d 連動データ 視聴中の番組と、その番組に連動するデータ放送への切り換えを行います。 開/閉 ディスクトレイの開け閉めをします。 音声切換 * /字幕切換 音声を切り換えます。または、字幕を切り換えます。 ポップアップ/メニュー セルにポップアップメニューを追加してから、ポップアップメニューに表示される項目を指定することができます。Numbersでは、テキストのみならず日付および期間などの数値であるメニュー項目が認識されます。ポップアップメニューを数値項目に設定しているセルを数式で参照できます。 [書式]-[フィールド Numbersの表のセルは、直接セルに記述したり他のセルの計算結果を表示したりするだけではありません。 同じシートの別の表や、別のシートの表の内容を参照する事もできます。 別のシートでの計算結果をセルに表示させてグラフに反映させたりなどの、幅広い汎用的な使い方ができます。 NumbersでExcelのようにプルダウンの連動が行えるかを知りたいです。例えば名簿リストを作成する際にセルで「部署」「メンバー」で分けたい際に、 ポップアップメニューで部署リストを作成しその中の総務部を選択すると、 4. One Two Three 選択された値: 応用例 「複数選択」リンクをクリックすると、プルダウンメニューのアイテムリストがポップアップ表示され、チェックボックスのON・OFFで複数選択できるようになります。【終了】ボタンをクリックすると、選択した値はプルダウンに反映されます。 [データ]タブで、[値一覧:]から「項目のタイプ」を選択します。 FileMaker Pro 10 以前を使用する場合: 1. JavaScriptでポップアップを表示したい ユーザーが入力できるポップアップを制御したい 入力された内容によって処理を分岐させることはできるの? Webサイトを作成しているとユーザーからのリクエストによって、さまざまな処理を条件分岐させたいケースがあります。 セルにポップアップメニューを追加してから、ポップアップメニューに表示されるオプションを指定することができます。 「Numbers」では、(テキストのみならず)日付および期間などの数値であるメニューオプションが認識されます。 連動したドロップダウンリスト−INDIRECT関数 (2004.12.13) 入力規則で重複入力チェックを行う−COUNTIF関数 (2004.10.26) 入力規則のリスト用データを別シートにまとめる (2004.04.07) 入力規則設定時、ドロップダウンリスト以外の コマンド入力ボックスはインクリメンタルサーチを備えたポップアップメニューと連動するため、コマンド名を数文字入力するだけで実行したい機能を選ぶことができる。「ブックマーク」「登録フォルダ」という、フォルダ指定の支援機能もある * アイコム製品でCT-17を使用してリグから周波数とモードを取得する。 1 はじめに CT-17はアイコムの製品で、パソコンとリグを接続する機械(インターフェース)です。 リグにパソコンを接続することにより、周波数や運用モード、VFO/メモリー状態をコントロールできるようにするものです。 Excel(エクセルExcel)には、選択したセルにあらかじめ作成したリストのデータを入力できる、プルダウン機能があります。 プルダウンを使えば、リストから選ぶだけでデータを入力できるので、入力が楽になり、入力ミスを減らすことが可能です。 セルのフォーマット>ポップアップメニューを選択 5. CTI連携は、他のシステムでCTIを使うための連携機能です。電話着信と同時に電話番号が取得出来るので、対応する顧客情報を自動的に表示出来るようになります。この機能も無料でお使い頂けます。 「精度」ポップアップメニューからオプションを選択して、表示したい最大桁数を指定するか、または最も近い2分の1、4分の1、その他に値を丸めます。指数表示: 指数表示表記で数値を表示します。「小数の桁数」フィールドで、表示したい 表のセルにチェックボックス、星印の評価、スライダ、ステッパー、およびポップアップメニューなどのコントロールを追加すると、表のデータを動的にアップデートできるようになります。, チェックボックスをセルに追加してチェックリストを作成できます。チェックボックスのあるセルは、値がバイナリ値1またはTRUE (選択)および0またはFALSE (未選択)だけに制限されます。, セル内の星印の評価は、リストの項目の評価または順位付けに有効で、星の数を0から5にできます。数式で星印の評価を使用すると、星の数は数値と解釈されます。, 「フォーマット」  サイドバーの「セル」タブをクリックしてから、「データフォーマット」ポップアップメニューをクリックして、「チェックボックス」または「星印の評価」を選択します。, 複数のチェックボックスを選択する/選択解除する: セルを選択してから、すべてのチェックボックスを選択するには1キーを押します。すべてのチェックボックスの選択を解除するには0キーを押します。