しました。そう!!  前もここでこけた。wwあ、ね~~~ ま、漫画的に、テロップみたいなのをいろいろ挟みながら、退屈せずに観られたからいいか。 とはいえ、ちょっと☆は少な目にさせていただきました。豪華な、SFコミック。今までなら、日本なんだけど、韓国、なんだよね~~ って、前に観た時も思った。ま、時代の流れです。, 何かをリアルに表現したいのであれば、細部にこそこだわるべきだ。伝えたいメッセージがあるのであれば、全ての事象の方向をそこへ向けるべきだ。全ておいて陳腐な出来。この映画の良い所は90分にまとめたところだけ。スカーレット・ヨハンソンとCGの無駄遣い。, 見出しの印象は、特殊な能力を身につけたルーシーが、韓国のマフィアと戦う話かと思ったけど。まったく話が違っていて、途中からギャングなんて全然、ルーシーの眼中になかったもんね。彼女が、超人的な能力を身につけて、完全無欠の状態になり、自分を犠牲にしてまでも私達人間に本当の人類の進化論を伝えたかったかのように思えました。この映画、1回か2回見るだけでは、まだまだですね。奥が深そうです。でも、ルーシーが、覚醒するにつれて、自分の自覚、感情、性格が、失われてくのは、ちょっと空しく感じました。2回目の鑑賞時は、ルーシーがお母さんとの電話の場面なんて、泣けてくるよ‼️, スカーレットヨハンソン目当てでずっと見たかったんだけど、公開当初そこまで盛り上がらなかった印象で忘れてて、今日。ユーネクストに合ったので鑑賞。割と楽しみにしている。まず冒頭イルカが20%の脳味噌を使っていることは全く知らなくて、へぇーと思った。また人間がそんなに脳の能力を、使い切れていないだとも同時に思った。1%とか最初何のことと思ったが、徐々に意味が分かりその演出はいちいちかっこいい。ただ重要はエボリューションのシーンは若干雑というか大味に感じる。また本映画はもしかしたら人生史上1番の映画になるかもしれないというワクワク感はがあったのだが、ラストがやはり、、というところだろうか。過去に行ったなら未来も観たいし。ただ現代の表現力だとここが限界なのか、など色々と考えさせられる結末。, 他者との共通認識を尋ねても意味はなく、それぞれが持つ認識の重なり合う部分にエネルギーの交換ルールを確認して初めて世界というものが構築される。と言うのがこの映画を見ての最終理解兼結論となった。, 人間の脳を100%使ったら、スーパーコンピューターになってUSBメモリーを作って消えちゃうのかー……そんなわけないだろ!!と思わず突っ込んでしまうけど、突っ込んだ人は負けなのです。細かいことをいうやつは、LEONでも観ていやがれってんだ!!マトリックスとか2001年宇宙の旅辺りをちらっと思い浮かばせる雰囲気があったり、カーアクションやガンアクションが派手だったりとサービス精神ある映画だったように感じた。頭空っぽにして観るとそこそこ楽しい映画。, 人間は脳の10パーセントしか使ってない!ここから発想を展開して全てのプロットが生み出された作品であることは間違いない。 序盤からヨハンソン演ずるルーシーが韓国マフィアの運び屋にされてしまう経緯と、フリーマン演ずる脳科学者であるノーマン博士の演説。それに地球誕生からの自然ドキュメント映像などを交えて人間の脳進化の過程を描いている。いきなり猿が遊んでる映像なんてのは『2001年宇宙の旅』のパクリかと思ったけど、そこはベッソン監督だから許せる範囲(笑)。 サスペンス要素も満載で、マフィアに暴行されたときに埋められてあった体内のドラッグが溶けだしてしまったルーシーは徐々に脳に変化が起こり、頭の回転の良さのみならず、他人の心や物体を動かす超能力まで身に付けてしまう。しかし、まだまだ脳の使用量は20パーセント弱。なぜだか、もっと薬が欲しくなり、同じく運び屋にされてしまった3人の男たちを追うのである。すでに中毒症状なのか?と思いきや、その中毒症状は脳の活性化100%を求める何かが働いていた・・・ 運び屋を追うと同時に、脳科学者ノーマンとコンタクトを取ろうとするルーシー。助けてほしいのか未来の人類のために進化そのものを教えようとしていたのか、頭の良い人の考えがわからないと同じように、何が目的だかわからないまま緊迫感のある展開にくぎづけ。 発想が面白いんだけど、SF的な終わり方以外はギリギリ合格点て感じの作品。しかし、ヨハンソンの魅力と、マフィアのボスであるチェ・ミンシクの怖さが際立っていたことで加点。〈2014年9月映画館にて〉, ストーリー/脚本が安直というか、予想以上に肩透かし感が否めない。色んな映画のオマージュ(パ◯リというか)に監督のアイディアの枯渇を感じずにいられない。似たようなテーマなら、昔トヨエツと武田真治が共演したnight headの方が出来が良い気がする。, 関暁夫が言ってることはこう言うことなんだろうなとは思った。が、無理がありすぎないか?段々とコントに見えてきて。そう言う目線では面白かった笑あんだけやって、最後なんでUSB?笑笑, まずこの映画には生命という大きなテーマがあり、その中でも生命の始まりやその本質について語られています。