, 複数のチェックボックスを切り替える: セルを選択してから、スペースバーを押すと、すべてのチェックボックスが変更されます。チェックボックスは、選択範囲内の左上のチェックボックスに基づいて切り替えられます。そのチェックボックスが選択されている場合はすべてのチェックボックスの選択が解除され、選択解除されている場合は選択されます。, 複数のセルの評価を設定する: セルを選択してから、0、1、2、3、4、または5キーを押して、すべての評価をその値に設定します。, 複数のセルの評価を大きくする/小さくする: セルを選択してから、値を大きくするには+キーを押し、小さくするには-キーを押します。, スライダおよびステッパーは、(範囲内の)セルの値を一度に1つずつ変化させるもので、値が変化することでデータ全体または表全体にどのように影響するかを確認できます。セルの値を変化させる範囲は指定できます。, 「フォーマット」  サイドバーの「セル」タブをクリックしてから、「データフォーマット」ポップアップメニューをクリックして、「スライダ」または「ステッパー」を選択します。, スライダまたはステッパーの範囲の先頭に表示される値を設定します: 「最小値」フィールドに値を入力します。, スライダまたはステッパーの範囲の末尾に表示される値を設定します: 「最大値」フィールドに値を入力します。, スライダまたはステッパーの各停止ポイント間の単位数を設定します: 「増分」フィールドに値を入力します。, セルのデータをフォーマットする: 「フォーマット」ポップアップメニューをクリックしてオプションを選択してから、追加のコントロールを使用してほかのフォーマットオプション(小数の桁数など)を指定します。, セルにポップアップメニューを追加してから、ポップアップメニューに表示される項目を指定することができます。, Numbersでは、テキストのみならず日付および期間などの数値であるメニュー項目が認識されます。ポップアップメニューを数値項目に設定しているセルを数式で参照できます。, 「データフォーマット」ポップアップメニューをクリックし、「ポップアップメニュー」を選択します。, 選択したセルの一部またはすべてにすでにデータが含まれる場合、表示されるポップアップオプションは選択したセル(最大250セル)から得られた値です(チェックボックスはTRUEまたはFALSEのテキストとして解釈され、星印の評価には該当する0から5の値が割り当てられます)。必要に応じてこれらのオプションを編集できます。選択したセル内で繰り返される値は、1つのポップアップメニュー項目として処理されます。各セル内のポップアップメニューは、セルの元の値です。, 選択したすべてのセルが空の場合、ポップアップオプションは、プレースホルダ項目(「項目1」 など)です。, ポップアップメニューの下に表示されるオプションリストの項目(あらかじめ設定された値、またはプレースホルダ)をダブルクリックしてから、ポップアップメニューで表示するテキストを入力します。, ポップアップメニューに別の項目を追加するには、ポップアップオプション一覧の下にある をクリックしてから、表示するテキストを入力します。, 項目を並べ替えます: メニューオプションのリストで、項目を上または下にドラッグします。, 項目が選択されていない場合は、セルを空白のままにします: オプションリストの下のポップアップメニューで「空白で開始」を選択します。, 項目が選択されていないセルで、ポップアップメニューの最初の項目をデフォルト入力として表示します: ポップアップメニューで「最初の項目で開始」を選択します。, 表内を移動する際には、ポップアップメニューのあるセルを選択し、スペースバーを押してメニューを開き、矢印キーを使ってオプション間を移動してから、スペースバーを押して値を選択することができます。, 表のセルからコントロールを削除して、セルを空の、フォーマットが設定されていない状態に戻したり、別の種類のフォーマットに変換したりできます。, コントロールの種類を変更します: 「フォーマット」  サイドバーの「セル」タブをクリックしてから、「データフォーマット」ポップアップメニューをクリックして、別のオプションを選択します。, 選択したデータフォーマットのオプションを変更すると、セルの値の種類が別の種類に変換されます。例えば、当初ポップアップメニューが含まれていたセルをテキスト型のフォーマットに変換すると、その内容がテキストとして保持されます。または、当初ステッパーが含まれていたセルを数値型のフォーマットに変換すると、元の値が静的な数値として保持されます。, ただし、すべてのデータ・タイプを変換できるわけではありません(例えば、ポップアップメニュー内のテキスト項目のリストを数値型のフォーマットに変換することはできません)。互換性のないセルフォーマットへの変換を試みる場合、セルコントロールはセルから削除されません。.