このことは、映画内部でご丁寧にも冒頭から終盤に至るまで長々としつこめに説明されていることから見て取れます。その上でこの映画はあるひとつの問いを投げかけているわけであります。すなわち、生命が内包する知識(あるいは遺伝子と言っていいかも)の行き着く先はいったいどこなのか、という問いです。押井守監督作品のひとつであるGhost in the shell/攻殻機動隊では哲学的にこれを説明しようと試みたわけです。草薙素子は人形使いとリンクし、均一なるマトリクスの裂け目の向こうへ旅立ちました。我童子のときは語ることも童子のごとく...(以下略)さて、生命の本質は遺伝情報を後世に伝えることにあるとする...というのが一般的な考え方でしょう。で、あるならば、究極の生命体とも言える、無限の知識を持った生命でさえも後世にその情報を伝えるべき、あるいは伝えようとふるまうはずなのです。Lucyは無限の知識を獲得しました。彼女のなすべきことというのはその知識を後世に伝えること。Lucyには時間がありません。無限の知識を表現するにはヒトの肉体ではもはやヘッダが足りていない。無限の知識というのは何でも知っているということ。時空さえも乗り越え、宇宙をも包み込む得体のしれないものです。最後のシーンで携帯電話に"私はどこにでもいる"とメッセージを遺したのはそういうことです。, 面白かったですちょっと生々しいところもありましたが脳が使われるにつれどうなるんだろう、というドキドキ感がありましたラストはちょっと難しかったです, 難しいSF。一言そういう感想。終わり方 私はどこにでもいる って言ってたけど、あれは何?神様とかそんな感じのものになったってこと?よく分からなかったけど、モヤッとした終わり方だった。ハッピーにもバッドにもなるのではなく、疑問がうまれた。, この時間内によく収めたし、これ以上長いと苦しいだろう。やりたいことと、興行性や分かりやすさと、絶妙なバランスの上に成り立つ、実は繊細な作品。連作にして描ききっても面白かっただろうが、そこまでのコンテンツでもなかったのかもしれない。人の脳の未開拓部という、誰もが想像したことのあることに挑んだ。, 覚醒した主人公が悪の組織とバトルする話だと思ったら全然違った…ルーシーが最初からあまりにも強すぎて面白味がない。刑事さんほんとに手伝うこと何もなくて笑う。100%まで覚醒したら神になるということ?まぁその辺はあくまでも想像の世界だし映画だし否定することではないけどやっぱり違和感ある。とにかくコレじゃない感がすごい。けど脳は10%しか使われてないっていうただの都市伝説でここまでスケールの大きい想像ができるのはすごいと思う。, グラン・ブルー、ニキータ、レオンなどすごーく昔はリュック・ベッソンのファンだった。でも、フィフス・エレメントあたりからちょっとついていけない感。これもやっぱり。好きなタイプではなくなったなぁ, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, 北村匠海、満席の客入りにニッコリ 矢崎仁司監督は感極まる2020年11月14日 22:15, 綾野剛、熱く説く エンタメは「不急ではあっても不要ではない」2020年11月14日 19:30, 「キングダム」佐藤信介監督、Netflix映画「Water Margin」でメガホン2020年11月14日 11:30, 石岡瑛子さん世界初の大規模回顧展が開幕 コッポラ、ターセム・シンらとのコラボレーション2020年11月14日 11:00, マーベルドラマ「ワンダヴィジョン」、21年1月15日に日米同時配信2020年11月14日 08:30, 「鬼滅の刃」興行収入200億円突破! 歴代興収ランキング5位に2020年11月9日 12:12, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定2020年11月7日 08:00, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?2020年11月12日 14:00, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場2020年11月10日 13:00, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編2020年11月10日 06:00, 改めて観てみると、最初は1%だってことは、ルーシーはパープー姉ちゃんだったってことか?, 「キングダム」佐藤信介監督、Netflix映画「Water Margin」でメガホン, 石岡瑛子さん世界初の大規模回顧展が開幕 コッポラ、ターセム・シンらとのコラボレーション, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編, 「ストックホルム・ケース」(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group.